FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
Cofee Break ~本の虫~
 昼休みを告げるチャイムと同時に、生徒たちは思い思いの場所へと足を向かわせた。
 ひとりは他のクラスの友達に会いに行き、ひとりは学食へ昼食を摂りに、ひとりは先生に職員室へと呼ばれ、ひとりは図書館に勉強をしに自ら歩を進める。
 そんな中で、この高校の生徒である進藤順平は、その手に数冊の本を取り、保健室へと足を運ぶ。彼が保健室に入ると、中ではこの学校の保健室医である舞子と生徒の京介がコーヒーカップを片手に談笑をしているのが見えた。
「いらっしゃい」
 そう言って、舞子は順平を歓迎した。
「どうしたの? 具合でも悪い?」
 彼女は職務上として、順平に心配する素振りを見せるが、
「…なわけないよね」
 そう言って舞子は笑った。
 彼女の笑顔はそこらの男どもを一瞬で腑抜けにするほどの凄まじい威力を持っているので厄介だ。
「相変わらず、京介は来るの早いね!」
 順平がそう言うと、京介は彼に目を遣り、言う。
「順平より教室が近い。それだけのことだよ」
 確かに彼の言う通り、京介のクラスがある教室は、この学校の一年生のどのクラスの教室よりも距離が近いのだ。
「にしても早いよ!」
 そう順平は指摘したが、京介はそれを微笑んで返すだけだった。
「今日も多いね」
 その京介の言葉に、順平は少し自慢げに手に持っていた本を保健室にある白いテーブルの上に置く。
 そうしてテーブルの上には数冊の本が載せられた。
「昼休みに読みきれるだけの量にしたら?」
 順平にそう指摘したのは舞子だった。順平は昼休みが終わればどうせ持って帰るというのに、毎回のごとく数冊の本を持って保健室を訪ねるのだ。
「別にいいじゃん~。少しは先生も読んだら?」
 順平のその提案に、舞子は蒸らしすぎたコーヒーのように苦々しい顔をした。
「私、難しいのって苦手だわ。順平君の持ってくる本ってどれも難しそうじゃない。だから私は遠慮しておく」
 順平はけらけらと笑った。
「先生、それでよく先生になれたね」
「放っておいてくれるかしら?」
 舞子は作ったような笑顔でそう答えた。順平はまだけらけらと笑っている。
 そこに京介がいつの間にかに淹れていたコーヒーをカップに注ぎ、順平に差し出した。
「何にも言わなくて出てくるなんて、やっぱ京介は気が利くぅ」
 そう言ってから順平はテーブルの上の本を一冊手に取り、ページをめくり始める。
「コーヒーは冷めないうちに、ね」
 京介はそう言って、自分のカップを口元に運んだ。


最近コーヒーを飲んでいないことに気付く。


美味しいコーヒーが飲みたいなぁ。

←Click me!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ