FC2ブログ
みやび萬紅堂。
かつて小説に似たものが書かれていた所、その残骸。
DATE: 2008/08/31(日)   CATEGORY: 短篇小説
キラー・マシンガン!(前編)
 まるで巨大な公園であるかのような緑にあふれたその広大な土地は、その<公園>の中央にそびえ立つ大きな屋敷の主、コルネオの所有地だった。コルネオのその所有地の広さは、門を通ってから屋敷に辿り着くまでに少なくとも10分以上はかかるということからも、それがかなり広大な面積だということが計り知れるはずだ。
 <公園>の中央にある彼の屋敷は、最新鋭のセキュリティーによって護られていた。屋敷だけではなく、その広大な<公園>のいたるところにまで設置された監視カメラに、サーモセンサー(対熱センサー)などのセンサーが張り巡らされ、常時100人を超えるSPが辺りに控えていることから、そのセキュリティーの堅固さとコルネオの強い警戒心が窺えた。

***

「ここがやつの屋敷か。」
 金髪にグレイの瞳、そして銀色のロングコートに身を包んだその男の名はサンス。腕のある殺し屋としてその業界に名を馳せている。そんな彼の通り名は“Silver Devil(銀色の悪魔)”。それは彼の愛用する銀色のロングコートと彼のその悪魔的な強さに由来する。
「ああ、ここさ。といっても目的の屋敷はここからじゃ見えないけどね。」
 プラチナブロンドの短髪の男が言った。その男の表情は微笑んでいるように見えるが、それは彼の元々の表情で、実際には必ずしも微笑んでいるわけではない。そして、その男の眼前には見渡す限りの緑が広がっていた。
「オイオイ、ハリー。これ、本当に入れるのか?」
 ハリーと呼ばれたプラチナブロンドのその男が答えた。
「その質問、そのまま僕もしたいよ。」
 そう言って、ハリーは笑った。今のは彼元来の表情ではなく、本当に笑ったようだ。それを見てあきれ顔でサンスが言った。
「オイオイオイ、無計画なのかよ。」
「計画性のなさはキミと同じさ。」
 ハリーはもう一度笑った。サンスは、やれやれ、と小さく呟いた。
「それでどうする?」
「うーん。普通に入ってもすぐバレるだろうしなぁ。運良く入れたとしても、ここから屋敷までの距離は…遠すぎるよねぇ。」
 二人は考え込んでしまった。数分間の沈黙が訪れたが、二人に解決策は浮かばなかった。
 そこに一台のトラックが現れた。どうやらトラックは<公園>の中に入っていくようだ。<公園>の中にある建物といえコルネオを屋敷しかない。
「あれに忍び込むっていうのはどうかな?」
「仕方ねェ。それでいくか。」
 二人は<公園>の中へと向かうトラックを追いかけた。

***

「侵入者がいるようです。」
 コルネオの部下の一人が彼に報告をした。
「そうか。いつものようにすぐに始末しろ。」
「はい。」
 白髪をオールバックにした老人は深く溜め息をついた。また侵入者か。やっとのことで手に入れた地位がこれだ。せっかくの金もこの屈強な警備に費やさなければならない始末だ。
「何だ? まだ何かあるのか。」
 コルネオはまだ自室から出ていない自分の部下を見た。
「あの…ご報告するまでのことかわからないのですが。」
「言ってみろ。」
「侵入者の一人は銀のロングコートを着た金髪の男だそうです。」
 コルネオは片眉をかしげた。銀色のコート?
「それは銀色の悪魔か?」
「わかりませんが、おそらく」
 コルネオはもう一度深い溜め息をついた。
「わかった。さがれ。」
 あの噂に名高い殺し屋が入ってきたとは。考えただけでも頭が痛くなる。

***

 ハリーは運転席でハンドルを握り、トラックを走らせていた。後方からは数台の車が追ってきている。
「オイ、ハリー! もっとスピードは出せないのか?」
 サンスがせかす。
「まあまあ、そう言わずに。これが限界速度なんだよ」
「嘘つけッ! もっと出せるだろうが!」
 サンスはトラックのスピードメーターを指さして言った。
「僕が運転できる速度の限界だよ!」
 ハリーは笑う。
「シット!」
 サンスは不機嫌になった。

***

「侵入者がいるらしいぞ。」
 屋敷の入口を護衛するSPの一人が言った。
「でも、ここまで辿り着けるか? ここまで来る前に他のやつらがやっちまうさ。」
「まあ、そうかもしれないけどよ。」
 SPの二人がそんなことを話していると前方からトラックが暴走し、こちらに突っ込んでくるのが見えた。
「おいおい、なんだありゃ!?」
 そのままトラックは屋敷の玄関へと突っ込んだ。
 車体から煙の上がったトラックのドアが開く。
「どうやら、無事に着いたようだね。」とハリーが言ってトラックから降りた。
「これのどこが無事だよ!」そう言いながらサンスも降りる。
「僕らにとってこれくらいは無事の範疇じゃないか。」
 ハリーが笑顔でそう言うと、サンスは返す言葉もなかった。
 そこで屋敷のSP数人がトラックの方へと駆けつけてきた。

 バァァァン。

 駆けつけたSPの一人が倒れた。
 ハリーは続けて、後ろを振り向かずに銃だけを後方に向け、引き鉄を引いた。

 バァァァン。
 ハリーは相手をまったく見ずに、銃弾をSP一人に命中させてしまった。これで倒れたSPは二人となった。
 ハリーは人さし指をトリガーに引っかけたままクルクルと銃身を回し、もう一人のSPに向けて撃った。それを三回続けて撃つ。合計で五人のSPたちが床に倒れた。
「とりあえず奥に進もうか。」
 そうハリーが言った。二人は屋敷の奥へと歩み始めた。

***

「ちょっと~! 今の音なに!?」
 肌は浅黒く、金に染めた髪を弾けた花火のようなツインテールにした女の子が言った。彼女のメイクは独創性にあふれている。
「舞、少し静かにしなさい。」
 長い黒髪の女の子がそう言うと、マイと呼ばれた女の子は「はーい」と返事をした。
「でも静ぁ。今の音ちょっと大きすぎない?」
「何か命令がない限り、私たちには関係ないわ。」
 長い黒髪に白すぎる肌はどこか日本人形を思わせた。黒く、大きな瞳がさらにそれを強調させている。彼女は日本の高校の制服を着ていることなどから、どうやら日本人であることは確かのようだが、実際に女子高生かどうかは定かではない。

 そこへ男が入ってきた。
「コルネオ様がお呼びです。」
 シズカはマイに目をやった。マイは暇で暇で仕方なかったので、暇の解消ができるかもしれないと思い喜んだ。
「さあ、舞。行きましょう。」


<作者のことば>
「ガンマン!」の続編。
昔に書いたので(しかも遊びで)、文章は粗い。

個人的なイメージは「B級映画のような」。

書いてる分には楽しかった記憶があります。
読んでる人も気軽に楽しめれば幸いですね。

←Click me!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ