FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2008/11/07(金)   CATEGORY: 雑記
SBR。
こんにちは。匡介です。
最近『スティール・ボール・ラン』読み始めました。まとめ読みする頃合いを見計らっていたんですが、そろそろちょうどいいかなって。

もうすんごくジョジョっ子だから、第7部ってすごい嬉しい。

ただスタンドもバリエーションに限界がきてるかなって気はして残念。
まだ最初の方だけどアンドレ・ブンブーンのスタンド能力は「バステト女神」と「メタリカ」を合わせてようなものだったし(スタンド名は出てこなかった)、L.A.ブンブーンのスタンドはイギーの「ザ・フール(愚者)」に近い。ブンブーンファミリーの中でベンジャミン・ブンブーンは何とも言えないけど、まぁ 考えようによっては「ダイバーダウン」が似たようなことを出来る。
ポーク・パイ・ハット小僧の「ワイアード」は完全に「ビーチボーイズ」を変化させたものだったよなぁ。

まぁ 「リトルフィート」と「グーグードールズ」みたいに以前から似た能力は登場してたんだけどね。
「グーグードールズ」といえば(スタンド名はわからないけれど)ポコロコのスタンドがヴィジュアルデザインそっくり!! 今まで能力は似てもスタンドのヴィジュアルがあそこまで似てたことあったかなぁ?
まぁ 「グーグードールズ」はどちらかというと好きなデザインのスタンドだからいいんだけど。

そういえば、ジョニィのスタンド「タスク(牙)」は精神エネルギーがヴィジュアライズされないタイプのスタンドで残念。

個人的には『ストーン・オーシャン(第6部)』のスタンドデザインが好きなの多いなぁ。
「ウェザー・リポート」とかカッコイイよね。


先日、【血液ゲノム】なるものをやりました。

結果は、、


怠けがちな天然B型


全く行動が読めません。


「全く」ってどんだけやねん(笑)


真剣度: ★★☆☆☆
天然度: ★★★☆☆
適当度: ★★☆☆☆
きまぐれ度: ★★★☆☆

まぁ 妥当。たぶん実際は適当度ときまぐれ度はもっと上かな。

性格
現実的であり利己的であります。好き嫌いがはっきりとわかれるでしょう。気分次第でころころ言うことが変ります。本人にもわかりません。自分のことは自分でやるという信念を持ちます。他人に何か頼まれるとイヤとはいえない性分です。しかし他人には非常に厳しい性格をしています。また自分が思っているより無責任なため、他人より自分を優先します。平気で他人を利用してしまうところがあります。怠け癖があります。

んー、確かに気分屋で、頼まれると断りづらい。無責任だし、怠け癖もある。
だけどそんなに冷酷ですか?(笑) なんか悪人みたいやーーん!

仕事
時期によってやる気の上下があるでしょう。手抜きもします。人助けが好きですが見返りも求めます。尊敬できる上司や社長を求めます。他人に対してはあまり情で判断せず、とにかく結果主義です。面倒なことはやりたくないところがあり、他人のペースには巻き込まれないように行動します。自己中心的です。とにかく面倒くさがりです。

上下は激しいし、手抜きします。見返り求めてるかはわからないけれど、人助けできるならしたい。
尊敬できる人について行きたいし、面倒なことはやりたくないし、自己中心的。

うわおっ!! 当たりまくりやないですか!!

恋愛
たまーにテンションあがってイケイケになります。ついつい損得勘定で相手の女性のことを見てしまいます。また、温和で無難な付き合いを望んでいます。相手の女性を尊重します。気が合う人は、はっきりいって稀です。慣れるとすぐ相手に適当になり、相手に合わせるのが疲れるときがあります。なんだかんだ下心がむき出しです。あなた自身はあまりやる気がありません。 イケイケに(笑)

そんな損得勘定で見たことはないと思うなぁ。気が合う人は稀かもしれないけど。
確かに相手に合わせるタイプだけど、そりゃ誰だって疲れるときはあるはず!!

しかし、なんだかんだ下心がむき出しってもしかして俺のこと知ってるのか?(笑)
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

兎羽 | URL | 2008/11/07(金) 04:08 [EDIT]
ジョジョっ!
もう好きでたまらない作品ですよっ♪
お気に入りは吉良吉影です(笑)
素晴らしいキャラクターでもう、いろいろ憧れて仕方ないですね。

匡介 | URL | 2008/11/07(金) 05:27 [EDIT]
>兎羽さん
ジョジョ仲間ですね♪
あの濃い世界観は他では真似できないと思います。完全に独自の世界観を作り出していますよね。今思いつく中ではジョジョとドロヘドロくらいです、あそこまで濃いのは!!

てか、スタンドってひとり1体なのに吉良って「キラークイーン」と「シアーハートアタック」の2体じゃないですか? あれは左手が変化したものだからいいのか?(笑) ←あくまで原則としてで、「バッド・カンパニー」や「ハーヴェスト」なんか複数体なのもいますが。
まぁ 「バイツァダスト」は「キラークイーン」が変化した能力なのでいいとしても(矢に2度射抜かれたってことは、レクイエム並のスタンドに変化したってことだと思うので)、確か「キラークイーン」と「シアーハートアタック」って同時で出てましたよねー! なんか吉良のスタンドはズル過ぎる!!(笑)
「エコーズ」も進化して能力をいくつか使えるし、のちにプッチ神父のスタンドも何度か変わっちゃうけれど、吉良のように複数の能力を使えたキャラはあとにも先にも彼だけだと思います(笑)

何かジョジョトークをすればキリがないかも(笑)
ちなみに兎羽さんは「スティール・ボール・ラン」の方も読んでるんでしょうか? まだ5巻までしか読んでないのですが、ジョジョとしては物足りなさを感じるのは俺だけですかね?? 出てくるのはスタンド能力だけで、スタンド本体の具現化(ヴィジュアライズ)が少ないからかもしれないですけど。過去とはスタンドの方向性が違うように感じます。

兎羽 | URL | 2008/11/08(土) 02:32 [EDIT]
スティール・ボール・ランも読んでますよーっ♪
物足りなさは同感ですねっ。
個性というか、一人一人がめっちゃめちゃ濃くて主役を凌ぐ魅力をもっているのがジョジョだ!って思うので、やや薄味に感じてしまいますねーっ;
また、パラレルワールドのお話として読んで欲しいってコメントをどこかで見た記憶があるんだけど、馴染みのある名前の人物が端役にされているのはやっぱり抵抗が・・・(笑)

シアーハートアタックはたしかコーイチくんのくだりで軽く説明ありましたねっ。左腕から発射されたものだから、左腕だけにダメージがあるとかナントカ。
殺人はする、そして平穏に暮らしてみせると言い放ってしまう吉良はやっぱり歴代で一番好きですねっ(笑)

匡介 | URL | 2008/11/10(月) 10:50 [EDIT]
>兎羽さん
それぞれに濃いのかもしれないけれど、その個性が発揮されてない感はありますよね!
たしかに馴染みある名前があるけれど、彼らの先祖もしくはパラレルワールドとして考えて欲しいって1巻あたりに書いてましたねー。おぉー! お前もかっ!!って思うキャラが出てくるけどアッサリ退場だったりしてますね(笑)

分離するなら別の能力持てるって反則技ですよ!(笑)
てか、考えてみると自動追跡型のスタンドって本体にはダメージ等がフィールドバックすることないですよね(「ブラック・スミス」が撃破されたことにポルポは気付いてなかったくらいですし)。でも「キラークイーン」の左腕だから吉良の腕にもダメージがあったんでしょうねー。なるほど。
吉良は川尻としてならそれなりに幸せな暮らしが出来たような気がします。吉良を倒したあとも何か寂しげな感じがありましたよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ