FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2008/06/14(土)   CATEGORY: 「怪奇蒐話」
「ベッドの下」
ベッドの下から音がする。何かが蠢いているような音。
ねずみ? いや、ゴキブリの方が可能性は高いだろうと思う。

ガサゴソ。ガサゴソ。

正直、ゴキブリは苦手だ。
しかし放っておくこともできない。

僕はそーっとベッドの下を覗いてみた。


手があった。


手首から上だけがベッドの下にあった。
それの指が生き物の足のように器用に動いてこちらへと向かってきた。


僕は腰が抜けて動けなくなった。
←Click me!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ