FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2009/06/01(月)   CATEGORY: 雑記
部屋を片付けたい、とここ最近思っているのだけれど。
5月26日
・MR.BRAINで寝ている間に血糖値は下がると知ったので、朝に血糖値上げてみた。ブドウ糖で。…しかし授業は午後からだったので効果は不明。つーか朝4時起きでフツーに眠かった。睡眠大事。
・残金2千円。どうにか今月を乗り越えられそうだと安堵。(しかし土日に友人に会うことになるかもしれない。交通費だけで千円近く失うことに)
・一大プロジェクトを企画中。友人と初の打ち合わせ。
・「ダンテズ・ピーク」を観た。何の予備知識もなく観たら、主演がピアース・ブロスナンだった。そしてリンダ・ハミルトンも出ていた(最初名前わからなくて調べたけれど、とりあえず「ターミネーター」のサラ・コナー役の人だなぁ、とか思って観てた。「ターミネーター」以外で観るの初かも)。山の麓にある小さな町が舞台で、地元民には死火山だと思われていたのが実は休火山で、山が再び火山活動を開始してしまうというストーリー。ピアース・ブロスナンは好きなので面白く観れた。

5月28日
・仏教面白い。

5月30日
・友人と会う。
・ハプニング続出。
・優柔不断な友人が、ついにパソコンを購入(今回のパソコン選びのために、どれだけ俺が頑張ったか。意外にかかる往復料金で池袋に出ること数回。彼の代わりにパソコンについて調べ、店員に訊き、最終的に悩む友人をどうにか納得させた)。
・記念すべきパソコン購入に、祝杯をあげる(笑)


5月31日
・MR.BRAINの「不思議に思わないことが不思議だ」という台詞に、「あ、」と思った。この世に於いて、科学で証明できないことはない(と科学者は思わねばならないのではないか)。証明していないことを否定するのは、科学的ではない。ある意味、幽霊を信じるよりも非科学的だ(と俺は思う)。別に幽霊を信じろ、というわけではなく、幽霊が存在する証明、存在しない証明をしないのならそれは科学ではない。科学は物事を証明する分野だと俺は思っている。証明しようとしないことは、非科学的だ。
・「英雄の条件」を観た。トミー・リー・ジョーンズとサミュエル・L・ジャクソンの2大俳優共演作。ベトナム戦争でチルダース(サミュエル・L・ジャクソン)に命を助けられたホッジス。その28年後に2人は大佐になっていた。ホッジス大佐は退役が決定していたが、チルダース大佐は民衆のデモによって包囲された米国大使館に、大使館員の救出を命じられる。緊迫した状況の中、大佐は暴徒と化した民衆への銃撃を命令した。その結果、83人の民間人死者が出た。チルダース大佐はその責任を問われるため軍法会議にかけられるのだが、彼に頼まれその弁護をホッジス大佐が引き受けるのだった――。「民衆は武装していたのか?」「どちらが先に銃撃を始めたのか?」ということを争点に、チルダース大佐の命令は正しいものだったのだろうか、という映画。ラストの方で、ベトナム軍の大佐がチルダース大佐に敬礼をするシーンが少し感動だった。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ