みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/09/05(金)   CATEGORY: 雑記
書き方について。
黙示録篇を進めるために、MUKUROを読み直している。
地獄篇を5話まで読んだあと、黙示録篇を現在最新話である第6話目まで読んだのだけれども、地獄篇の最初と黙示録篇では、全然文章のタイプが違っていて驚いた。書くことに関しては、最近読んだアレの文章よかったから書き方マネしてみようとか、こういう書き方はどうかな、とか思いながら、そのときそのときでいろいろ試しつつやっているのだが、それにしても――と思った。ここまで大きく変化してたのか、と。

地獄篇♯1~5のような文章は、どう書いていたのか、今はもうよくわからない。過去どうやってそのような表現を思いついたのか皆目見当もつかない(不思議だ)。今は、地獄篇初期とくらべて、より写実的で直線的な文章かな、と思う。言葉と言葉のあいだに存在する「間」の取り方も全然違うし、文章の持つニュアンス、雰囲気みたいなものもまったく別物だ。
文章そのものの稚拙さも目立つけれど、比喩やニュアンス、含みみたいなものは昔の方が幅が広いというか、奥行きのようなものを感じてしまう。読みやすいかは別として。
たとえば改行に関していえば意識的に変えてきたので、戻そうと思えば、以前のような改行のリズムに戻せるのだけれど、じゃあ地獄篇初期の頃のような表現で書けるかといえば、書けない。そこのところはなんか悔しいな、と思う。

昔のような文章で書きたいと必ずしも思っているわけではないのだが、やはり手持ちの武器として、書ける文章の種類、表現の種類は多いほうが良いように思う。そういう意味で、前みたいに書けそうにないのは、悔しい。書かないのと書けないのは当然ながら、まるで違う。ここのところ似たような表現、同じ表現を繰り返し使っていて、もっと幅が欲しいなぁ、と思っている身としては、昔の方がそのあたり出来ていた事実を目の当たりにするの、なかなかしんどいなぁ。どうしたら新たに増やしていけるかなぁ。(結局は書き続けるしかないのかもしれないが。……何度も休載状態になり、書かない期間つくってしまった自分がわるい。)

そして黙示録篇。書いているときは、すっごく良い調子だと思っていたわりには、1~2話は読みにくいと感じた。単純に、改行が少ないせいかもしれないが、似たような改行比率でも3~4話(鼠のエピソード)はそんなことないと自分では思う。むしろ3~4話は自分的には好きな文章だ。どっちも楽しく書いていたはずなのに、何が違うのかなぁ。ただ2話目に関しては(おや、こちらも鼠のエピソードだ! 黙示録篇、鼠ばっかりだな!)若干実験的な書き方をしたので、そのあたりがうまく文章に馴染まなかったのかもしれない。この書き方は、今度取り入れるか悩むところだ。何度も書くことでモノに出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。
ちなみに黙示録篇は、意図的に改行を少なくしている。改行が多い方がブログ的には読みやすいことはわかっているけれど、今までのブログに寄せた書き方から脱却したいなぁ、という意識が少しばかりある。これまで、気軽に読めるように1話の分量は短めに、かつ毎回1話のなかでアクションなどの展開をつくることを意識して書いてきたのだが、そういう書き方からも脱却したい気持ちが芽生えてきている。そうなってくるとブログではない形式で発表していった方がいいのかもしれないけれど、もう少しブログでやっていこうと思っているので、このあたりの折り合いをどうつけるかという問題も、自分のなかにはある。

基本的には、特に頭を使って書くタイプじゃないのだが、どういう風に書いていくのかという点に関しては、最近頭を悩ませ続けている。面白いものが書ければ、それでいいという気もするけれどね。

結局のところ、ずっと悩んでいるのはストーリー展開などではなくて、どのような文章で書くのかということなのだと思う。
ストーリー展開やどういった視点で書くかというアイディアならまだ出てくるのだけれど、どのような文章で書けばいいのか、全然わからない。そして毎回「とりあえず書くしかない!」と思うのだ。何度も何度もふりだしに戻り、同じことで悩み、問答しているのだけれど、こういうのってある日「これだ!」と閃くようなものなのかもわからない。書いているうちに解決していくものなのかもしれないけど、それってしんどいなぁ…と毎回思うのだった。


(ということで黙示録篇の再開に向けて「書こう!」という気持ちにはなっている。)


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*4 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。