FC2ブログ
みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: 2015/09/21(月)   CATEGORY: 業宿しの剣
業宿しの剣・序章(二)
 雨を切り裂いて兇刃が男を襲う。それは脳天に向かって、真っ直ぐ振り下ろされた。
 それを男はするりとかわして、手にしていた刀で賊の腹を掻っ捌いた。切り口から臓物が零れ落ちる。
 仲間の死に、他の賊が集まってくる。そのひとりが野太刀をぶらさげて男を睨みつける。
 その場に賊は五人いた。野太刀、直槍、片手斧とそれぞれの武器を持っている。どの賊も、いかにも荒れくれ者といった面構えである。
 雨は勢いを増していた。
 まずは、槍の穂先が突風のような勢いで男に向かって飛んだ。穂先が男の躰を貫いた――と思われた次の瞬間には男の姿は眼前から消えていた。どこにも見当たらない。男は跳んでいた。槍を繰り出した賊の肩を使って、高く宙を舞い、そのまま着地と同時に賊のひとりを切り裂いた。
 横薙ぎに野太刀が振るわれた。
 勢いも速さもあったが、男はそれもかわした。男の刀が一閃する。男を襲った野太刀は地に落ちた。それを握った腕も一緒に転がった。
 鮮血が舞い、雨に混じって降り注ぐ。
 恐るべき速さで、男はさらに二、三人を斬り伏せる。誰もがその剣速には追いつけない。圧倒的な強さであった。
「素晴らしいッ!」
 そう発したのは賊のひとりで長髪の男だ。肌は雪のように白い。端整な顔立ちだった。
「お前さん、なかなかの強さじゃねえか。どうだ、仲間にならないか? お前さんほどの腕があれば、どこの村でだって好き勝手ができるぜ?」
 男はいかにも興味なさげといった表情(かお)をするだけで、何も答えはしない。
「どうも仲間になるつもりはないようだなぁ。――まぁ それはそれでいいんだ。なに、他の楽しみが増えただけさ」長髪の男はゾッとするほど冷たい視線を投げつける。「お前さんを斬る楽しみ、がな」
「――斬れればいいがな」
「ほう、言うねえ。俺様の名は鬼童丸。――冥土の土産に覚えとけ!」
 鬼童丸と名乗った男が地面を蹴る。一瞬で間合いを詰めていた。風のような疾(はや)さである。
 それに対して男の動きも機敏だった。落ちていた直槍を手に取り、鬼童丸目がけて全力で投擲(とうてき)する。男の背筋が一瞬隆起し、強靭な筋肉が浮き彫りになる。
 鬼童丸は自分に向かって飛んできた槍を軽々と避けた。腰から野太刀を引き抜いて、男に向かって刃を放つ。
 男は鬼童丸の一撃を刀で受け止めた。足許がぬめる。衝撃でわずかに後退した。男が泥濘(ぬか)るんだ地面の土を足で蹴り上げる。泥が鬼童丸に降りかかったが、防がれて顔にはかかっていない。
 野太刀が再び男を襲う。今度は連撃で、相手を休ませまいと次々と刃が飛んだ。男はすべての斬撃を防いでいたが、防一戦になっていた。
 男が後ろに跳んだ。一間(2メートル弱)ほど一気に離れる。しかし男が体勢を立て直す前に、鬼童丸も一息でその間合いと詰めてくる。
 鬼童丸の野太刀から再び斬撃が放たれる。男は受けずにさらに後退して、それをかわした。
 そのとき、鬼童丸の袖の下から何かが飛び出した。――縄鏢(じょうびょう)だ。手投げの刃に縄を繋げたものである。それが一直線に男を狙う。
「破ッッ!!」
 轟くような気合いの一声を発したあと、男は素早く大地を蹴った。鏢が男の躰に食い込む。――が、それでも男の勢いは衰えない。
 刀が一直線に飛んだ。男が渾身を込めて投げていた。
 鬼童丸がそれを野太刀で叩き落しにかかった。――同時に男が鬼童丸の懐(ふところ)に潜り込み、突き上げるように掌底を放つ。掌底は鬼童丸の顎を捉えた。強い衝撃が鬼童丸を襲う。意思に関係なく力が抜けていく。
 それでも崩れ落ちるのだけは堪えた。鬼童丸の両脚が震えている。
 力の入らない脚で後方に跳んで距離をつくった。
「やるじゃねえか。俺をここまで追い詰めるとは、予想以上だぜ」
 鬼童丸の眼(まなこ)は血走っている。怒り心頭といった具合だ。
「お前、人ではないな」と男が云った。
「なぜだ」
「お前の背後に人とは違う気が渦巻いている」
「ほう――その頸(くび)の創痕(きず)。お前さん、もしや咎背負いか」
 男は何も云わない。
「せめて名前でも教えてくれよ。この鬼童丸、相手の名も知らぬまま引き下がれはしねえ」
「――新三(しんぞう)」
 と男が短く名乗った。
 ニヤリと笑ったあと、鬼童丸はふわりと浮かぶように跳躍して馬に乗った。
「新三か、覚えておく。また改めてお目にかかるのを楽しみにしてるぜ」
 鬼童丸が号令をかけ、馬を走らせた。仲間の賊もそれに続いて引き上げていく。
 血にまみれた新三は、鬼童丸たちの後ろ姿を見詰めていた。
 気付けば、雨は上がっていた。



旧版はこちら→「業宿しの剣(2)」
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ