FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2010/12/08(水)   CATEGORY: MUKURO外伝
MUKURO外伝(39)
 太い牙が未来の胸を貫いている。やわらかそうな肌が破れ、血が溢れ出ていた。
 躰の奥底から感じるかつてないほどの激情。それが全身を駆け巡る。
 骸は瞬きの速度で疾駆した。雷光のような刃の一閃が異形の黒豹の頭を斬り落とした。
 未来の出血は止まらない。
 ――目の前にいて、助けられなかった。
 骸の中で渦巻く感情。これは怒りか、悲しみか。彼自身にもわからない。そもそも感情というものがどういったものかすらよくわかっていない。それでも、自分の奥深くから噴き出るような何かを感じていた。
 骸の周りが陽炎のように揺らめいた。
 骸から放たれる力強いエネルギーを受けて、柩は嬉々とした表情を隠せないでいる。
「俺が憎いか?」
 柩の言葉に、骸は何も答えない。
「その感じを忘れるな。本来、俺たちには持ち合わせることのできないものだ」柩が何かの合図のように指を鳴らした。「ここで決着をつけるのはつまらない。俺を憎しみ続けろ、そして強くなれ。次に会うときまでアンタがどれだけ憎しみを糧に強くなってるか楽しみだよ」
 突如、エントランスの出入口に巨大な何かが突っ込んできた。巨大な河馬(かば)のような外見。額にはイッカクの牙のような角が生えている。眼球はぎょろりとでかい。まるで裂けているのかと思うほど巨大な口からは鋭い牙が見える。その図体の大きさは相当なものだった。大型トラックよりも遥かにでかい。
 ぐるるるる。建物の奥から現れたのは規格外に巨大な虎。乱杭歯のように飛び出た牙がおどろおどろしく、その隙間からは涎が滴っていた。そして尾は蛇である。シャーッと蛇が威嚇の音をあげた。
 山羊の頭をした馬の化け物も現れた。胴体は馬なのだが、背中には魚類のような鱗がある。
 そのうしろにいるのは3つも頭のある鰐だった。金色、赤、青。それぞれ瞳の色が違う。だが、獰猛さはどの頭も同じように窺えた。
 建物の外から複数の物体が大砲の弾の如く飛び込んできた。それは腰ほどの高さまである巨大なノミであった。
 天井を見上げると半透明の眼のない巨大ヤモリが這っていた。
 まるでこの場所に魔界が凝縮されたかのように、次々と集まってくる化け物たち。
 最初に現れた最も大きい化け物が建物を破壊しながら骸に突進していく。あまりの大きさ、その圧力に骸の力では到底対抗できそうにない。
 乱杭歯の虎が体格に似ずの俊敏さで将平の左腕を喰いちぎった。
 数多(あまた)の化け物たちが一斉に襲いかかる。
 まるで化け物の海、その波が押し寄せてきているかのようである。
 力任せに骨刀を振るい、無理やり道を作ろうと骸はもがいた。
 建物が軋む。
 病院が瓦解を始めた。
 崩れ始めた病院からかろうじて骸は脱け出したが、将平は建物の中に残されたままだった。瓦礫の下から化け物どもが這い出してくる。
 骸は疾駆(はし)った。
 全身を包む未知の感情。
 何ひとつ護れなかった。その自責の念。憤り。
 気付けば、自分がどこにいるのかもわからなくなっていた。どれだけの距離を疾駆ったのかも。どれだけの時間疾駆り続けていたのかも。
 ――そして彼は、巨大に盛り上がる塊を見た。
 それは小さな丘に始まって、山となり、それでもまだ肥大を続け、今は人の形を成そうとしていた。
 遠くに見える巨人は、ダイダラボッチを想像させた。おそろしく巨大(おおき)い。
 骸が歩み出す。
 歩みはやがて速度を上げて疾風迅雷の如く駆け出した。

 骸の新たな戦いが始まろうとしていた。



 (MUKURO外伝 魔界篇・完)




<作者のことば>
外伝・魔界篇ここに完結。
なんだそりゃ!な終わり方かもしれないですけど、一応最初からこういうエンディングを想定してました。

骸以外全滅というバッドエンディング的な魔界篇最終話になりましたが、地獄篇の前日譚的な扱いだったので魔界篇から地獄篇に繋げるとしたら全滅しかない気がして。
それからMUKUROのテーマみたいなものとして「絶対的な力」というのがあって、唯一シリーズの最初から意識してるのは「人間にはどうあがいても敵わない存在」を書こうというもの。絶対的強者を前にしたとき人間はどうするのか、みたいなものがあるんです。だから主要キャラも結構あっさり死んだりしちゃいます。

ちょっとしたクトゥルフ神話みたいなイメージかな。

ちなみに最後の化け物の軍勢が現れるシーンは漫画ベルセルクの「蝕」を意識してます。
他にも骸のイメージはあの漫画で、MUKUROを書こうと思ったのはあのゲームの影響で、とかいろいろ好きなものをミックスした感じなのがMUKURO。でも、MUKUROを書くきっかけとなったゲームは別にやったことあるわけじゃなく(笑)、気になりつつ、内容を勝手にいろいろ想像していった結果、膨らんだイメージがMUKUROという作品の大元になってます。

他にも読んだことない小説のタイトルから勝手に想像して作った話とかもあったりしますね。

で、外伝・魔界篇に話を戻しますが、本当はもう少し骸と柩の闘いを書きたかったです。
だけど、どうしても戦闘シーンの文章表現が単調になってきて、長々と書く意味が見つからなかったんですよね。結構戦闘シーンを文章にするのって難しくて、大体吐き出しちゃった感。新しい表現が全然見つからない。これでは同じ内容の繰り返しだな、と思ってコンパクトにまとめちゃいました。

こういうラストなので、エンディングをこのままでどのように書けば読み手に納得してもらえるかなっていうのもかなり悩みました。スッキリとした終わり方ではないかもしれませんが、これ以外のエンディングは自分の中になかったんですよね。
まぁ、この書き方でよかったかどうかはわかりませんが。

今、上手く書けないことが苦しくて苦しくて仕方なくて、本当はもう完結篇なんて書きたくない!!とすら思ってるんですが(苦笑)、そこはどうにか書いてみせます。まだ全然書ける状態じゃないんですけれども、できるだけ早くお届けできればいいな、と。

少しでも面白いものが書けるように祈っていてください(笑)

MUKURO外伝・魔界篇に最後までお付き合いくださった方々、本当にありがとうございます。
そしてまだ続く骸たちの戦いを最後まで見届けて頂ければ幸いです。玖堂匡介でした。


←応援してくれる人はclick!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ