FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2016/05/24(火)   CATEGORY: 雑記
20160524
MUKUROはだいぶ佳境に入っている気がしています。さっさと終わらせてしまいたい。
書き終えた部分のMUKUROを軽い推敲がてらに読み返していて、自分が好きな文章(文体)ってこういうのじゃない気がするなぁ、と思いました。自分の文章の癖がわかってしまうので余計にそう思っちゃうのかもしれないですが、書いている文章が自分が読むときに好きな文章かどうかと問われれば、違う気がします。
以前はここまで拒否感というか違和感を覚えなかったので、好みが変わったというのも考えられますが、どちらにせよ文章/文体を一新したい気持ちがムクムクと膨れ上がりました。MUKUROを終えたら、もっと自分好みの文章/文体を模索したいと思います。

とにかく全てはMUKUROを終わらせてからだ!

――という気持ちが強いので、そういった意味合いを込めて「さっさと終わらせたい」わけです。
兎にも角にもMUKUROを完結させないことには次に進めない気がしているので。本当はもっとドライで簡潔な文体で小説を書きたい、ような。あの小説みたいな!というのが(浮かば)ないので、参考にしつつとかできないのが残念ですが。。

さて読書のはなし。

最近の読書では、『スチームヘヴン・フリークス』というライトノベルを読み終えたところです。
レビューでは群像劇テイストなのに群像劇として上手く機能していないとか、キャラの視点が切り替わりすぎるのが読みにくいだとか結構書かれていますが、三人称と一人称のパートが入り乱れたりするのも含めてわりとチャレンジングな感じが好きでした。上手くいっているかどうかではなく。自分ももっと攻めの姿勢で、いろいろ試していきたいと久しぶりに思いました。ちなみに話もわりと好きで面白かったです。

もっと読書ペースを上げて、もっといろんな小説を読みたいものだ。。

[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ