FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2009/12/23(水)   CATEGORY: 雑記
14年と4年、AVATAR。
昨日はアバターを観た。
久々の映画館。基本的にはDVDを借りて家で観る派なのだけれど、たまに「これは映画で!」ってのがやはりある。アバターは映画館のあの大画面、スクリーンで観るべきだろうと足を運んだ。


実は洋画は出来れば字幕で観たい派で、演技って会話も含めて演技だと思うし、俳優の苦労を思うとまずは字幕で観なくては! と思ってしまう。
なので昨日もそのつもりだったのだが、カウンターでチケットを買うときにふと思ったことがあった。


(あれ? 3D映画って、メガネどうなるんだ?)


アバターは3D映画で、3D映画を観るには専用の3Dメガネ的なのを装着しなければならないのだけれど、メガネ掛けている人はメガネの上から3Dメガネで大丈夫なのか?
ちょっとメガネ・オン・メガネが想像出来ず、仕方ないから「吹き替えで」。この日、俺はダテでそれは外せば良かったし、連れは日常ではメガネ掛けていないくらいの視力なので字幕でなければ観れなくもなかった。


しかしこの選択がのちに活きた。


アバターのその美しい映像。ほとんどがCGなのだが、かなり細かい。精密過ぎる背景の作り込み。
あの壮大なまでの迫力は字幕追ってる場合じゃないだろう、と。見ているか見ていないかくらいの細かいところまで作り上げていて、字幕より映像観なきゃって感じだった。
あの労力はハンパじゃないね。字幕追ってたら映画の何割かを損してしまうね。それくらい圧巻。


ストーリーは王道だけれど、それはそれで良かったし、細かな伏線も効いていたと思う。
王道なら、むしろ王道過ぎた方が良い。王道・オブ・王道の方が観やすい。


いやー、何度かジーンときちゃったなぁ。個人的には良い映画だった。
ラストは、まあ読めなくもないけれど、悪くない。シガニー・ウィーバーが出ていることは知っていたけれど、ミシェル・ロドリゲスも出ていた。結構好きな女優だったりする。カッコイイよなぁ。
そんなわけでアバターはあの作り込まれた美しい映像を堪能するだけで観る価値はある気がする。まぁ、ストーリーが王道の割には構想14年って長いけれどね。きっと世界観を構成するための細かい設定も丹念に作り込んだんだろう。もしストーリーで14年だったら呆れる(笑)

ちなみに3D映画初めて観たのだけれど、あの3Dメガネは改良の余地があるな。
いっそもっとデカくしてスキーやスノーボードで使うようなゴーグルタイプにした方が使いやすい。耳に掛ける部分の後ろが余って、背もたれにもたれにくい。
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ライム | URL | 2009/12/23(水) 17:01 [EDIT]
そうですか、よかったですか
アバター(書くとあばたみたいだ)、CMで絵がキモいから行く気なかったんですが
よかったなら、DVDでみても仕方ないんで映画館いこうかなぁ
しかし最近3D多いですね
DVDやブルーレイや配信映像でいっかぁ……って人が増えて
それで、ぜひとも映画館に足を運んでもらおうって作戦じゃないかと思うんですけどね……

凪水月鏡花 | URL | 2009/12/23(水) 18:14 [EDIT]
3Dは嫌いです。
えぇ、眼鏡・ON・眼鏡が嫌だから。
眼鏡かけないでも3Dになりませんかねー?

匡介 | URL | 2009/12/23(水) 19:27 [EDIT]
>ライムさん
あくまで個人的感想なので、観に行かれた場合、責任は取れませんが(笑)

でもグラフィックは素晴らしかったと思います。
確かに生物は全般的に爬虫類のような質感を漂わせていましたが(笑)

ストーリーは映画慣れしている人の中には物足りなさを感じる方もいると思いますが、自分は王道的なわかりやすさ、ある種の安心感や安定感はエンターテイメントとして大事な要素のひとつだと思っているので個人的にはアリでした。

確かに3Dは、映画館に足を運んでもらたいっていうのもあるんでしょうね(の割に3D料金取るのはどうなのだろう?)。あとは劇場での撮影を防ぐ目的もあるようです。
3Dメガネ通さないと、ブレた映像になってしまうので。
まァ 何にせよ3Dメガネは改良して欲しいです(笑)

匡介 | URL | 2009/12/23(水) 20:37 [EDIT]
>凪水月さん
3Dの奥行き感は凄いんですけどね~。メガネ着用者にはツライですよね!

コンタクトにしろってことなのか!?

残念ながら、何も着用せずに3Dを体感するのはまだ先になりそうですね~。
先に視力を回復させる技術の方が発展しそうな気がします(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ