FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2010/04/24(土)   CATEGORY: MUKURO・地獄篇
MUKURO・地獄篇‐38 (旅立ち)
 シューシューという音を立てながら怪物の肉体は黒い霧のような煙を上げていた。まるで肉体がカタチを維持できなくなり、文字通り霧散していくかのような光景だった。
 骸は、生き残った人間を見回した。
 かつてない禍々しさを持った、最凶の敵を前にして、ここまで生き延びてきた全員が生き残っておる。もちろん全員が無傷ではないが、それでも生き残ったのだ。この、地獄を。
 全身の震えがとまらないまま、必死になって縮こまっている望美の肩にトンと誰かの手が触れた。彼女は見上げ、それが飯沼だということに気が付いた。「大丈夫?」
 飯沼の右腕はすでに多量の血を流していたが、それでも出血は治まってきているようである。動かせる左腕を差し伸ばし、望美を立ち上がらせた。同時に、彼女の腕の中にいた耕太も立ち上がる。
「……助かったんすよね?」
 舘岡が誰に問うでもなく、そう呟いた。
「おそらくな」
 無感動の発せられた骸の声。しかし、その冷たい皮膚の下には、誰よりも熱い心が宿っていることを詩帆はもう知っている。この場にいる誰よりも自分たちを守ろうと己の身にも構わず、必死に闘ってくれていたことは、全員がわかっていた。
 不意に、詩帆の頬を涙が伝った。
「本当に、助かったんだ」
 もう何度諦めかけたことだろう。もう何度、死を覚悟したことだろう。
 詩帆はいま、自分がこうして生きていることが不思議でならなかった。これを奇跡と呼ぶのだろうか? この、一瞬にして地獄に変わり果てた世界を、自分はここまで生き延びた。自分たちは、どうにか生き延びてきたのだ。そう思うと目頭が熱くなった。溢れる涙がとめられない。――自分はいま、生きている。
「泣くのはまだ早いぞ」
 肩に傷を負った柳瀬を起こしながら、骸は詩帆にそう言い放った。「自分で立てるか?」
「ああ。――俺たちはやつを倒したんだな?」
「そうだ。それもお前たち人間が生きようとあがいた結果だよ。俺だけではやつを倒せなかっただろう」
「そう言ってくれると少しは救われるかな」
 柳瀬は苦笑して、骸に肩を借りながら立ち上がる。
 そして骸は再び、詩帆を見遣った。
「まだ泣くのは早い。――もし、俺についてくると言うなら、ここから先はもっと険しい道のりになるかもしれない。最初からどこが終着点なのか、俺にもわからないんだ。終わりのない闘いになるかもしれない。それでも、ついてくるのか?」
 目元をぐいっと手の腹で拭い、詩帆は真っ直ぐと骸を見つめた。
「ついて行く」
 明瞭(はっきり)と、力強い返事だ。
「俺もついて行くよ」
 やや弱弱しい声ではあるが、柳瀬もそう宣言した。
「俺もいいっすか?」と舘岡。
 それに続いて飯沼もみなに同行することを決めた。望美は、少し不安そうだったが、それでも置いていかれたくはないらしい。同意の証として、骸に頷いた。むろん、耕太だけを置いていくことはできない。つまり、この場にいる全員が先に進むことを決めていた。
「最後まで見届けさせて」
 双眸に強い光を宿して、詩帆が骸に言った。
「――全員、死ぬなよ」
 呟くような放たれた骸の言葉。
「わたしは死なない。絶対に、最後まで生き抜いてみせるから」
 一同はゆっくりと進み始めた。
 先に聳え立つのは天を貫くような巨塔だ。



 新たな旅立ちが、今始まったのだった――。



 (地獄篇・完)



<作者のことば>
つい今さっき書き終えたばかりなのだが、まぁ ほとんど前回で終わりを告げたようなものである。
その前回といえば誤字脱字が多くて(あとで訂正させて頂きました)、さらには表現が気に入らない箇所も多いという酷い有様。MUKUROは途中から満足いくレベルの文章を維持できなかったと思う。そこは反省点。

しかし、MUKURO・地獄篇はこうして終わりを迎えることができた。
あまり長い小説を書かない自分が、40話弱という長さの物語を書けたことはとても大きいと思っている。これを今後の糧にできればいいのだけれど。
MUKUROがこの長さになってしまったのは、もちろんストーリーの複雑さのせいというわけではない。ストーリーは極めて単純なこの物語が、まさかここまで長くなってしまったのは、単純にこの物語の持つエネルギーも問題なのだと思う。文章を書く感覚を取り戻そうと書き始めた物語が、予想外の長さになってしまったのは、単純にこの物語の持つエネルギーも問題なのだ。

物凄いエネルギーを内包した物語だった。

物語自体が常にエネルギーを生み出しつつ、それを物凄い勢いで消費していっていた。つまり、MUKUROとはそういう物語なのである。燃え続けてるエネルギーの塊のような物語なのである。まさにそれは太陽のようだが、作中の言葉を借りれば「超新星の爆発力」がこの物語の本質なのだと思う。
――「だと思う」って書いた本人がそう言っちゃうのかよ! という気もしないでもないが、意外と物語って書いてる本人もよくわかってないものなのよ。実はそんなものなのよ。同じく物語を書いている人にはよくわかると思うけど、自分が生み出したというよりは、生まれる手伝いをしたという感じだったりする。というか母親だってわが子のすべてを知らないだろう。むしろ知らないことの方が多いんだよね。

というわけで、軽い気持ちでヤッちゃって生まれてきた子が予想以上の大物に成長して親としては誇りにすら思う現在なのですが(サイテーな表現!笑)、もちろん骸たちの物語はまだ続くわけで、彼らの物語はまだ始まったばかりなのかもしれません。

「せんせー、『地獄篇』ってことは他に『○○篇』って続くわけですかー?」って質問ももしかしたらあるかもしれないけど(笑)、現段階では地獄篇のみとなっています。
それでも「続きが読みたいです!」って要望があれば、俺はもう少し骸たちのことを追って、そして物語として文章に記さなければならないだろうなぁ。

しかし、ここまで続いたのも読者あってこそです。
少し長い物語ではありましたが、最後まで楽しめて頂けたでしょうか? ここまでお付き合い頂きまして、本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。

そして今後もお付き合い願えればこれに敵う幸せはないかもしれません。

そのうち新しい物語がまた始まるかもしれませんが、そのときはどうぞよろしくお願いしますね。
あまり書くと本編(38話)よりこっちがメインになってしまうのでこのへんで(笑) ではでは。


←応援してくれる人はclick!!
[ TB*0 | CO*12 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

鈴代まお | URL | 2010/04/25(日) 16:28 [EDIT]
連載お疲れ様です。

スピード感というか、迫力のある物語展開で最後まで気が抜けず、ぐいぐい話に引き込まれていきました。
生き残るかと思っていた人が死んでしまったり、味方と思っていた人が敵だったり、先が全く分からなかったです。
匡介さんの仰る通り、物凄いエネルギーを感じた作品でした。

もし続編を書かれる時があるんでしたら、また読ませていただきたいと思います。
あ、もちろん強制ではなくて、あくまでも私の個人的な希望なんですが。^^;

今度新作を書かれる時にも、是非読ませていただきますね。^^

匡介 | URL | 2010/04/25(日) 16:50 [EDIT]
>鈴代まおさん
ありがとうございます♪
こうして終えることができたのは、最後までお付き合いしてくださった鈴代さんのおかげでもありますよ^^

あとがきで何やら偉そうなこと書いてますけど(笑)、でも書いててエネルギーを感じた作品なのは確かです。
だけど、それを偉そうに書いてるのは、常に作品に対して自信が持てないという気持ちの裏返しだったり(苦笑)

でも、こうして引き込まれたなんて言って頂けると救われます。
もし楽しみに待って頂けるなら、必ずこの物語の続きを届けたいと思うので、もう少々お時間をくださいね。……その前に「外伝」とか余計なことを書いてしまったばっかりに、そちらを書かなくてはいけない雰囲気になってますが(笑)

次回はもっと短い話がいくつか続くと思うので、気軽に読みにいらしてくださいませ!
またのお越しをお待ちしておりますので♪

no name | URL | 2010/04/26(月) 10:11 [EDIT]
お疲れ様でした!!
MUKURO地獄篇おもしろかったです、すごく。終わるのがさびしく感じるほどに・・・
この世界観にはまって本当更新が楽しみで好きな話のところは何度も読んだり(笑
骸・・・かっこいいなぁ~ 好きだ(*´ρ`*)
ベヒモスに挑む詩帆の気迫にも惚れた!!なんだか読んでるこっちまで力入ってww詩帆も好きだなぁ
続編があるとしたら すごく楽しみです♪
また出てくる魑魅魍魎もグレードアップして出てくるんですかね~
こうして思い返すとやっぱり人面蜂が一番印象に残ってますww

またMUKUROが読める日を首をなが~~~~くして待ちますよ!!私はww!!

匡介 | URL | 2010/04/26(月) 13:17 [EDIT]
>名無し様
ありがとうございます!!


……ってどちら様でしょうか?(笑)
このハイテンションぶりからすると明らかに初めてコメントして頂いた方ではないような……(笑) さすがにこちらで断定してしまうのは避けますが、たぶん名前入力し忘れですよね?? あるいは名前出したくない方なのでしょうか??

しかし誰であろうとも(笑)、そこまで楽しんで頂けましたのなら作家冥利に尽きます! 素直に嬉しいです!
好きなシーンってどこらへんだんだろうなぁ、などと色々思い馳せながら、このコメントを見てしまっては地獄篇だけでは終わらせられないですね。

よし今から続きを…!!(笑)

これ以上に楽しんで頂けるよう、アイデアを練り込んで必ずや帰って参りますので、ぜひぜひ楽しみに待っていてくださいませ♪

浅葱 | URL | 2010/04/26(月) 16:23 [EDIT]
あっ!?
すみません!!名前入れるの忘れてました(汗)

浅葱ですーっ
あまりのドジっぷりに只今携帯より書き込みました(笑)

匡介 | URL | 2010/04/26(月) 18:08 [EDIT]
>浅葱さん
まぁ 見当はついてましたが(笑)
特に「人面蜂」ってワードがポイントでした!!(笑)

改めてありがとうございます♪

また浅葱さんに楽しんで頂けるよう全力を尽くしますので!!

玖月さくら | URL | 2010/04/26(月) 22:05 [EDIT]
お久しぶり、私のこと覚えでましだか?(笑
コメントいっばいあるですね。匡介くん人気になりましたね。
ははっ。もっすぐ卒業するから、最近忙しいのでブログはあまり書きませんでした。そして日本語の文法も多分忘れたかも。でも先週新しい日本のドラマを見ました時覚えました。
そしてここに来まして、一杯小説書きましたねw
ああがんばって!
喋った通り日本語忘れたので、文法の無理場合はごめんね。。。

匡介 | URL | 2010/04/27(火) 06:20 [EDIT]
>玖月さくらさん
お久し振りです。もちろん覚えてますよ!
お元気そうでなによりです^^

コメントはたまたまで人気者にはなっていませんが(笑)、一応頑張って書いてますよー。
もうすぐ卒業なんですか? たぶん、卒業の時期が日本と違いますよね。あと少し(?)頑張ってください。
日本語、それだけ使えれば大丈夫です。意味ちゃんと伝わってますよ。それより何のドラマ観たのか気になりますね(笑)

コメント謝謝!!


ポール・ブリッツ | URL | 2010/04/27(火) 06:38 [EDIT]
ぜひとも「煉獄篇」と「天国篇」もお願いします(^^)

ダンテじゃあ!

匡介 | URL | 2010/04/27(火) 06:52 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
そう書かれてしまうと本当にそうしようと思っていたとき、非常に困ります(笑)

ライム | URL | 2010/05/03(月) 14:36 [EDIT]
お疲れさまでした!
……ってすいません、すごい遅コメになっています。
無事に地獄篇を完結されたことに、まずはお祝いを申し上げます。
必ずしも体調が万全でなかったと思われる中、これだけの長さと迫力の作品を書きあげられたエネルギーとテンションに感服いたしております。
中でもヴィジュアルが目にうかぶ化け物たちの描写が秀逸だと思いました(あ、上目線コメすまん)
化け物登場場面や戦闘シーンの、量感と速度を伴った空気感も……。
イケメン愛好家(笑)の私の希望どおり、骸を蘇生してくださって感謝です。
あと人間の登場人物では、やはり詩帆の勁さが好きでした。
先のコメで言及されていますが、地獄篇というタイトル、既に地雷を踏んでいると思いますよ(笑)
つまり外伝はさておき、本篇がこのあと2つ続くであろうという流れ……。

匡介 | URL | 2010/05/04(火) 19:22 [EDIT]
>ライムさん
ありがとうございます。……てっきり、もうコメントはないものだと(笑)
しかし感服やら秀逸やら受けきれないほどの褒め言葉を頂いてしまったので、その件はなかったことにしましょう(笑)

今作で相当エネルギー使ってしまったので、今後が心配なくらいです。
軽いノリで始めたはずが、かなり力の入った作品になったような気がします。
目に見えるかのような描写については以前から褒めて頂いていましたが、今回は内面的な部分を上手く描けていたなら嬉しいですね。特に詩帆。登場順序でいえば石平、柳瀬の方が先なのですが、物語として作品が動き始めたのは彼女からなので、最後も彼女で終わらそうとは途中から決めていました。
きっと誰よりも成長したキャラクターだと思います。

……てか、ライムさんもですか!!
地獄篇があるからって煉獄篇と天国篇があると思うなよ!!(笑)

それでも、第2部はもう構想段階に入ってます。
すぐに書きたくない気持ちがあるので、それまで他の作品を書いていこうとは思いますが、きっと地獄篇より面白い第2部を届けてみせようと思います。……この際、言い切ってやるさ!! 絶対により面白いものを書いて見せる!!(笑)

なので楽しみに待っていてくださいませ。
……あー、もし内容的に地獄篇に敵わなかったときを考えて、イケメンキャラを数人用意しようかなぁ? それで少しは溜飲が下がるであろう(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ