FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2012/01/20(金)   CATEGORY: 雑記
もうすこし時間があれば(1日24時間でなければという願望)。
日、久々に映画を観に行った気がするのだけれど、たった10日ぶりくらいだった。
そういえば1日には「タンタンの冒険」を観たんだった。その少し前には「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」も観ていた(GPはシリーズ中で一番面白いんじゃないでしょうか。ジェレミー・レナーの存在がまたいいですね)。
――ということで、「ニューイヤーズ・イブ」を観たのだけれど、これが思っていた以上に楽しめた。まず、こういうタイプの群像劇が好きで、さらに音楽が素晴らしく(サントラ欲しい!)、キャストも豪華となれば多少ストーリーがアレでも楽しめるのは間違いない。
大勢の登場人物の中でも、好きだったのはミシェル・ファイファー演じるイングリット。イタいキャラとして出ているんだけれど、それがまたキュートだったりする。ちなみにミシェル・ファイファー大好きなんだけれど、すぐには気付かなかった(見たことある顔だな、とは思ったのだが)。ミシェルも歳取ったなぁ・・・とポジティヴに思おうとしたのだけれど、あれ? でも、たった数年での変化にしては凄まじくないか? という気がしてならない(いや、演技が好きで彼女を好きなのでヴィジュアルはさほど気にしませんが・・・)。

ところどころの無理やり感はあるにしても(部分的にチープでもあった)、気楽に観て、あー楽しかったって思う分には全然アリな映画だと思います。
できれば新年迎える前に観たかったなー。それか恋人と観るとかね!

とにかくキャストの豪華感+音楽の存在は大きかった。
ハル・ベリー、ヒラリー・スワンク、ロバート・デ・ニーロ、ザック・エフロン、アシュトン・カッチャー、etc...。あと大物歌手役でジョン・ボン・ジョヴィが出ていた。

ただ尺のわりにキャラクター多い気もしたけれど。
もっと絞ってもよかったのでは?感は否めない(ただし豪華感は減るが)。

こういうのは小説だとできない感じの楽しさ面白さだなぁって思いました。


012年1冊目に読み終えたのは西村寿行の「悪霊の棲む日々」でした。
実はこれ部屋に文庫が2冊あるんだよね。光文社文庫と徳間文庫で。せめてあとがきや解説が違っていてくれたら嬉しいんだけど、どっちにもそんなものがない。大体にして。わかりました、表紙を楽しみます。

2冊目は森村誠一の「棟居刑事の追跡」。
これは棟居刑事あまり追跡していなかった。というか登場回数があまりに少なくて、「田島あぐの追跡」でもいいくらいだった(読めばわかります)。でも、面白かった。ちなみに読んだのは中公文庫版。ハルキ文庫からも出ていますが、中公の方が表紙かっこいいです。

3冊目は松本清張の「潜在光景」。
久しぶりの清張なんだけれども、表題作が面白い。なんとなく主人公を緒形拳のイメージで読んでいた。映画化しているような気もするので(タイトルが違ったと思う。確証はない)、そのうち観てみよう。主演誰だろう。
表題作以外だと「植木鉢を買う女」と「雀一匹」が特に好みかも。特に「雀一匹」は清張作品では初めて読んだ時代物になった。「鬼畜」は映画の方が好きかな(基本的には忠実に再現されているけれど)。

4冊目。藤原伊織の「ひまわりの祝祭」。藤原伊織は「テロリストのパラソル」しか読んだことないのですが、あれは結構好きです。まぁ、煽るわりには主人公は極めて一般人に近いですけどね。日本が舞台じゃそんなものでしょうね。ただホットドッグの描写がとても好きです。――で、「ひまわりの祝祭」は前半が冗長でノってくるまで時間がかかった。ところどころ好きなシーンがあったけれど、まあまあってところかな。文章はシンプルかつ端整で、学ぶところがある。

5冊目。中井拓志「ワン・ドリーム~みんなでひとつの悪い夢~」。
角川ホラーではあるけれど、ホラーかどうかは微妙なところ。SFホラーってこういう感じなのだろうか、よくわからないのだが。内容は同著者の「アリス」に似ていて、だから比較してしまう。個人的には「アリス」の方が全体の完成度が高かっただけに、そのあとに似た設定で書いたものがイマイチなのは残念。それでも後半の畳み掛けるような展開はすごいと思う。ちなみに難解な用語、内容のオンパレードで半分以上は理解できていない。けれどアバウトな理解でもストーリーを楽しめるから不思議。

今のところ5冊まで。
そろそろ録画消化に全力を出さなければいけない気がするので、ペースは落ちそう。


MUKURO・煉獄篇の方は依然進んでいない。プロットも練っていない。
大まかな流れの漠然としたイメージはあるのだけれど、もうワンアイデアなにかプラスしたいなぁ、と思いつつ、あまり考えていない。ウーム。アレが登場することは決まっているんだけどなぁ。


降りましたね。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2012/01/21(土) 08:01 [EDIT]
映画はわからんが、本は渋いにも渋すぎるチョイスだ……(^^)

匡介 | URL | 2012/01/21(土) 09:12 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
言われてみれば、そうかもしれないですね(笑)
藤原伊織も数年前に亡くなられて、5人中3人は故人ですし。

森村先生は、この世代の作家ほかにいるのかな?ってほどご高齢にも関わらず、第一線にいるのがすごいですよね。
目下、棟居刑事シリーズの制覇が目標です。

ちなみに新旧関係なく読むので、常に渋いものばかりでもないですよ?(笑)
読書ペース安定していれば、定期的に読んだ本を紹介していきたいところですが、どうだろう? 今は新保裕一読んでます。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ