みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: 2015/07/23(木)   CATEGORY: 雑記
***
前回更新したときは、(来週にでもMUKURO更新できたら…)と思っていたのだが、気付けば1ヵ月以上も経っていてびっくり。
少々忙しくて経過日数の感覚がおかしくなってました。来週は休みが1日しかないし…書きたいけど時間が足りない…。

時間がないと言いつつも、この1ヵ月ちょっとの間に『アベンジャーズ2』と『ジュラシック・ワールド』を観ました。

『アベンジャーズ2』は前作よりも好きかもしれない。というかMCUの中でも特に好きです。前作はまだ顔合わせ的な感じが強かったので、そこからさらに踏み込んだ関係性を描いていたところがよかった。あとスカーレット・ウィッチの心の変化がアツかったですね。ほかにも細かいところでグッとくるところいっぱいあったんですが、オープニングの戦闘からヒーローがひとつの画面に揃って大暴れするのがアメコミ!って感じで、楽しすぎました。
でも前作と一番違うところは、MCUの過去作すべてが2では繋がっているという感覚が強かったところ。過去作がそれぞれのバックボーンとして存在していて、見えないところでの世界観の広がりを感じられました。これがMCUという過去に類のない企画か…という感動があったわけです。おかげで今後も楽しみになりました。

『ジュラシック・ワールド』は1・2・3と過去作の要素が全部詰まった約15年ぶりのシリーズ最新作。ついにパークが開園というだけでテンション上がります。過去作のキャラクターは出てこないものの(個人的には3の少年が大きくなった姿とか見たかったですが…)、ラプトルなどおなじみの恐竜は登場。特にラプトルはシリーズ史上最もかっこいいといっても過言ではないです。せっかくのパーク開園なので、もっとアトラクションを楽しむシーンが長くてもよかったと自分の好みでいえば思いましたが、充分面白かったです。1作目のオマージュ的なシーンもいくつか見られたので、過去作をおさらいしてからの方がより楽しめるかも。モササウルスみたいなダイナミックなモンスター好きなんだなぁ。。(そういうことをMUKUROでもやっているつもりだけど、映像の迫力には敵わない感じがちょっとある。。。)

そういえば『マッドマックス:怒りのデスロード』も観たんでした。ダイナミックな映像とドラマティックな展開がアツかった…。
『ジュラシック・ワールド』もそうだけれど、近年は過去の人気シリーズの新作が多くなってますね。『猿の惑星:創世記』あたりからそういう流れが出てきている気がします。今後は『スター・ウォーズ』や『エイリアン』の新作も控えているわけだし。少し前まではリメイクブームでしたが、最近はそういう流れがきているようです。個人的には、好きなシリーズの新作というのはやっぱり嬉しいし、今の技術や新進気鋭のクリエイターによって物語がアップデートされることに興奮しないわけがない。
…なので、今のこの流れは案外臨むところ。リメイクと違って、過去シリーズ作とどのように折り合いをつけるのか、どう繋げるのかという点で見るのも結構面白いです。映画の『スター・トレック』は、続編ではなくリブートというカタチだけれど、過去のシリーズとも上手く繋げ合わせていて、このあたりなかなか手腕が問われるような気がします。

こうやって面白い映画に刺激を受けつつ、面白い小説を書いていければ言うことないのですが……。
時間見つけて少しずつMUKURO書き進めなきゃな。。ほかの小説も書きたいなぁ。。。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ