FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2016/04/10(日)   CATEGORY: 雑記
19191
MUKURO進めました。すこしだけ。
書いてないせいか文章力も表現力も落ちたな、と強く感じて落ち込みます。でも書いてないせいだったらまだいいな、とも。新しいものを書きたいけれど、昔のようにスッと書き始められず、アイディア的なものも枯渇を感じるわけで、同じように文章に対する感性のようなものがなくなってしまったのでは、とたまに思います。だとしたら非常に怖い。
それでも何か書きたいなーと書くことに執着して捨てきれないでいるのはなんなのだろうと思いながら最近は書いています。まぁ執着してるというわりには書いてませんけどね。だから余計に、この気持ちはなんなのかなーと思ってしまいます。

下手でも書こうと思っているけど、できれば上手い方がいいなぁ。
もっといえば面白ければどっちでもいいわけですが、上手い方が面白いもの書けるでしょうね。技術ってそういうものですものね。

自分がもう少し頑張ればMUKUROの完結はそう遠くはないはずなんですが、完結したらしたでこの先どうしようかなぁ、とか考えてしまいます。新しい話、書きたいけどなぁ。書きたいという思いだけで、具体的なものが浮かんできません。かなしい。

それでも人生は続くから、余計にかなしいですね。

とりあえずMUKUROのペースをもう少しあげたいです。


[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ