FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2010/11/08(月)   CATEGORY: MUKURO外伝
MUKURO外伝(26)
 骸と未来の2人があのデパートから逃げ出してから早数日が経っていた。探せば食料はどうにかなっていたし、大抵の化け物なら骸が斃していたので“外”の世界でもなんとか生き延びることが出来ていた。それでも、用心に越したことはない。2人は極力身をひそめながらの逃避行を続けていた。――どこに向かっているのかは2人にとってもわからないが。
 骸の躰はほぼ元通りに戻っていて、見たところ傷一つない。彼が人間ではないことは確かだが、それでも未来はそのことを尋ねようとは思わなかった。当然のことながら、気にならないはずはない。しかし、それ以上に彼女は疲れていた。体力だけではなく、気力も磨り減っていた。彼女はあまりに疲弊していて、そのことを尋ねようという気にもならないというのが事実である。とにかく今は彼が敵でなければそれでよかった。
 一体、自分たちはどこへ向かっているのか。
 そして、その安全などこかははたして存在するのか。
 終わりの見えない旅路に、彼女は疲れ果てていた。家族を失い、弘之を失い、それでも生きて自分はどうするつもりなのだろうか。親切だと思っていた男には犯されかけた。世界はたちまち変貌を遂げ、今では奇怪な生物がいたるところに跳梁跋扈している。
 この世界で生き延びたところで、自分はどうするつもりなのだろうか。
 彼女は隣の男を見た。彼は――骸はこのあとどうするつもりでいるのだろう? かれは何者なのか。それは今はどうでもいい。だけど、彼はいつまで自分と一緒にいてくれるのだろうか。もし、彼と離れ離れにならなければいけなくなったとき、わたしはどうすればいいの?
「どうかしたのか?」
 未来の心中を察してかどうかはわからないが、彼女の様子を見て骸が問いかけた。
「ううん。べつに、なんでもない」
「そうか」
 いつだってそっけない物言いをする。けれど、不思議と信用はできていた。彼が何者であれ、今はたった一人の味方なのである。未来はそのことに感謝した。――どうか彼がいつまでもわたしのそばにいてくれますように。
「いつか、前みたいな生活に戻れるかな」
 ふと漏れた本音。それは無理だとわかっていても、どこかそうなって欲しいと願ってやまない気持ち。涙が出そうだが、泣かない。泣いたりしない。そう思っても、涙が一粒零れ落ちた。頬を伝って、床を濡らした。
「泣いてる場合じゃないみたいだぞ」骸が立ち上がる。「何かの気配を感じる」
 両手で目元を擦りあげて、未来も立ち上がった。骸の言う通り、今は泣いている場合ではない。考えることはあとでも出来る。今は生きることだけに必死になろう。だって、弘之が自ら命と引き換えに救ってくれた生命(いのち)なんだもの。わたしは生きなきゃならない。少なくとも、今は。きちんと答えが出せるようになる日まで。
 今夜の宿にしていた雑居ビルの一室から2人は出る。廊下には、白い塊がうねうねと蠕動していた。大人ひとり分の大きさがある。それは巨大な蛆虫を思わせた。見たところ目も口もないように思える。白い巨塊がうねって進んできていた。
 骸は腕から<骨刀>を引き抜き、構える。未来も倣うように身構えた。戦うことは骸の役目だが、出来ることは自分でやる。出来ないことはやらない。邪魔にならないように、逃げるときは逃げ、時には自分の身は自分で護らなければいけないことはすでに承知していた。
 すべては生き抜くために。
 骸の骨刀が宙に一閃を描いた。



<作者のことば>
実はこれが最終回!! ――でもいけるんじゃないと思ってしまった(笑)
いや、最終回ではありませんよー。それに再開と同時に最終回とか、だったら終わらせておけよ!って話だもの。

でも、残り回数があと少しなのは事実。
確実に、外伝・魔界篇はエンディングに向けて進んでいます。

26話は前回から間が空いてしまったので、入りやすいようにあれから数日後としてみました。
デパート編(~25話)とはっきり区切ることで、前回までうろ覚えでもスムーズに読むことが出来るかなー、と。

しかし、書くのがちょっと久し振りなことだけが、気になります。
文章のレヴェルが落ちていないといいのだけど。

それはともかく、外伝、再開です。


←応援してくれる人はclick!!
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

浅葱 | URL | 2010/11/09(火) 08:41 [EDIT]
外伝再開おめでとうございます!!そして待ってました!!

くはーーっ あ~満たされていく感・・・
久しぶりのMUKUROに嬉しくて 読み返ししてます

久しぶりでも違和感なく読めました!!脳内にその情景がすっと入ってくる感じで妄想の海に浸れ・・・ (*´ρ`*)でも外伝もあと数回か~そう思うと寂しいけど
MUKUROがどうなっていくのか、楽しみです♪この作品本当好きだ

匡介 | URL | 2010/11/09(火) 11:25 [EDIT]
>浅葱さん
ありがとうございます♪
でもどうしようこの期待感に耐えられそうにないストレスに異様に弱いし俺。←

ちなみに残り数回なんじゃないかな~ってだけで、実際どれくらいになるのかよくわかってません。
一応無理やり延ばそうという努力はしてみますが(笑) せっかく待ってもらったのにすぐ終わるんじゃ申し訳ないですし。

でも、外伝が終わっても完結篇がありますから!!

完結篇は全力でやりますよ! 地獄篇と外伝を超えたものにしたいと思ってます!
現状で、僕の最終作ですから気合い入れていこうかと~。

あー 満たされていくとか読み返してるとかなんか本当にプレッシャー(苦笑)
期待に応えられるように頑張ります~

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ