FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2014/04/26(土)   CATEGORY: MUKURO・黙示録篇
MKURO・黙示録篇-5 (滅びゆく街Ⅳ)
 薄暗闇のなかで、血と硝煙と死臭が混ざり合い、吐き気をこらえるので精一杯だった。美琴の横には安久津の死体が転がっていて、助手席には結城の死体が、最後部の座席には顔に孔の開いた布川の死体がある。それから車内には二十匹あまりの大きな鼠の死体がそこらじゅうに転がっているのだから堪ったものではない。美琴自身は傷を負ってはいないが、安久津の――あるいは布川の――血を浴びて、制服はもちろん顔や手、髪まで赤黒く染まっていた。さらには鼠の血も無数に染みついているに違いなかった。とにかく肌をぬめる血が気持ち悪い。
 牧と、それから金髪男――村尾というらしい――によって、すでに車内の鼠は一匹残らず息の根を止められていた。けれど横転したランドクルーザーの上を――あるいは下を、そして横を――雪崩るように駆け抜ける鼠の群れのせいで車内に閉じ込められているといった状況だった。窓という窓が鼠の群れで覆われていて、陽光は群れの切れ目からわずかに届くばかりだった。もしドアを開ければ途端に鼠どもがなだれ込んできて、この場にいる全員があっという間に喰らい尽くされてしまうだろう。あとには骨も残らないかもしれない。車内には鼠どもの足音のほかに、キイキイという鳴き声と、車のボディを引っ掻くカリカリという音が響いていた。中には窓ガラスを喰い破ろうとする鼠もいて、美琴の目の前では巨大な鼠がカーウインドウ相手に必死に歯を立てていた。見ているとそのうち本当に窓を突き破るんじゃないかと恐ろしくなるが、いまのところそうはなっていない。ほかにも窓に開いた孔から入ろうと鼻先を突っ込む鼠もいた。この孔はおそらく安久津の撃った銃弾が開けたものだろうと美琴はボンヤリ思った。
 すでに10分近くが経とうとしている。
 がりがりと鼠が窓ガラスを齧り、ガラスが少し欠けるのが見えた。鼠の鼻面が拡がった銃痕から生え出てきていた。この鼠がここを突破して、車内に入り込むのも時間の問題かもしれない。今なら覗けた鼻面を叩けば撃退できる気もしたが、結局は二匹、三匹と同じことをする鼠が現れるだけで、いたちごっこに終わるだろうと思うとそうする気力も湧かなかった。
 そのとき、目の前で窓ガラスを齧っている鼠の姿が、突然消えた。
 一瞬なにが起きているのかわからなかった。すると他にも同じように消える鼠の姿があった。どうやら何かに連れ去られているらしい――と美琴は気付き、よくよく様子を窺っていると、ガッと何かがランドクルーザーの車体に降り立ったのを感じた。また一匹と鼠が消え、そこに出来た隙間から大きな鳥――鷲か、鷹か、鳥には詳しくない美琴には判断つかなかったが、とにかくその類の鳥が鼠を喰っているのだとわかった。
 思わぬ天敵の登場に、鼠たちに動揺が広がるのが美琴にも理解できた。それまでひとつの流れだった鼠の大進行が、急に統制を失い、それぞれが右往左往に逃げ惑い、散っていくのがわかった。
 美琴は、鼠が消え去り、視界が開けたカーウインドウから外の様子を窺った。数羽の鷹だか鷲だかが、鼠どもを蹴散らすように襲いかかっている。たった数羽だけで、これだけ鼠の群れをパニックに陥れるとは――美琴は信じられぬ思いだった。
 そこに――巨大な影が舞い降りてきた。
 それは2メートルもあろうか、巨大な怪鳥だった。白亜紀――それともジュラ紀? ともかく恐竜の時代の鳥類といった感じの化け鳥だった。羽は赤く、覗ける表皮はゴツゴツとした印象で、嘴(くちばし)というよりは鰐(わに)のものに似た口にはギザギザと鋸(のこぎり)のような歯が並んでいる。その化け鳥が、鼠を襲っていた鳥を一掴みし、鋭い爪で引き裂いた。そして出来たてで新鮮な屍肉を喰らった。ひと呑みだった。鼠どもはさらなるパニックに陥っていた。怪鳥は、今度は逃げ惑う鼠の群れに頭を突っ込み、がぶがぶと喰った。豪快な喰いっぷりだった。美琴は唖然とするほかなかった。おそらく牧や村尾も同じ思いだろう。
 すぐに鼠は、散り散りに逃げるか、怪鳥に喰われるかしてあたりから姿を消した。
 そして次に目をつけたのは、美琴たちだった。怪鳥はドタドタと足音を立てながら勢いよく地上を駆け、美琴たちの乗るランドクルーザーに体当たりした。ランドクルーザーが数回転したあと、仰向けの状態で止まった。
 美琴は天井に――もはやどちらが天井かわからないほどだったが――少し頭を打った程度で、大きなケガはなかったが、車が回転を止めたとき、隣にあった安久津の死体が覆いかぶさってきて悲鳴をあげた。死体は、慌てて突き飛ばした。
「大丈夫か」
 牧が2人の無事を確認したあと、ひっくり返ったランドクルーザーから這い出した。その手にはマシンガンが握られていた。
 マシンガンが勢いよく銃弾を吐きだした。
 たたたた、とリズミカルに吐きだされた銃弾は、怪鳥の躯(からだ)に次々と穴を開けていく。怪鳥がキイイ――と呻いた。もしくはクエエ――だったかもしれない。猿の鳴き声にも似ていた。
 装填されていた全ての銃弾を吐きだし尽くしても怪鳥はまだ生きていた。よろよろとした様子から相当なダメージを負っていることは確かだけれども、しかし生きていた。牧は運転席に潜り込み、シート下から鉈(ナタ)を抜き出した。そして助手席のグローブボックスから拳銃も取り出し、走った。拳銃を撃ちながら距離を詰める。すぐに全弾撃ち尽くし、弾切れになった拳銃を捨てた。
 そして、手持ちの鉈を振るう。
 刃は怪鳥の首にめり込んだものの、切断するには至らなかった。牧が鉈を引き抜く。
 もう一度、鉈を振るった。
 今度は相当深く入った。牧は渾身の力を振るい、さらに刃を喰い込ませた。
 怪鳥が悲鳴のようなものをあげ、その鋸状の歯で、牧に喰らいついた。牧の肩に、怪鳥の鋭い歯がめり込む。
 しかし、すでに決着はついていた。
 牧が最後の一押しをすると、怪鳥の首が胴から離れ、赤い噴水が上がった。怪鳥の首は、惰性で牧の肩に喰いついてはいるが、力は弱々しかった。
 牧は、怪鳥の頭を掴んで、地面に投げ捨てた。



<作者のことば>
鼠の群れのシーンは、黙示録篇2話目を書いた時点では考えてなかったもの。
一応自分としては、この鼠たちは魑魅魍魎の類い、化け物の類いではなく、普通の鼠として書きました。

数の怖さ、のようなものを書きたいと思ったのだけれど、上手く「怖さ」を出せなかったかもしれない。
加えて車内に閉じ込められる恐怖、閉塞感も書きたいもののひとつだったのだが、そこも力量不足。難しかった。

機会があったらまた「物量」で攻めてみたいと思う。
次は何がいいだろうか。「あ、これ絶対に勝てねえ…」という感じをぜひ出したいなぁ。

あと今回は完全に鼠大発生パニック小説「滅びの笛」のオマージュです。
――西村寿行に敬意を込めて。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2014/04/28(月) 22:00 [EDIT]
そういえば西村寿行先生の小説、まともに読んだことがなかったなあ。図書館で探してなにか読んでみようかな。

「滅びの宴」はひたすら女性がひどい目に遭う、救いのまったくない小説だと聞いたのですがほんとうなのですか?

匡介 | URL | 2014/04/30(水) 09:35 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
続編の「滅びの宴」は持っているんですけど、まだ読んでいないのでわかりませんが、
でも西村寿行ですから……女性が散々な目に遭っているんでしょうね(笑)

自分もそれほど多く読んでいるわけではないのですが、小説を書く際、特にアクション面では、西村寿行や夢枕獏の影響が大きい気がしています。特に文章が上手いわけでもないと思うのですが、西村寿行や夢枕獏の持つ独特の力強い文章は、読んでいてガツンとくることが多くて、最近は自分も上手い文章以上にそんな力強い文章を書きたいと思って書いていますね。……もちろん上手い文章も書きたいですが(笑)

しかし思えば西村寿行はどれを手に取っても女性が酷い目に遭っている気がするし、よくよく考えてみれば男も結構悲惨なことになっていると思うので、男女平等に全員が酷い目に遭っていると思います! あとかっこいいタイトルのものが多いですよね。よくタイトル買いしては…積んでます(苦笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ