FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2008/07/01(火)   CATEGORY: 雑記
萬紅堂の日常。
ここは萬紅堂(たぶん本屋)という架空の店を舞台としたお話の世界。
萬紅堂の店長である匡介(きょうすけ)とたったひとりの従業員である小町(こまち)が今日も働く。




匡介「平和だねぇ」
小町「もうッ!『平和だねぇ』じゃありませんよっ! 仕事してないじゃないですか、仕事!!」
匡介「はははは。何を言うかね、僕は俗世を捨てたんだ。そんなものあるわけないじゃないか――」
小町「はいはい、現実逃避はそこまでにしてください」
匡介「小町君、それを言ってはお仕舞いだよ」
小町「いいから仕事してくださいよー」
匡介「仕方ないね。少しだけ頑張るとするか」
小町「その意気です!」
匡介「あー、そういえば作品の方をまとめといてくれないか? 一覧みたいなの作っておいて」
小町「えー、私がですかぁ!?」
匡介「うん。キミにも仕事を与えないとね」
小町「あぅ――、了解しました」
匡介「よろしく頼むよ」


――ということで、近々作品一覧作ります。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

めたふぁー | URL | 2008/07/07(月) 02:04 [EDIT]
今更なコメントです...すいません><
こっそこっそ、毎日覗いているんですが
実はこのシリーズが以外と一番楽しみだったりします笑
他の作品は、すでに読んだことがあるものだったりするので...
こう、力抜いてます感がなんだかきーもちーいねええええええええ
とまぁ、こんな調子に常にあほです、おなか痛い...
というわけで、さよらなぅっふぅ

匡介 | URL | 2008/07/08(火) 15:30 [EDIT]
>めたふぁーさん
スミマセン。
さっさと過去のを載せて、早く新作に移れるように頑張ります!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ