FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2014/05/16(金)   CATEGORY: 雑記
むくろ♯0
MUKURO・黙示録篇、そろそろ大きく動き始める予定なのですが、実はこの先の展開は、地獄篇を書いていたときから書きたいなーとイメージだけは持っていたあたりになるので、今から書くのが楽しみだったりします。

確認してみると地獄篇の第1話を書いたのは2010年1月。このときはまだタイトルに「MUKURO」の文字は入っておらず、単に「地獄篇」というタイトルで書いていて、この先 黙示録篇で書く予定があるシーンのイメージは、まだ持っていませんでした。
細かい記憶は残っていませんが、過去の記録を見てみる限り、タイトルを「地獄篇」から「MUKURO・地獄篇」に変更したのは第7話で、その時点ですでに現在の黙示録篇にあたる内容のおぼろげな構想があったのかはわかりませんが、実際に骸が登場した第13話のときには、もう書きたいシーンのイメージは出来上がっていたのだと思います。
そこからはひたすら黙示録篇のこの先のシーンに向かって書いてきた、というのが玖堂自身の実感覚としてあります。そのシーンの、いわば説得力、あるいは迫力のために、これまで積み重ねるように書いてきました。第1話から気付けば4年が経過し、ついに、やっと、書きたかったシーンを書くところまできた、という嬉しさが、今は原動力になってくれそうな気がします。
気付けば、MUKUROは過去に書いたなかで最も長いタイトルになってしまいましたが、当初はそんなつもりはなかったし、まさか4年もやるはめになるとは思ってもみませんでした。完全に想定外。長くても2年以内に終えれるという目算だったんじゃないかなと思います。

地獄篇、魔界篇、煉獄篇と経てきて、書きたいものが変わったり、書こうと思っていたものが話の流れ的にうまく織り込めなかったり、あるいは力不足で書きたいように書けないところがあったり、必ずしもイメージ通りに書いてはこれなかったです。他作品でも書こうと思っていたものと実際に書いたものが違うことになったことはもちろんあったけれど、ここまで多く、あるいは大きく変更を重ねて書いてきたのはMUKUROだけです。現在公開しているタイトルのなかで、分量としても最長になっていますが、やはり4年という期間の長さはそれだけ大きいものなんだなーとしみじみ実感します。それに4年の歳月に、幾度も心が折れました。

4年のあいだに、MUKUROで書けなかったものはたくさんありますが、その代わり書きたいものもあとになってだいぶ出てきました。その意味では良い変更もいくつかあったと思います。

そして煉獄篇を終えた段階で、黙示録篇で書こうと予定していたものは、黙示録篇でMUKUROを再開すると同時に、大幅にカットすることに決めました。そのため煉獄篇までに書いてきた伏線の一部は、そのまま無駄になってしまいますが、予定とは違ったかたちでも、どうにか話に織り込めないか考え中。けれど、あまりそのことに拘りすぎないようにしたいとも思っています。複雑になりすぎても、きっと読みにくいだろうという思いからです。(ただでさえMUKUROは登場人物多い!)

黙示録篇は、このあと再登場になるキャラクターも多くなってくるので、確認のためにMUKURO過去作の一部を読み返さなければならないと思っていて、そのために少しだけ更新が途絶える可能性があります。
もし次話更新に間を空けるとしたら、区切りのいい今しかないかなぁ、と思っての判断ですが、そこまで時間のかかる作業でもないはずなので、すぐに再開する予定です。今回は行き詰まってるわけではないので、ちゃんと再開されるはず…!

遂に、最終局に差しかかりつつあるMUKURO。ここまできたら、あとは走り抜くしかありません。
あと一息、頑張りたいと思います。自分に出来る限界まで面白くしていきたいという想いを込めて、残りは書いていく所存です。――といいつつ、実はまだ結末部分をどうするかは悩んでいるのですが。。



[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2014/05/22(木) 14:59 [EDIT]
ひさかたぶりに参りました。

話がどう収束するのか楽しみです♪

わたしは、「最後がどうなるか」決めてない話は怖くて書き出せません(^_^;) そのかわりに「途中」は真っ暗闇でも突っ込んじゃいますが(^_^;)

そんな意味でも面白いですね。

匡介 | URL | 2014/05/30(金) 03:34 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
自分も結末を決めずに書くことはそんな多くないので、MUKUROが例外という感じです。
MUKUROに関しては、本当にほとんど何も考えずに書き始めたので、最初は「終わり」も「途中」も、どこまでも「真っ暗」でした(笑)

ストーリー的なものを意識し始めたのは、3~4話書いてからではないかな…という気がします。
細かいことは憶えていないのですが、書き始めた段階であったのは「化け物が街に溢れ返る」くらいだったような。これまでずっと即興的に書き続けてきましたが、ずっと結末含め あとの展開のことを考えると怖い思いしています…(苦笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ