FC2ブログ
みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/07/19(火)   CATEGORY: 業宿しの剣
業宿しの剣(5)
 夜風にのって、妙な気配が漂ってきている。
 ――あやかしか?
 いや、それとは少し違う気がする。違和感。ただ頸(くび)の創痕(きず)が疼いた。
 気配を追ってみると遠方に小さな青い光がふわふわと宙を舞っているのが見えた。それが何なのかわからないまま、近付いてみる。
 女がいた。まだ幼さの残る少女。
 そして、
 その背後には男。図体がでかい。隆々とした筋肉はいかにも怪力そうだ。妖しげな気はその男から発せられていた。
「おい、何をしている」
 新三の声に少女が反応した。巨漢は無反応に少女を見つめている。
 男の太い腕が振り上げられ、少女に向かった。
 新三は跳んだ。疾風迅雷の速さを以って男との距離を詰める。抜刀と同時に斬りかかった。男は新三の気配に反応して、背負っていた巨刀に手をかけ、そのまま振り下ろす。新三が後ろに跳んだ。巨刀が放つ風圧も加わり、思いのほか距離が生じる。
 男は新三より頭三つは背がある巨体だ。その背と同じほどある巨大な刀を軽々しく振れるだけの筋力を具(そな)えていた。力だけではなく、速度も充分ある。気を抜けばあっという間に真っ二つにされてしまうかもしれない。
 新三の頬に汗が伝って、地面に落ちる。
 正眼に構え、剣先に意識を集めた。新三はわずかな風を感じた。水の匂いがする。すぐそこの川からだろう。夜の冷たさも肌を触る。葉がそよぐ音を耳で捉え、大地の気を足の裏で感じ取っていた。新三の意識は周囲のすべてを感じつつも、目の前の男に向けられている。鋭い眼光が巨躯の男を睨めつけた。
 男の剣撃が襲ってきた。
 新三が刀で防ぐ。間を空けず、第二の剣撃。それも防いだ。第三の剣撃。――防いだが、刀が弾かれ地に転がった。
 次に刃が振り下ろされるより速く、新三は拳を男の水月に放った。続けて突き上げるように掌底。男の太い首が威力を吸収した。
 男の右膝に蹴りを放つ。命中したが、効果があったかはわからない。恐るべきタフさだった。
 巨大な刃が襲ってくる。新三は跳んだ。刃を蹴り、男の顔の高さを捉えた。突き立てた二本の指で勢いよく突きを放つ。新三の指が男の眼球を抉った。
 男の腕に振り払われ、新三は地面に叩きつけられる。
 野獣の咆哮が夜の闇に響きわたった。
 男の口元から何かが這い出てくるのが見える。それは、蟲だった。百足(むかで)に似た蟲。赤い眼をして、躰はぬめっている。
 その蟲は妖気を発していた。
 男は巨刀片手に猿のような身軽さで、その場から逃げ去っていった。
 月明かりの下に、新三と少女だけが残った。



<作者のことば>
なんか違うなー。以前より書く力落ちてる気がするなー。
文章力というか展開の仕方に問題があるような。構成力・・・?

凹む。

[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2011/07/19(火) 15:16 [EDIT]
いや、面白いですよ!

自信を持ちましょう自信!

匡介 | URL | 2011/08/02(火) 19:24 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
いあー、そんなことないですよ。
納得いかなくて、うーん・・・って感じです。

どこかに落としたまま見つかりませんねぇ、自信。
それに対して地震は最近よくあるんですけどねぇ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。