FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2010/07/26(月)   CATEGORY: 雑記
おお、憧れの山風。
今月から始まりました、角川文庫から山田風太郎ベストコレクションが刊行されていきます。
全24冊が予定されているようですが、中には持っているものがあるものの田島昭宇がカバーイラストを手掛けているせいもあって、何冊かは買い直したいくらい。未読のものは、積極的に買っていくつもりです。

山田風太郎で、最初に読んだのはおそらく「魔界転生」。それに続いて忍法帖シリーズの発端となった「甲賀忍法帖」で、この「甲賀忍法帖」にはやられてしまった。現在は「バジリスク」というタイトルでコミカライズされていて、のちにオダギリジョー、仲間由紀恵の主演で映画化も。
映画はちょっとわかりにくい展開で、いまいち入り込むことが出来なかったのだけれども原作は超面白い。バイオレンス&エロスの真骨頂だと思ってます。物凄く妖艶で、血みどろで、奇想天外な世界観の忍法帖シリーズは本当に面白い。その面白さの要因は独創的なアイディアだけではなく、巧みに史実を取り入れているあたりも大きいのではないかと思っています。おそらく、歴史にも深い理解を持っていた人なのではないでしょうか(「人間臨終図巻」を書いていることからも、それは窺える)。

山田風太郎の描く人物も常にユニークで、エンターテイメントという観点からはほぼ隙がないのではないかと思ってしまうほど、面白い作品を生み出しています。

それくらい山田風太郎はスゲエ!と思っていて、俺の憧れで、リアルタイムで読みたかったと心底思える人。
まぁ、それほど好きなのにも関わらず、現在読めているタイトルはごく一部なのだけれども、でも、1冊読めばスゲエ人だってことは充分にわかってしまうんですよね~。


そして、


山田風太郎賞が新設されるらしい。


個人的にはかなり興味津々な賞で、今後受賞される方がどういう作品を書くのか今から楽しみだったりするほど。山田風太郎賞に対する、俺のハードルは相当高いと思う。


それと同時に、


山田風太郎賞獲ってみたいなぁ、なんて思ってしまったり。


今まで賞とかに興味はなく、そもそも職業作家になりたいわけでもないし、自分の力量は痛いほどわかっているので、なりたくても商業的作家になることは出来そうにないってことも理解している。


にも関わらず、この山田風太郎賞は憧れる。


いいなぁ。俺、この賞獲れたら自慢しちゃうなぁ。
特に、第1回の受賞者になりたいよね! 第1回山田風太郎賞の受賞者なんてかっこいいなぁ。

自分は常にエンターテイメントを目指したいと思っている。
テーマやら何やらがあったとしても、まずは面白いことが大事だろうと思っている。

戦後、文学の分野でエンターテイメントを体現した作家・山田風太郎。

山田風太郎賞に憧憬を抱きながら、今後は少しでも山風に近付きたいと思ってしまった。
別に職業作家でなくとも、山田風太郎賞が獲れなくとも、俺はこうしてこの場で、自分なりに面白い作品を追求したい。
それには、今のままではダメだと思う。限界は見えている。新しいやり方を見つけなくてはならない。自分の才能に限界があったとしても、まだ面白くなれるはず。これだけ稚拙なのだから、もっと面白い作品を生み出せるはず。誰だって、練習すればある程度は泳げるし絵を描ける。それと同じことなのだと思う。まだ才能が物を言うレヴェルすら達していないのである。それならば、俺の限界まで目指したい。天才とは、1%の霊感と99%の努力だとある偉人は言った。すなわち、いくら努力しても1%の霊感がなければ天才足り得ないという意味なのだが、だったら俺は才能が要らない99%まではやってやろうじゃないか、という気になっている。
それには長い時間が必要かもしれない。どれだけの年月で、才能が勝負する世界に辿り着けるかもわからない。それでも地道に、俺はその世界に到達したい。才能がなければ、仕方ない。それ以上は存在しない。それでも今より面白いものが書けるというなら、俺はそこに辿り着きたいと思っている。

山田風太郎賞の創設を受けて、俺は俺がやれるところまでやってやるぞ!という気になってしまった。



ああ、もっと面白いものが書きてえなぁ。


[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

凪水月 鏡花 | URL | 2010/07/26(月) 16:46 [EDIT]
霊感ですかー・・・匡介さんに霊感あったら凄そうですね。
目からビームが出たり・・・

匡介 | URL | 2010/07/26(月) 16:54 [EDIT]
>水凪月さん
え? 目からビーム? …それ霊感とかいう次元じゃないのでは(笑)
ここでいう霊感っていうのは、いわゆる閃きやセンスのことですね~。

いくら知識を詰め込んでみても、斬新な発想がなければ発明には至らない…とかそういう感じの意味合いだと思います。

まぁ、つまりは才能ってことですよね。

凪水月 鏡花 | URL | 2010/07/27(火) 14:00 [EDIT]
いえいえ勿論冗談ですよっ!

しかし才能がいくら在っても、努力しなくちゃダメなんですよね。
うーん、人生って難しいです。

匡介 | URL | 2010/07/27(火) 23:11 [EDIT]
>凪水月さん
自分には才能がある人の努力と才能がない人の努力が同じものだとはどうしても思えません(笑)
やはり才能ある人は呑み込みが違うと思うんですよね~。で、理解が早いと努力もしやすい。

そういう意味では世の中、公平ではないですよね~

自分、何かの才能あるのだろうか。。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ