FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2012/02/02(木)   CATEGORY: 雑記
書くことがないので、
んだやつをサクっと紹介。ややライトめの内容が続いた。

新保裕一「防壁」・・・短篇集。4人のプロが描かれるが、私生活というか、全員どれだけ女のことで苦悩してるのか。なかなか面白かった。
柳原慧「Xの螺旋」・・・柳原慧は好きなのだけど、今回はイマイチ。もっと掘り下げた展開してくれればなぁ。
新津きよみ「トライアングル」・・・ドラマは面白かったけど、原作の方はもう一捻り二捻りして欲しい感じ。
似鳥鶏「まもなく電車が出現します」・・・短篇集。シリーズ4冊目。キャラクターを忘れてないか心配だったけど、案外スッと入れてよかった。最後の「今日から彼氏」が一番好き。
大森望編「不思議の扉 時をかける恋」・・・時間をテーマにしたSF,ファンタジーのアンソロジー。フィニイが入ってたので購入。梶尾真治、恩田陸、乙一、貴子潤一郎、太宰治、ジャック・フィニイというラインナップ。切ない恋模様にジーンとしながら読んでた。
誉田哲也「シンメトリー」・・・ドラマやってるので購入。短編集。必ずしも犯人探しに主軸を置かず、ドラマ性を押し出しているのは短編ならではといった感じに思える。表題作は、犯人の言質を取るには詰め甘すぎだけどね。目次がシンメトリー=左右対称になっているつくりは面白い。

画は前回から劇場だけで10本くらい観たんだけれど、リバイバル上映なので過去作メイン。
そのうち何本かからは非常にインスピレーションもらった。今は「水葬」という短篇小説を書いている。※MUKUROは進んでいない。

だし実はWEB公開予定なし。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2012/02/03(金) 19:49 [EDIT]
わたしのほうは赤江瀑先生にハマりまくっています。

匡介 | URL | 2012/02/03(金) 21:06 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
読んだことないですね~。
機会あれば読みたいですが、ぬおお積みすぎてる・・・。

最近は書くのにも時間割いてるので、いろいろ時間足りないです。。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ