FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2010/02/23(火)   CATEGORY: 雑記
映画の栄華。
いやー、映画ってホント良いものですねぇ~。


って最近よく思う。


音楽とかもだけれど、○○が良い、じゃなくて音楽総じて、映画総じて良いものだなって思うようになった。
そりゃ、前からそう思っていたんだけれど、心底、「嗚呼、いいなぁ…」って気付けば思っているのだ。

なんか楽しくなって顔が笑ってたりしていて自分でも気持ちが悪い(笑)

なんていうか、もう突き抜けて好きだって感じ。
自分はこの領域を水野晴郎の境地と呼ぶことにした。


いやー、映画ってホント良いものですねぇ~。


水野さん、今ならわかります。映画って素晴らしいですね!!
この気持ちはLIKEじゃなくLOVEになったってこと?







*AVP2
エイリアンVS.プレデターの続編。
プレデターに寄生していたエイリアンが進化し新種プレデリアンとして誕生。地球に飛来する。それを知ったザ・クリーナー(エイリアン駆除を専門とするプレデター)もあとを追って地球へと舞い降りるが――。
プレデリアンがプレデターとエイリアンをMIXしたようなヴィジュアルなのだが、暗い中での戦闘シーンが多く、たまにプレデターとどっちがどっちなのかわからなくなる(笑)
ちょっとホラー要素高めだったのかな? 生き延びようとする街の人間をもっと描いていてもよかったと思う。やや説明不足感があったかも。
しかしあのラストは今までの闘いは一体何だったの?って思っちゃうのだけれど(笑)

*インクレディブル・ハルク
パッケージの裏見ていて「あれ?」って思ったんだけど、監督がトランスポーター1、2のルイ・レテリエだった。
VFXは綺麗だったんだけど、もっと独創性が欲しかった感アリ。戦闘シーンのアクションがただ普通よりデカイだけで単なるどつき合いにしか見えなくて、怪物に変身してしまう主人公の苦悩も描き足りないような気がする。
おそらくアクションに力を入れたかったんだと思うけど、だったらもっと戦闘に工夫を!! ただ、なぜか最後だけ必殺技のようなものが繰り出されてウケた(笑)
最後にトニー・スタークが出てきて、アベンジャーズへの伏線が垣間見えた。

*リクルート
コリン・ファレルとアル・パチーノの演技が良い!!
スリリングな展開は引きつけられるものがあって面白かった。途中から何を信じればいいのかわからなく感じがよく出ていたと思う。
もう一押し何かあったら名作と呼ぶに足りたんだけどなー。それでも良作。

*風の谷のナウシカ
あの世界観はやっぱ凄いなぁ。
蟲のデザインが俺の好み過ぎて、きっとナウシカ観てこういうの好きになったに違いないと思った。

*CUBE
ずっと気になっていたんだけれど、後回しにしていた映画。
終始、ドキドキだったけれど、エンディングはもっと絶望的な感じが良いと思った。
DVDには珍しく「Elevated」という短篇映画も入っていた。

*死霊のはらわた2
ずっと観たかったけど近所のレンタルで見当たらなかったやつ。
スプラッターでホラーでコメディでアクションっていう詰め込みな内容。
ストップモーション・アニメの感じもマッチしていて好き。これは3も観なければ!!

*ワイルド・スピード
相変わらずヴィン・ディーゼルかっこいい。好きっす。
吹き替えで観たら、ミシェル・ロドリゲスの役の声に違和感!

*エイリアン
初めて観たのは小学生のときだったんだけど、あまり内容覚えてなかったらしい。
ロボットなんて出てきた? と世界観がイメージとちょっと違った(けど、今これを書きながら、そういえばロボット出てきてたかもなぁ、と思い始めている)。
シリーズ制覇しようと目論見中。

*ナインスゲート
ジョニー・デップ主演。
悪魔が書いたとされる本「影の王国への九つの扉」を巡るストーリー。ミステリアスで緊張した雰囲気が好き。
なんか小説向けな話だなって思いながら観ていたら、やはり原作があるらしい。気になる。
というか、これ前に一回観たことあるんだろうか? ところどころ見覚えが。
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ライム | URL | 2010/02/23(火) 19:53 [EDIT]
映画が匡介さんの創作エネルギーの一部供給源になってるのかなー……と思いました。
特に表現の視覚的な点。
見習いたいです!
● ハリウッド超大作もいいですが
ポール・ブリッツ | URL | 2010/02/23(火) 21:21 [EDIT]
機会と興味があったら昔の無声映画を活弁士(映画の進行に合わせて台詞をしゃべったり説明をつけたりする人)と伴奏つきで見てみてください。

新たな映画の世界が開けることと思います。

生の澤登翠氏の活弁で「忠次旅日記」を見てから、わたしの映画観は完全にひっくり返ったであります。マジですごいぜ。

匡介 | URL | 2010/02/24(水) 13:16 [EDIT]
>ライムさん
映画の影響は少なくはないですね~。
どこかしらストーリーや見せ方、創作意欲に繋がってると思います。

視覚的、あるいは聴覚的な表現を多用するのも映像という表現分野の影響なのかもしれません。
好きな小説が視覚的表現に富んでいることも、その一因だとは思うのですが、映像という表現方法が好きだから文章の視覚的表現を好むのか、たまたま好きなのが視覚的な表現なのかはわからないですね(笑)

視覚に捉われない表現が出来るのが小説の強みだと思うので、今後はもっと違うやり方も追求していきたいと思っています。
色々な方向から魅せれる文章を書けるようになりたいですね。

匡介 | URL | 2010/02/24(水) 13:20 [EDIT]
>ポール・ブリッツさん
機会があったら是非って感じですが、機会があるかどうか(笑)
その機会に恵まれる人って少ないように思います。

そのうちどこかで出会うかな?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ