FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2011/09/07(水)   CATEGORY: 雑記
・-・・ -・-- ・-・ ・-
アイデアや文章力の枯渇が嘆かわしいです。
いろいろ刺激を受けていたのではないか?と自分を問いただしたくなる始末。

むしろ満たされていることで、書けないとかそういうのでしょうか?

とりあえず1本短いのを~って思って書き出したはいいが、ゴールが見えない。
これは設定変えただけで、展開の仕方はMUKUROではないか、と意気消沈。憂鬱だ。

死にたいほど何も出てこない。

そういえば、MUKURO書く前あたりからワクワクしながら書くことなくなったなー。
何が原因かわからないけど、思えばそういう気持ちの問題なのかもしれない。改善方法もわからない。

書きたい気持ちは確かにあるけど、それは書きたいものがあって、じゃない気がする。
なんとなく書いてる自分に居場所を見つけていたから、書いていない自分に対して不安感が募って、書かなくちゃって気持ちになってるだけかもしれない。

小説書き始めて数年、何人かの人と交流してきたけど、今も続いてる人って少ない。
書くのをやめてしまった人たちも、似たような心境に至ったのだろうか。中には物書きとして尊敬する人もいて、いろいろ学ぼうと思っていた人もいたけど、気付けばやめていたり、段々と書かなくなっていたりしていた。

そのたびに残念に思ったし、だから自分は書き続けたいと思っていた。
何度も挫折しかけてはいるけど、そのうち書けるだろうっていう気持ちもあって、ただ今は本当に空っぽだ。何もない。出したいものがない。アウトプットできるものが見当たらない。

アイデアもなければ、試しに書いてみた文章も酷すぎて、これが書き始めのときならともかく、今となっては見せるのが躊躇われる。書き始めてもゴールが見えない。ゴールが見えないまま書き進めて、途中で行き詰る。

そもそもゴールが見えない程度にしかアイデアが浮かばず、それは物語じゃない、と思う。

以前なら、今くらいの断片的アイデアやシーンさえあれば、それを物語にまで持っていくだけ膨らませることが出来たと思う。出来たというか、正確には勝手に膨らんだ。

物語を喪失ってしまった気がする。

・・-・・ ・・ ・・- ---・- --- -・・・ ・・ ・- ・- ・-・・ -・- ・-・・ ・・・ ・-・ ・- 

書きたい

・-・-- ・・ -・・-・ ・-・ -・-・ ・--- 

書けない

・-・・ ・・・- ・ ・・ -・-・・ -・・-・ ・・-- ・-・・ ・・ ・-・ ・-


さて、どうするべきかな。


page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ