みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/12/08(土)   CATEGORY: 雑記
長い散文・理想と現実・思考の末 (2012.12.8)
MUKUROは全然書き進めていませんが、1月中には再開できるように今年中に準備を進めたいと思います。
来年のうちに完結させるのが目標です。一応。

こんな何年もかけての話になると思ってなかったんで、今となってはそれなりの整合性とかつけなきゃいけない気がして困ってます。文章的にも稚拙だし、ストーリー性が濃いわけでもドラマ性が濃いわけでもないと思っているので、なぜここまでしてMUKUROを何年もかけて書いているのか本当にわかりません。
それにMUKUROの終わりが遠すぎるせいで執筆離れが進んでいる気すらします…。(本当ほかのもの載せてないな…。)

しかしながら、ここまできて未完にしたくない。けれど もう少しマトモな体裁で書きたい気持ちも強く、言ってみれば力量不足が心を挫けさせ、書こうとしても上手く進められない状態が続いたせいで、大したことない内容にも関わらず、まだ終わっていない。
いいものを書きたいという気持ちが強いために、何を書きたいのかよくわからなくなり、ずっと迷走を続けていました。

玖堂にとって『MUKURO』は暗い迷宮に似ていて、出口がどこにあるのかわからない。
いっそ諦めてしまうこともできますが、ここで諦めたらこの先もう小説を書くことはないような気がしてます。そのような、確信に近いものが、自分の中にあるんです。
あまり物事を続けられたことのない自分が、自発的に始めて何年も書いてこれたこと(最近は書けていませんが)は、自分の中ではとても大きいことです。そういったものを簡単に諦めたくはない。たとえ自分の書きたいものと自分の書けるものに距離があっても、どれだけ不様であろうとも、やっぱり書き切りたい、書き終えたいという気持ちが強いです。なので書こうと思います。多くのものは求めないことにします。たとえ稚拙だとしても、今の自分が書ける範囲で頑張ろうと思います。

きっと、自分に多くを求め過ぎた結果が現在(いま)なんです。

読む立場の自分と書く立場の自分の、それぞれの理想が重なって、あまりに多くを自分に課していたと思います。実力以上のものを求めたかったんです。届くはずのないところに届かないことに苦しんでいたんだと思います。目指すところには、今後届くかもしれません。届かないかもしれません。それはわからない。とにかく今は無理なことで、どれだけ手を伸ばしても、腕の長さ以上は伸びないのは当たり前です。そのことに必要以上に苦しんでしまって、ずっと書けないでいました。

これからはメチャメチャにしてやるくらいの気持ちでいこうかな、と思いました。
今後もMUKUROを続けるなら。

先日、ヱヴァンゲリヲンQを観たのですが、すげえメチャメチャでした。知名度が非常に高く、ヒット作といわれているシリーズでこれだけメチャメチャにやっちゃうってすげえな、と。作品の出来とか評価とか関係なく、そのメチャメチャさを見て、なんかもっと自由でいいのかなーって思った自分がいた気がします。なので、メチャメチャにしてもいい気持ちで気楽にいこうかな、と。

今までも、何度か「気楽にやっていいじゃない」と自分に言い聞かせて書こうとしてきたけれど、ヱヴァQを観てやっと気持ちがそこに追いついたような(笑) 堅苦しくいっても仕方ないなって。もともと上品にやろうとしてるわけでもないんだし。お金取ってるわけじゃないから、出来が悪かったって誰かに責任持たなきゃいけないわけでもないんだし。
なんとなく、長くなってしまったことで、ちゃんと終わらせなきゃという責任を感じていたところもあるんですよね。そんなもの、実は無いのに。何もかも気負い過ぎてたんです。それがあまりにも、つらかった。書いてて楽しくなかった。そういう気持ちが文章に反映してしまうのか、なんとなく書いたものが気に入らない。それを繰り返して、書けなくなってました。自分の書くものが好きになれてませんでした。

これから気楽にやるし、メチャメチャにやるし、自由にやりたい。

心底そう思うことで、今ならまた書ける気がします。書きたいとも思います。
しかしあまりにMUKUROから離れていたため(区切りをつけるために煉獄篇41話は書きましたが)、そして書くことから離れていたために、どうしてもすぐには書き出せないです。気持ちの整理なども含めて、これから続きを書ける状態まで持っていきたいと思います。それを今年最後の課題と目標にしようと思ってます。

で、来年にはMUKUROを終える。

そのあとのことはわからないけど、今はそれだけで充分でしょう。
実際に書くかは決めてませんが、昨夜ふとアイデアが浮かんだので、新しい話もMUKUROと同時進行でやるかもしれません。「やれそうなら」ですけど。タイトルは「戦闘者(仮)」という感じで。



自分自身の気持ちを整理するために長々と書きました。
なんとなく今は心が軽いです。MUKURO再開も楽しみです。では。

スポンサーサイト
CO*2 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。