FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2011/06/30(木)   CATEGORY: MUKURO・煉獄篇
MUKURO・煉獄篇-18 (魔の侵攻/Black Knight)
 体育館の倉庫に忍び込むと何かの気配がした。雄大が咄嗟に身構える。その後ろに千紘は隠れた。
 だが、そこにいたのは先ほどの化け物の仲間ではなく、見知った顔だった。「……隆裕」
 佐々木 隆裕は倉庫の片隅で小さくうずくまっていた。天敵から身を隠す小動物のように怯えている様子だった。
「おい、隆裕」
 返事はない。
 雄大が隆裕に手を伸ばそうとしたそのとき、倉庫の外で轟音が響いた。
 おそらくブラックシェルスパイダーが校舎を破壊しながら体育館に侵入してきたのだろう。
 3人は息を潜めて、様子を窺った。
 ブラックシェルスパイダーの巨体が動くのが、音や振動から伝わってくる。
 気配が近付いてきているのがわかった。
 ドン。
 ブラックシェルスパイダーのゴツゴツとした脚が、倉庫の扉を破壊して中に這入る。――しかし巨大すぎる図体が災いして、ブラックシェルスパイダーはそれ以上は侵入して来られない様子だった。それでもミシミシと壁が悲鳴を上げている。時間の問題かもしれない。
 その場の3人それぞれがそのようなことを覚悟していたのだが、予想に反してブラックシェルスパイダーの侵攻は不意に止まった。
「なんだ……?」
 雄大が恐るおそる覗き込む。
 電池切れでも起こしてしまったかのように、黒い巨体は身動きひとつしていない。
 ――メキ。
 千紘は何かが罅割れているような小さな音を耳にした。最初は気のせいかとも思ったが、確かに聞こえる。
 メキメキ、メキメキメキ。
 ブラックシェルスパイダーの異変に気付いた雄大はゆっくりと後退していく。甲殻類を思わせる外皮、その腹部らへんに何かが起きていた。
 メキメキメキ。
 ブラックシェルスパイダーの腹部に亀裂が奔(はし)り、そこから何かが突き出した。
「あれは……」
 それは、まさしく産み落とされたといっていいだろう。ブラックシェルスパイダーの腹部の亀裂から黒い塊が産み落とされた。それは丸くうずくまっている状態から、ゆっくりと立ち上がった。シルエットは、まるで人のものだ。――しかし、外皮はブラックシェルスパイダー同様に甲殻類を思わせる黒くゴツゴツとしていて、刺々しい。西洋の甲冑を彷彿させる姿だ。巨大な槍と盾のようなものを手にしていて、さながら騎士の様相である。
 そう、異形の黒い騎士が3人の前に現れたのだった。




<作者のことば>
ちょっと躓き中。
なかなか文章が浮かばないので、雄大・千紘パートに移行。書きながら右往左往してます。

文章ってのらないときは本当にダメ。なぜか。

自己嫌悪に陥りそうだ。。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ポール・ブリッツ | URL | 2011/06/30(木) 17:47 [EDIT]
敵なのか味方なのか……。

たぶん敵ですね(^^;)

匡介 | URL | 2011/07/04(月) 19:10 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
考えてなかった展開なので、こいつ誰?状態です(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ