FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2008/08/11(月)   CATEGORY: 夕方シリーズ
夕方、幸せの魔法使い。
 桃花がユウに駆け寄っていった。片手には画用紙を持っていて、それをユウに見せつけている。
「ねえ、みてみて! パパの絵!」
 まるで人とは思えない左右で大きさの違う目、耳と鼻はなく、頭の形のおかしかった。まあ、幼稚園児の絵なんてこんなものだな、とユウは笑う。
「おー! 上手に描けたなぁ。きっとパパも喜ぶぞー」
「うん!」
 大学の先輩夫婦の頼みとはいえ、娘のいない自分が、父の日に父として出席していることに違和感を覚えていた。でも、桃花は自分の妹のように可愛がっていたし、ユウも嫌ではなかった。まあ、妹にしては、当たり前だが年齢は離れすぎているが。
「トーカちゃんのパパ、みて。ユウリのパパー!」
 実際は誰の父親でもないのだが、と思わず苦笑する。
 しかし見てみると、桃花よりもだいぶ上手にその絵は描けていた。
その様子を見ていたユウリの父親が、困ったような笑みを浮かべ、ユウに軽く会釈をした。「すみません」
「いえいえ」ユウは笑顔で返した。
「若いお父さんですね」
「実は僕の子じゃないんですよ。大学のときの先輩の子で、この子の父親が来れないので、今日は父親代理です」
「それはそれは…」
 ユウリの父親が続けようとすると、ユウリが思いっきり袖を引っ張った。「パパ、こっちきてー!」
「じゃあ、ちょっと行ってきます」
 弱ったなあ、という表情で、ユウリの父親はユウリに連れて行かれた。
ユウは愛想よく見送った。「行ってらっしゃいませ」

「ユウくん、はやくはやくー!」
 桃花はユウのことを「ユウくん」と呼ぶ。それは桃花の母親の影響だった。
 家路を急ぐ桃花にユウが声をかける。「そんなに急いだら、転んじゃうよー」
「いいからはやくぅー! はやくかえってママにパパの絵をみせてあげるのー!」
「わかったから、そう焦るなって」
 ユウがそう言い終わるかどうかのときに、ベタンと桃花が転んでしまった。
「ほらほら、言わんこっちゃない」
 そう言ってユウが駆けつける前に、私は桃花を起こしてあげた。
「あっ、すみません。ありがとうございます」
 ユウは私にそう言った。
「トーカ、いたいー」
 見ると桃花の左ひざが擦りむけ、淡く滲むように血が出ていた。
「大丈夫か?」
 ユウが尋ねるが、桃花は泣くだけで答えなかった。
「お譲さん、きみにこのキャンディをあげよう」
 私は桃花にキャンディを差し出した。
 桃花はそれを受け取りさえしたが、泣きやんだわけでもない。
「それだけ涙を流せばもう充分でしょう。そのキャンディはとても美味しいから、あとで食べなさい。きっと笑顔になるよ」
 私がそう言うと、ユウが「ホントすみません」と謝った。
「いえいえ――では」
 私はその場を去った。

「あら上手じゃない。これ桃花が描いたの?」
 さやかが尋ねると、桃花は元気よく「うん!」と答えた。もう泣いてはいない。
「ほんとにー? すごいわねぇ。パパが帰ってきたら見せてあげようねー」
 そう言って、さやかは桃花の頭をなでた。
「ユウくん、ごめんね。うちの人が仕事休めないせいで、代理なんて頼んじゃって。でも助かったわ、ありがとう」
「いえいえ。靖先輩も立場上、そう簡単に休めないでしょうし、最近は忙しいみたいですしね」
「ほんと、働きすぎて倒れちゃうんじゃないかってくらい」
 さやかは困った顔をつくってみせた。
「先輩なら、ありえますね」ユウは笑った。
「ママー、アメたべてもいい?」
 桃花が大声で叫んだ。
「アメ?」
「ああ、帰りに途中でもらったんですよ。桃花が転んで泣いちゃってたら、起こしてアメをくれた人がいたんです」
「あらあら」
「なんか不思議な人でしたよ。若く見えたけど、えらく大人びた雰囲気で、なんかタキシードみたいなの着てて」
「――タキシード?」
「ええ。まるでマジシャンみたいでした」

 さやかと桃花に別れを告げると、ユウはミカに電話をかけた。
「あ、ミカ? 俺。今から帰るよ。うん。桃花が会いたがってたよ。先輩もよろしくって。うん、そう。ああ、わかった。すぐ帰るから。うん、じゃあ」
 電話を切るとユウはスクーターにまたがった。
 そのまま空を見上げるとちょうど夕焼けで、鮮やかなグラデーションが奏でられていた。
「キレイだなぁ。ミカに送ってやろうかな」
 ユウはケータイを取り出し、パシャリとカメラ機能で撮った。ディスプレイには綺麗な夕空が映し出された。

「おいしい!」
 思わず桃花が声をあげた。
「あら、よかったねぇ」
 そう言って、さやかはキャンディの包み紙を受け取る。
 ――と、あるものに気がついた。
 包み紙の内側には文字が綴られており、それはこう書いてあった。

(――The magic that happiness visits you.)

「ママ、これなんてかいてるの?」
 桃花も気付いて、さやかに尋ねた。
「これはね、桃花が幸せになりますように――ってかいてあるの」
「へえー」
「どうやら、桃花が会ったのはタキシード姿の魔法使いさんだったみたいね」
「なにそれー?」
「幸せを運んできてくれる素敵な紳士よ」


<作者のことば>
夕方シリーズ、完結。
少し連作っぽくしてみました。

もうおわかりでしょうが、夕方シリーズの登場キャラクターは主に8人です。

ミカ。ユウ。さやか。山岡。康子。ユウリ。桃花。タキシードの男。

「帰宅後の風景」と「別れのあとの雨模様」を書いたあとからシリーズ化を決定したので、それに合わせて作ってみました。
最後になって初めて連作だってわかるような仕組みにしてみたのは初めてで、書いてて楽しかったです。

←Click me!!
[ TB*0 | CO*7 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

錆浅葱 | URL | 2008/08/11(月) 17:18 [EDIT]
こんにちは 浅葱ですm(__)m
夕方シリーズ 楽しませてもらいました
3作目くらいから この時間帯が来るとふっと頭に浮かぶようになって、それから夕方が何だか楽しみになって…(^o^)
お湯を注ぐと ゆっくりと花が開くような中国茶があるんですけど(笑) そんな気分にさせてもらいました
この間なんて 待ち合わせ中に読んでいたら
友達が来てたの気づかなくて 笑われたくらいです(笑)
素敵な時間をありがとうございます(*^_^*)

匡介 | URL | 2008/08/11(月) 17:58 [EDIT]
>錆浅葱さん
俺なんかの小説より友達を優先してください(笑)
でも、ありがとうございます。そう言って頂けると嬉しいです。
このまま浅葱さんの活字嫌いは克服されるでしょうか!?(笑)
それを目標に今後も頑張ろうと思います!

Yuka | URL | 2008/09/04(木) 20:09 [EDIT]
ご、ごめんなさーーい! 先に謝っちゃいます。
読みきりかと思ってタイトルで選んでラストから読んじゃいました!

私は飴ではなく、絆創膏やお薬を持ち歩いています。
熱でべたべたになってしまう事と今の世の中だと、他人から口に入れる物を受け取るのはコワイかなと思ってしまっていて・・・

ある日、上野の美術館を見た帰りの事です。
お婆ちゃんさんが男の子と女の子を連れて歩いているのを見ました。 
子供達は突然何かに興味を示したのか走り出し―― (多分、ハトさんかな^^)

ぺたん 転んでしまいました。

私は、自分で助け起そうかとも思ったのですが・・・
お婆ちゃんさんに、持っていた絆創膏を渡しました。
見知らぬ誰かに助けてもらうより、お婆ちゃんに手当てしてもらえたなら・・・
きっと次からは、お婆ちゃんさんを置いて走り出したりしなくなるような気がしたからでした。

注:ゆーかの口癖 お婆ちゃん”さん” 子犬”犬さん” なぜか二重に言ってしまうようです><;;

Yuka | URL | 2008/09/04(木) 20:45 [EDIT]
夕方シリーズ読んできました><;;
私も黒ゆーかで優しさの魔法使いが登場してます。
パスで見れない話は、その前の黒ゆーかのコメントにパスが書いてあったり・・・ 
ま、また宣伝しちゃったぉ! ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

基本的に自伝なので小説じゃ無いんですけどね^^;
自分の事を書くことで文章のスキルが少し上がったかな? なんて思っています。ゼロから創作で書いた物はブログには無いのですが・・・ あーーー恥ずかしくてそっちは宣伝できない>w<;;

匡介 | URL | 2008/09/05(金) 03:10 [EDIT]
>Yukaさん
あぁ(笑) このシリーズは一応短篇なので、それぞれで読んでもそう問題なく読めるとは思いますが、連作スタイルにしました。
しかし魔法使いが熱でアメを融かしちゃいますかね?(笑) そしてそんなリアリティー満載なこと言われちゃうと困っちゃいますよ(笑)

自伝的でもそれはノンフィクションの小説でいいのでは?
文章って書けば書くほど上達すると思うので、きっと腕も上がってますよ。…ただ宣伝は構いませんが、宣伝できないっていうのはどう対応そればいいですかね?(笑)
● こんにちは♪
鷹の爪痕 | URL | 2009/10/11(日) 12:56 [EDIT]
『夕方シリーズ』拝読させていただきました♪

すっごく面白かったです!!
日常の中にあるひっそりとした幸せ。
その幸せの形は人それぞれなんだろうけれども、それがすっきりと纏められていて、とても読んでいて気持ちの良い作品ばかりでした♪

前回のシリーズものといい、今回といい、ジャンルの幅の広さにただただ感服するばかりです!!

「完結」ってことは終わっちゃったのかしら…。
まだまだ読んでいたいなぁ、と思っちゃいました(^^ゞ

匡介 | URL | 2009/10/12(月) 00:39 [EDIT]
>鷹の爪痕さん
どうも♪
自分で軽く読み返してみましたが、今見ると粗いですね(笑) 即席でも、もう少し巧く書けたんじゃないか!ってつい思っちゃいます。
あんまり恋愛恋愛してない恋愛モノが書きたかったのかな? とか当時を思い返そうとしてもあまり思い出せません。本当に思い付きに任せて書いていたはずなので。
とりあえず、一見バラバラっぽい物語が最後でひとつに繋がるっていう書き方を試したかったのは確かありました。思いがけないところで交差するのが人生の面白さなんじゃないかなーって思うことはよくあります。そんな感じが出せていたら幸い(笑)

あと多視点でストーリーを進めるっていうのは、個人的に好きな手法なのでのちの作品にもあると思いますが、綿密に仕上げていくタイプではないので意識して伏線張ったのはコレくらいかもしれません(笑)

今後また「続きが読みたい」と思ってもらえるような作品を書けるよう努力します!!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ