みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/22(土)   CATEGORY: 雑記
be aLIVE!!!!
こんばんは。匡介です。
今日の法事。ネクタイが最高の出来でした(笑)

そして夕方からはギルガメッシュのライヴに。
当日券残ってるか心配だったけど、意外と余裕だったぜ。

初めて行くライヴハウスだったし、ヴィジュアル系バンドのライヴも初だったし、ひとりで行ったんで、すげえ緊張しました(笑)

ダイジェスト的に紹介。

①ライヴハウスの入り口で何故か絡まれる匡介。
どうしてか「なにガンとばしてんだよ?」「ああ? 喧嘩売ってんのか?」「殺すぞ」「オモテに出ろや」などと過激な言葉で責められました。実際は場所がここであってるのか見てたんだけど、何故かガンとばしてることになってました。

でも高校がちょっと不良が多いところだったので、若干の慣れもあり、素直に謝っときました。

もう小物感バリバリだったし、言葉の割には怖くなかったです。むしろこの暗い中でサングラスかけてて見えます? とか思ってたり(笑)
そもそもライヴ前に問題起こそうとするやつは本物のワルかバカに違いない。

ちなみにツボだったセリフ。

「どこの組だよ?」

どこも何も組になんか入っていませんが(笑)
俺のどこを見たらそう思えるのか非常で不思議でなりません。きっと変な人です。

ちなみに帰りのときには違う人に絡んでました。
やっぱ、そういう人っぽいです。ちょっと迷惑ダヨネ。

②妹の友達
「すみませぇ~ん」
「?」
「○○ちゃんのお兄さんですか?」
「あ、ハイ」

妹がライヴに行くと知って、俺の服装教えやがりました(笑)

しかし声をかけてくるところが凄いと思う。
最近の中学生は怖ろしいね。度胸があるね。

でも「あ、ハイ」(つい敬語(笑))って言ったら、去って行きました。
本当に確認だけかよ(笑)

③よくわからないゲストバンド
ゲストバンドが2組いたんですが、2組目のよさが本当にわからずひとり盛り下がってました。
このあとギルガメッシュが出てきても本当に楽しいのか不安になってくるほどに。

まぁ 音楽性の相違でしょうね。

④すんげえカッコイイ、ギルガメッシュ!!
俺、ライヴに行ってもそんなに「ウオー!!」って感じであからさまに盛り上がるタイプではないんですが、もう1曲目から凄まじくカッコ良くて、右腕ガンガン挙げて、ビョンビョン跳んで、グヮングヮン動いてました。

何か動かずには居られなかった(笑)

初めてヘッドバンキングする人の気持ちがわかったし、実際にやっちゃった(笑)

V系バンドのファンのいいところはライヴでの一体感かもしれない。
もう会場全体で盛り上がってて、あまり盛り上がりにバラつきがなかった。

というかギルガメッシュの凄さ?(笑)

でも熱はラスアラのライヴ超えはしなかったなぁ。
あのライヴは凄まじい熱量で、すごい希少な体験だったと実感。

V系ファンのイメージが、もうバリバリ!!みたいな感じだっただけに、もっと激しくいっちゃってもよかったと思った。

もう本当に「狂っちゃう」くらいに(笑)

本当に楽しくて、ああ、ライヴだ!って思った。
なんかライヴからアライヴって感じ。生の実感を強く感じた。とても充実した時間だったと思う。


実はギルガメッシュを知って1週間経たないくらいなんだけど、すごいハマってしまいました。
それくらい本格的なサウンドで、海外バンドを彷彿させるような感じです。

サウンドは凄まじくへヴィなんだけど、ヴォーカルがすごいポップで、そのバランスが絶妙!

近いうちにアルバム制覇します!!(笑)
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2008/11/24(月) 15:24 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

匡介 | URL | 2008/11/25(火) 03:08 [EDIT]
>シークレットさん
まぁ 何事もチャレンジですよね!(笑)

ちなみに、ダンディズムのカケラもないので、それはどうかと。。
一体どんなイメージになっているのか非常に不安です!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。