FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
~近付く聖夜~
 青々とした晴天。暖かそうな風景とは裏腹に、空気は冷たく皮膚を刺す。
 後方から響くエンジン音が鼓膜に届き、高谷京介はふと振り返った。彼の隣に白いバイクが停車した。
「おう」
 フルフェイスのヘルメットを脱ぐと、そこには馴染みの顔が見えた。同じ高校の塚田智明だった。
 京介は挨拶を返した。
「さみィな」
「そうですね」
「これからどっか行くのか?」
「帰るところですよ」
「じゃあ送って行こうか? ほら、乗れよ」
 やや強引に、智明は京介をバイクに乗せた。智明の後ろで、京介は渡されたハーフヘルメットをかぶった。
 凄まじい音で、エンジンが吼えた。2人を乗せたバイクが走り出す。加速とともに冷たい空気が当たってくる。2人は風を切りながら進んだ。


 智明が濡れた部分をタオルで拭いた。
 同様に京介もタオルで水滴を拭う。 
「災難でしたね」
 突然の雨で濡れてしまった2人を見ながら、マスターは言った。
「予報では、今日は降らないとのことでしたが、どうも今日の天気は気まぐれのようだ」
 マスターが微笑む。
 そこにオットリーノが、温かいコーヒーが注がれたカップ2つ運んできた。
「どうぞ」
 渡されたコーヒーを京介が受け取った。「グラーツィエ」
 智明もカップを手に取り、ゆっくりと口元に運んだ。
「熱ッ」
 予想外の熱さに、思わず智明が叫んだ。
「そりゃ淹れたてですから」
マスターが笑った。
「そういえば、もうすぐクリスマスですね。マスターは、クリスマスはどうしているんですか?」
「わたしはいつもと同じですよ」
「オットーは?」
「ナターレは地元に帰ります」
「イタリアに?」
「ええ。ナターレは家族と過ごす日ですから」
 智明はふぅふぅとコーヒーを冷ましながら、ゆっくりゆっくりと喉に通した。「へえ~、わざわざ家族と過ごすために帰るのか」
「そうですよ。向こうでは家族一緒でナターレを過ごすのは普通なんです」
「俺だったらそこまでして帰らないけどな」
「家族は大切にしなきゃダメですよ」
 オットリーノがパンのようなものを2人に差し出した。
「パネットーネです」オットリーノ説明に、マスターが付け加えた。「クリスマスの時期に食べる、イタリアでは伝統的な菓子パンらしいですよ」
 智明がパネットーネを頬張った。レーズン、プラム、オレンジピールなどが入っていて、独特の甘さがあった。「これ、うまいな!」
「grazie di cuore(どうもありがとう)」
 オットリーノは満足そうに微笑んだ。
「おや」
京介が窓を通して外を見た。小さくて白いものがふわふわと舞い降りてきている。雨が、雪に変わったようだ。
京介に続いて、マスターも外の様子に気付いた。「雪ですか」
「もう冬なんですね」
「また一年が終わりますね」
 カフェ・MATATABIの外を、雪がゆっくりと降り注いだ。
 コーヒーの香りを愉しみながら、京介はゆっくりとカップに口をつけた。



<作者のことば>
またもやタイトルが適当。思い浮かばな過ぎる。
これはオマケ的作品です。去年(?)のクリスマスに書こうと思っていたようなやつを思い出したのだが、スムーズに文章が続かなくて思いのほか苦戦。結局、過去に書いていた同シリーズの別の話を合わせてクリスマス用に作り変えた。やはりスムーズな作業ではなかったけれど。

本当は昨日載せたかったのだが、すっかり忘れていたなぁ。
これ、クリスマスより少し前の話なのだけれど、もうクリスマス・イヴだしね。

←応援してくれる人はclick!!
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ライム | URL | 2009/12/24(木) 20:02 [EDIT]
ん~
このハッピー&ファミリー感がクリスマスですね~~^^
どーも私の方はハッピー&ファミリーと真逆のものができてしまったので
いかんな~
とは思うばかり
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください♪

匡介 | URL | 2009/12/25(金) 09:06 [EDIT]
>ライムさん
ハッピー感&ファミリー感とはイメージ通りに伝わったようで嬉しいです♪
ライムさんこそ素敵なクリスマスを!!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ