FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
~クリスマスの小さな風景~
 やけにカップルが多く思えるのは、きっと気のせいではないだろう。
 とある書店でアルバイトをしている隆太はそんなカップルたちを横目に、レジ打ちを続けた。
 今日はクリスマスだ。しかし隆太には何の予定もなかった。
「はあ」
 つい溜め息が漏れた。
「これ、お願いします」
 レジに差し出された本は、隆太の好きな作家のものだった。
 クリスマスをテーマにした短篇集で、もちろん隆太も読んでいた。読み手を温かな気持ちにさせる、いかにもクリスマスらしい内容だった。
 顔を上げると、隆太はこの本を差し出してきた女性の顔を見た。
 ――とても美しい女性だった。
 隆太の動きが一瞬止まった。
「大丈夫ですか?」
「――え? ああ、はい。すみません」
 どうしてだろう。凄く胸がドキドキしている。――これって一目惚れ?
何でもいいから話しかけたい、そう思った。「この作家、僕も好きなんですよ」。そう言えたらなんていいだろう。そうすれば、きっと「そうなんですか」と彼女の笑顔が見ることができる気がする。
「ありがとうございました」
 結局、何も言えはしなかった。いつも通りに本の代金を告げ、それを受け取って、本を渡しただけだった。
 ――また会えるだろうか。
 ――また会えたらいいな。
 隆太の鼓動はまだ早く脈打ち、彼の気持ちを昂らせていた。


 ***


 今日はクリスマス。小川 律はこれから友達と一緒に遊ぶ予定だった。
 美緒と夏実のふたりと遊ぶのは確かに楽しい。律もふたりを親友だと思っているのだが、しかし、やはり今日はクリスマス。本当に会いたいのは、いつもの女友達ではなく、ひとりの男子。
 律は同じクラスのある男子のことが好きなのだが、それは片想い。実は女子の間で人気がある彼に、今日の予定を訊くことは怖くて出来なかった。もし彼女とかいたらどうしよう。そう思うと胸が苦しくなる。他の女の子と仲良くしているところなんて見たくもないし、想像するのも嫌だった。
 ゴトン。自動販売機から缶が吐き出される音。
「あー、間違えた!」
 男が突然大声を上げた。
 律は思わずビクッと体を震わせた。――え? なに?
「あ、」男が振り向いて律の存在に気付いた。「ねえ、キミにこれあげる」
「え?」
「飲んでいいよ」
 渡されたのはホットのミルクティー。冷えた手が熱さを感じた。
「あ、いたいた。吉川先輩!」
 男が現れて、律にミルクティーを渡した――吉川というらしい――男に駆け寄った。
「ん? 先輩の知り合いですか?」
「いや、知らん」
「はい?」
 男の頭上に「?」が浮かんでいるのがありありと想像できた。
「小銭ある?」
「はあ、ありますけど…」
「じゃあ、貸して。さっき間違えて買っちゃって小銭なくなった」
「いいですけど、吉川先輩返してくれたことないじゃないですか」
「たった120円でそんなこと言うなよ」
 結局、男は吉川に120円を奪われ、それで吉川は缶コーヒーを買っていた。
「じゃあね、バイバイ」
 嵐のように過ぎ去っていった、そんな感覚だった。律は呆然と立っている。ただ、その手にはミルクティーが握られていた。


「ごめん少し遅れるね! でも急いで行くから~!」
 夏実からの電話を切って、律はふぅと息を吐いた。美緒もまだ来てはいない。
「あれ? 小川じゃん」
 不意に声をかけられて、律はまたもやビクッと体を震わせた。
「なに、驚いてんだよ」
 聞き覚えのある笑い声に振り向くと、そこには藤岡 諒(まこと)が立っていた。
「諒君…」
「誰かと待ち合わせ?」
「うん、友達と」
「そっか。しかし今日は寒いなぁ」
「……あ、これ、飲む?」
 律は持っていたミルクティーの缶を差し出した。
「お、もらっていいの?」
「うん、いいよ。わたしも飲みたかったわけじゃないし」
「俺、ミルクティー好きなんだよ」
 諒の笑顔にドキドキする自分がわかった。律の鼓動がドンドン高まる。
 ――ミルクティーを好きだってこと、知らなかった。
 新しい諒を知った喜びがじわじわと律を包み込んだ。
 それは律にとっての、小さなクリスマスプレゼント。



<作者のことば>
「~クリスマスの風景~」のside-B的存在。
これで遅れながらもCofee Breakキャラ総出演でのクリスマスという自分に課したテーマをクリア。

おそらく、全員出せたはず。

凄い細かいキャラや初出のキャラもいるけれど。
「~クリスマスの風景~」と合わせて読んでもらえると嬉しい。ついでにシリーズのどこに誰が出ているのかも探したりしても楽しめるっていう、やや恥ずかしい楽しみ方も。…古い作品を読まれるのは恥ずかしい(笑)

ちなみにどこぞの国ではクリスマスは1月過ぎまで続くイベントらしい。


←応援してくれる人はclick!!
[ TB*0 | CO*14 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/12/30(水) 11:42 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/12/30(水) 16:11 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/12/31(木) 02:00 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ライム | URL | 2009/12/31(木) 14:48 [EDIT]
すみません、まだ以前のお作(笑)を読んでないのです。
なので、感想はその後ということで容赦していただくとして←
大晦日なのでご挨拶にうかがいました~。
年内は、流血だったりほのぼのだったり変だったりする各種各様の楽しい作品を、ありがとうございましたm(__)m
来年も超期待しております。
では、よいお年を~!

匡介 | URL | 2009/12/31(木) 20:07 [EDIT]
>シークレット(11:42)さん
おお、打ち間違いをしていました!!
ご指摘ありがとうございます。修正しておきますね!

匡介 | URL | 2009/12/31(木) 20:15 [EDIT]
>シークレット(16:11)さん
初めまして。ありがとうございます。
そのうちお邪魔しようと思うので、そのときはよろしくお願いしますね。

またのお越しをお待ちしています。

匡介 | URL | 2009/12/31(木) 20:18 [EDIT]
>シークレット(2:00)さん
わざわざありがとうございます♪
自分も同様に色々な影響を受けました。それにとってもお世話にもなりました。

今年は本当にありがとうございました!!

そして来年もどうぞよろしくお願いしますね!!

匡介 | URL | 2009/12/31(木) 20:23 [EDIT]
>ライムさん
過去の作品を読んでいてもいなくても楽しめるようには書いたつもりですが、知っている人はまた違う楽しみ方が出来るのでは? と思います。
そして「~クリスマスの風景~」とも合わせて読むと、そちらとの繋がりにも気付けるはずです!(笑)

こちらこそライムさんには非常にお世話になりました。
来年もよろしくお願いしますね!!

しかし超期待……。
よし、じゃあ来年はそれを裏切っていこうかと思います。出来れば良い意味で(笑)

ライムさんもよい年を過ごしてくださいね♪

のらねこ きぢ子 | URL | 2009/12/31(木) 22:20 [EDIT]
お久しぶりっす。きぢ子でっす。

年末なのに何故にクリスマスー!?
と思いつつ、読んで「きゃー★」
いいっす!クリスマスサイコウ!
はぁ~、恋愛系もナイスですねー。
(またゾンビが出没するかと思いつつ 笑)

あ、ご挨拶です。
面白いお読み物(←お飲み物にかけてみた。って上手くないね)を一杯読ませていただいてアリガトウございました。
アタシがエライヒトか所さんならトロフィーでも作って表彰するものをっ。
また来年もヨロシクお願いします。
良いお年を~。

匡介 | URL | 2010/01/01(金) 12:59 [EDIT]
>きぢ子さん
年末だろうと年始だろうとクリスマスです!!
僕の心はどこかの国と同じく1月過ぎまでクリスマスを祝うのです!!(笑)

まぁ、スロースターターなのが祟っただけなのですが。。

わざわざご挨拶しに来て頂いて、本当に嬉しいです。ありがとうございます♪
大丈夫です、トロフィーはすでに受け取って心の中に丁寧に仕舞わせて頂きました! よし、今年もトロフィーをもらうために頑張るぞ!!

ということで今年もよろしくお願いします。
きぢ子さんにとって今年が良い年になるよう願っていますので。合わせてとら太さんにもよろしくお伝えください。御二人とも良い年になるといいですね♪

そしてお互い今年も頑張りましょう!!

あ、これ2010年初コメントになりました(笑)
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2010/01/02(土) 22:40 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● お邪魔します
独身奇族 | URL | 2010/01/03(日) 00:43 [EDIT]
初めまして、独身奇族と申します。

 自分のブログで、貴方様の足跡を見つけたので

失礼とは思いましたが、お邪魔します。

 自分に真似のできないような描写表現など、

いろいろと、勉強になりました。

 当方も、駆け出しの小説家もどきですが

今年もがんばって更新を続ける予定なので

よろしくお願いします<m(__)m>

 お身体をご自愛のうえ、ご執筆のほど

楽しみにしております。

匡介 | URL | 2010/01/03(日) 14:18 [EDIT]
>シークレットさん
またまたお越し頂きましてありがとうございます♪
最近はタイトルがやや多くなってきてしまっていて、読み手としては大変だと思います。

気が向きましたら、適当に気になったやつをサラっと読んでやってください。

また感想を頂けると嬉しいですe-420

匡介 | URL | 2010/01/04(月) 10:25 [EDIT]
>独身奇族さん
初めまして。
いえいえ、お越しくださいまして嬉しい限りです。

自分もまだまだ未熟ですが、そこか一箇所でも参考になりましたなら幸いです。
決して「真似できない」ほどのものではないと思うので、盗めるところがあれば遠慮なくどうぞ(笑)

こちらも、今年もどうにか更新していこうと思うので、お互い頑張っていきましょうね♪
また改めて窺わせて頂こうかと思うので、そのときはどうかよろしくお願いします。

期待に応えられるよう頑張りますので、是非是非またお越しくださいませ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ