FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2014/03/12(水)   CATEGORY: 雑記
あ、うん、まあ、いいか。
先月まで結構いいペースで読書をしていたのに、今月に入ってからペースがガクンと落ちた。
でも調べてみると1・2月あたりは毎年すごく読んでいて、そのうちパタンと読まなくなるので例年通りということらしい。読まなくなると2~3箇月ほとんど読まなくなることもあるので、出来ればペース落としてでも読み続けたいが……どうだろう。気分だけはどうにも出来ない。本当ならMUKUROも結構書き進んでいるはずなのだが、気分が向かなくて困る。何度もWord(大体はWordで書いている)を開いては書こうと画面に向き合うのだけれど、うまく文章が出てこなくてストレスばかりが溜まる。書けていた頃の自分はどうやって書いていたのだろうと本気でわからなくなる。

どうにか書くシーンを決めて、無理やりに書いたとしてもなんか違うなーって思いながらだとやはり書いていて楽しくなく、そのうち書きたかったシーンや物語そのものを見失ってしまう。あれ、おれいまなに書こうとシテタ ン ダ ッ ケ ・ ・ ・ ?
そういうことを繰り返しているうちにMUKUROを書こうという熱意というかモチベーションがどこかに家出するという事態に見舞われるのだが、これには解決方法があるのだろうか。とにかく書いていて楽しくなければ何もかも上手くいかないような気がする。

上手く書けなくてもとりあえず書き進めたい気持ちもあるのに、文章に納得いかないとどうしてか書き進められない。
どうにか書き進められさえすれば、あとから手を加えることもできるのに……なんでストーリーそのものが浮かばなくなるんだ。

MUKURO以外でも書きたい話はあるのだけれど、どれも書こうとパソコンに向かうも上手くいかなくて挫折している。
そのうち書きたいとは思っているが、今はどうしても書くことができず、悲しいというか、悔しいというか、なんというか。………まぁ……苦しい、かな。
こうして毎度毎度弱音を吐くのに自分自身嫌気が差しているし、読む人だって楽しくないと思うし、何か前向きなことも書いておきたい…と良心が訴えるので、最後に前向きかもしれない告知でも。

MUKURO完結篇の第1話を今週末――もう少し具体的に決めた方が踏ん切りもつくかなって気がするので15日 土曜日にupしようかと思います。

第1話に関しては以前から出来上がっているので、その分だけでも載せてしまおうかと。
調子よくいけば翌週あたりには2話目も公開できるかもしれませんが、そこまで保証しておくのはやめておこう(苦笑)

本当はMUKURO再開後は一定のペースで更新したいと思っていたので、少なくとも5話分くらいは書いてからにしたかったのですが、それだといつまで経っても再開できないような気がしているし、もう不定期になるとしても再開してしまった方が思い切って書き進められるかも…と期待を込めて再開してしまおうと今この文章を書きながら思った次第です。

なんか書いてることぐだぐだしてるなぁー、まとまりないなー、と正直思ってますが今、
きっと精神状態がこの文章と同じような気がしています。書くことへの迷いがそのまま出ているというか。


それでも前に進みたいのでMUKURO再開します。


たぶんとんだお目汚しになる気がするけどぐだぐだぐだぐだ……
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2014/03/16(日) 09:00 [EDIT]
ブログを始めてわかったことは、

「自分が原稿を書かないと誰も代わりに書いてくれない」

という冷厳な事実です。

……いっしょにがんばろ?

匡介 | URL | 2014/03/18(火) 10:44 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
そ、そうですね…

でも「誰かに代わりに書いて欲しい」と思ったことないかもしれません。
根底にはやはり「自分で書きたい」というか「自分が書きたい」という欲求があるんでしょうね…。

まぁ 仮に締め切りとかあったら、毎日のようにそう思いそうですが…(苦笑)

基本的には「書きたい」んですけどね… ここのところ苦しいばかりで……
楽しく書いていた時期の記憶さえなければ諦めれるんですけどね、きっと。

そうですね、お互いがんばりましょう……
(俺なんかと同じ次元で考えちゃいけない気がしますが……)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ