FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
褐色肌のヴィーナス
 鍋屋横丁を抜け、新中野駅の出入口から何人かが吐き出されるのを横目に歩き、僕は信号で足を止めた。女子高生3人組が背後を通り過ぎていった。斜め向こうに見えるパチンコ店の前にはものすごい台数の自転車が停めてあり、中には原付も混ざっている。それだけで店の盛況振りが窺えた。パチンコ店に世間の不況などは関係あるのだろうかといつも思う。たぶん関係ないんだろう。関係あるのはおそらく立地くらいだ。
 信号が青に変わる。
 中野通りを横断して、都道7号線を突き進む。しばらくすると右手に交番が見えた。警官は大きくあくびをしたあと、眠そうに目を擦った。平和だなあ、と僕は思い、再び視線を前に向け直した。歩みは止めていない。
 また少しだけ進んだところに、また右手に今度は鳥居が見えた。石製の鳥居。奥には小さな社殿が見える。鳥居の前にはバス停があり、中年の女性がひとりバスを待っていた。見回してみたがバスの姿は見えないので、少なくともまだ数分は、彼女はそこに立ったままだろう。
 次の信号で都道4号線を渡り、少しだけ戻って先ほどの神社の前に辿り着いた。そこには『西町天神北野神社』とある。一切の土地勘がない僕はここは西町なのだろうかと思う。そして鳥居をくぐって、水のない手水舎をスルーして、社殿の前に立つ。二度手を打ち合わせ、深く頭を下げた。拝礼の作法など知らないのでこれはてきとうだ。
 なんとなく満足して、再び都道4号線に戻り、それを突き進んだ。
 またまたしばらくするとアジアンテイストの小さな飲食店が目に入った。店先には象やらなんやら(もしかすればインドあたりの神様なのかもしれない)、実に怪しげな置物があり、店内の様子はよくわからない。入ってみようかな? そう思うと同時に、その店の隣のある横道が気になった。ここも実にアジアンテイストに溢れている(…とここまで思い、僕は日本もまたアジアだということを再認識した。正確には、僕の持つタイやインドあたりのイメージだった)。
 アジアン横道に足を踏み入れ、エスニックな布地などを扱った雑貨屋などを眺めながら僕は依然として進んだ。スパイシーな香りが漂ってくる。先ほどの飲食店からかもしれない。
 どうも民族衣装を着た人々が増えてきた。よく見ると日本人ではない。彼らはみな浅黒い肌をしている。急に異国にワープしてしまった気持ちになった。まるで別世界。ここはどこだ?
 聞いたこともない、未知の言語があたりを飛び交い、僕は眩暈すらした。
 ふと背後を振り返る。おかしい。見えるはずの都道4号線の姿がない。まさか本当に自分でも気付かぬうちに瞬間移動でもしていて、どこか見知らぬ(とりあえず日本ではない)土地に辿り着いてしまったとでもいうのだろうか。そんな馬鹿な!
 だが、しかしながら、確実に、どう考えても、ここは日本ではなかったし、ずっと歩いてきた都道4号線の姿も間違いなくそこにはなかった。これはどういうことなのか。
 でもそこで動揺を表に出さないのが自分のすごいところだと思っている。おろおろなどせず、先に進むことにした。もし本当にどこか異国の地(おそらくアジアのどこか)に瞬間移動、あるいはワープしてしまったのだとしたならば、それはそれで貴重な体験ではないか。瞬間移動、あるいはワープもそうだし、異国の地をこうして歩けることも実に貴重な体験だろうと自分を納得させる。こういう楽天的というか超ポジティヴ・シンキングなあたりは自分でもすごいと思う。僕はたまにそんな自分を本当に自分なのかと疑いたくなる。もしこれが他人ならば、お前それでいいのかと間違いなく言うだろう。
 気付けば人混みの中をかき分けながら進むことになっていた。あたりには様々な香の匂いが立ち込めて、混ざり合い、なんと表現すればいいのかわからないような臭気が出来上がっていた。その中を僕は進んだ。
 あるところで人混みが終わっていた。店もなくなっていた。目の前で細い道が交差している。左右にはモルタルみたいな質感の壁が空高くあり、僕はそれに囲まれていた。夕暮れのオレンジが視界を染めて、少しだけノスタルジックな気持ちになる。小道が交差しているところに僕は立ち、4つの道を眺めていた。そのうちのひとつに人がひとり立っていた。複雑な色の組み合わせで出来た布地の民族衣装をまとい、フードのように頭にも布を被っている。
 夕暮れのオレンジが視界を染めて、少しだけノスタルジックな演出をしている中に、褐色肌の彼女は立っていた。左右の巨大な壁に挟まれ、こちらを見ている。
 不意に湧き上がるこの気持ちはなんだ?
 知ってるようで初めての、新感覚の、気持ち。
 名前がわからない。
 曖昧になる世界の認識。
 彼女が微笑んだ。
 まるで一枚の絵画を見ているような心地になっていた。僕は必死に、僕は必死に、そこから何かを感じ取ろうとしている。あるいはこの気持ちの名前を知ろうとしている。
 もっと感じていたいと思った。
 この一瞬が永遠に続けばいいと思った。
 別世界のヴィーナス。
 たぶん元いた世界の言葉では形容できない。
 別世界のヴィーナス。
 僕は彼女をそう呼ぶことにする。
 別世界のヴィーナス。
 別世界のヴィーナス。
 夕暮れのオレンジがノスタルジックを演出していた。



<作者のことば>
物語とは自分自身の体験が必ずしも反映されるものだから、最近東京都内を歩き回っていることは確実にどこかで自分の書くものに影響すると思っていた。でも、どう影響するかはわからなかった。

しかし、実にストレートにこの体験は物語に変換された。

ちなみに「東京トワイライト」とカテゴライズされたこれら物語は正確にはシリーズではない。あるコンセプトに基づかれた側面は確かにある。共通するものが見受けられなくもない。しかし関連性のある一連の物語ではないと思っている。

それをあえて同一にカテゴライズすることで、無理やり一連の物語にしているのである。

だからこれはシリーズではなく掌編集だと思って欲しい。
その掌編集のタイトルが「東京トワイライト」なのである。

一つの主旨に従って書かれているわけではなく、出来上がったものがたまたま似た部分を持っていたとうだけの話。
それ以上でも以下でもなく、だからシリーズというよりは掌編集だと思って欲しい。

しかしそう思わなくても別に何の実害もないので作者の戯言だと思ってこれは読み流すことをお奨めする。


←応援してくれる人はclick!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ