FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2008/11/05(水)   CATEGORY: 雑記
WEATHEEEEERRR REPOOOOOOOORRRT!!!!(豪雨+雷鳴+霰)
本日の天気。
夕方から豪雨。アンド雷鳴。さらに霰。


こっちはめちゃめちゃ天気悪い!!


屋根を打つ音が半端ねェー!と思ってたらアラレっすよ、アラレ。
しかも豪雨としか呼べないほど、豪雨だし、雷は好き放題轟いてるし、何か片手の傘が頼りないと思うほどの天気でした。


そういえば先日「レッドクリフ」観に行ってきました。
そして上映数分で、すでに涙が頬を伝うという過去にない事件が発生。

何か最前線の兵士を見てたら、彼らが恐怖と闘いながらも自分の信じた君主(もしくは道)の為におそらく最前線では死ぬであろう戦いに参加するという別に全然語られても何でもないエピソードの勝手に想像し、何か「戦いの前もずっと大変だったんだね」と泣きながら観てました(笑)

何か凄まじく涙腺がゆるくなってる最近に危機を感じる。
本当によく勝手に想像で補足して泣いてることが多いんだなぁ、これが。

しかもやっぱり最前線の兵士はたくさん死んでしまって、またもや涙。

そうです! 名もわからぬ兵士の為に僕は泣きました!!
…なんて言うと少しはカッコイイ?(笑)

カッコイイといえば、孫権役の張震(チャン・チェン)がカッコイイと思ったなー。
あと関羽の圧倒的な強さがカッコイイ!! それから趙雲もやっぱりカッコイイよね。

ちなみにいうとストーリーは趙雲の単騎駆けのあたりから始まりました。

劉備の子、阿斗を助ける趙雲の有名なエピソードのとこです。
でも関羽好きだなぁ。何ですぐ武器投げちゃうのかわからないけど(笑)

ちなみに甘興(甘寧の基にした架空の人物)が中村獅童なのが個人的には残念。
獅童が出ることは知ってたけど、キャスティングそこかー、みたいな。甘寧は好きなキャラなので。

まぁ そんなこんなでPartⅡが楽しみです。

[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ミーコ | URL | 2008/11/05(水) 21:37 [EDIT]
霰とゆうか雹だと思いますっ。おっきかったし。おっきかったし。
Ⅱの前にまたⅠを観ないとついていけなそ~。イマイチ誰が誰だか…やっぱりパンフレット必要かもねー。

haruko | URL | 2008/11/05(水) 21:38 [EDIT]
こんばんは。
ご無沙汰してます。

「レッドクリフ」私も観たいなぁっておもってました。
・・・いえ、単に金城武とトニーレオンが好きなだけなんですが(滝汗)。

色々感じて泣けるって素敵ですね。
人間の想像力とか感受性とか改めて不思議だなぁって感じました。

これからもドンドン泣いて(!?)感性を磨いてくださいね~。


匡介 | URL | 2008/11/05(水) 21:44 [EDIT]
>ミーコ
どこから雹? でも見た目は霰だと思ひましたョ。
まぁ Ⅱは4月らしいしね。結構忘れてそうな時期やなぁ。

でもレンタル新作かもしれない!!

匡介 | URL | 2008/11/05(水) 21:51 [EDIT]
>harukoさん
こんばんはー。
トニーレオンは名前だけ知ってて、顔がイマイチわからなかったんですけど、今回ちゃんと覚えました!!(笑)

何か、誰かが死ぬシーンより自分が死ぬのがわかっててもやるシーンに弱いみたいです。その自分の中にある恐怖などを乗り越えたことに感動しますね。
命を懸けるまでのプロセスを想像するともう涙腺がゆるゆるですよっ!!(笑)

ちなみに最近はCMの一瞬でも泣けるのでヤバイです。
俺、そんなに想像力豊かだったかな?

宝來りょう | URL | 2008/11/09(日) 23:52 [EDIT]
最近、涙腺がゆるくなってまへん?(そろそろジジイなんか???小声)
一応、感受性が豊かなんですねwwといっておきますわん。

レッドクリフ、あたいも観たいな。
ただ・・・・あたいの金城くんにヒゲがあるのかと思うと哀しくて夜も眠れません。

匡介 | URL | 2008/11/10(月) 11:16 [EDIT]
>宝來さん
だから涙腺ゆるくなってるって言ってるじゃないですか!(笑)
何故そこまでヒゲに抵抗あるのか理解し兼ねますが、夜はちゃんと寝てください。疲れとれないですよー。

ただ、別に金城 武が好きでも何でもない彼女ですらカッコ良く見えたって言うほどですから、問題ないんじゃないでしょうか? 観に行った友達も金城はカッコ良かったと言ってましたよ。
逆に中村獅童は不評です(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ