みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/11/20(日)   CATEGORY: MUKURO・煉獄篇
MUKURO・煉獄篇-20 (堕天/DEVILSIDE)
 ついに強大な邪悪が生まれた。
 だが何を以って邪悪とすればいいのだろう。悪とは何か。倫理や道徳から外れたものを悪とすれば、それは人ならざるものにも通用するのだろうか。
 人は、本能にのみ従った獣を邪悪と出来るか? 目の前に蔓延る醜悪な化け物――それは鬼や悪魔と呼ばれるものかもしれない――がいかに鬼畜の振る舞いにて人を惨たらしく殺し、その屍肉を喰らおうともそれは化け物の本能が呼び起こしたものに過ぎない。
 人は、化け物相手に正邪は問えないのだ。
 それでも人は化け物を邪悪と見なす。正義は常に人間(ヒト)の側にある。どうしてか?
 ――それは生きるためほかならない。
 化け物は敵と見做さなくてはならない。そのために大義名分として必要なのが、正義であり邪悪なのだ。
 欲望の赴くままに人間(ヒト)を狩り立てる化け物どもと人間(ヒト)はどれだけ違うだろうか。人間(ヒト)に理性というものが、実際のところどれだけ備わっているというのだろう。人間(ヒト)以外の生物――家畜とされたり害獣とされたりする動物たち――にとって、人間(ヒト)は理性的な生き物に見えるのだろうか?
 我々と化け物の間に、大きな違いがあるといえるのだろうか?
 しかし人間(ヒト)は理性の分野で化け物を邪悪と見做し、世界を脅かす悪魔だと仕立てあげなくてはならない。罪悪で圧し潰されてしまわぬように。すべては生きるために!
 これは、人間(ヒト)の側と化け物の側の生存を賭けた闘争なのだ。
 この闘争に理性は不要か? 否、必要だ。生を渇望する野性に併せて、人間(ヒト)が生き抜くために持っている武器は理性にほかならないだろう。
 人間(ヒト)は理性という剣を持って、化け物を対峙し、打ち克たなければならない。
 この闘争に正邪を問う余地はない。
 目の前の絶対的な力に対して、人間(ヒト)は足掻きぬかなければならない。
                   

 (――とある死体の脇に遺された言葉)

つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2011/11/18(金)   CATEGORY: MUKURO・煉獄篇
MUKURO・煉獄篇-19 (魔の侵攻2/Scorpion Tail)
 甲殻類を思わせる黒くゴツゴツとしていて、刺々しい表皮を鎧のように纏ったその姿は、さながら西洋の騎士の様相だった。その両腕には槍と盾――少なくともそう見えるもの――が備えられ、騎士の印象(イメージ)をより強固なものにしていた。
 巨大な蟹蜘蛛から産み落とされたそれは今まで見たどの化け物より化け物らしくなく、より人に似ていた。千紘には、そのことが余計に目の前に立つ異形を不気味に思わせた。
 黒騎士は最初のうずくまった状態から立ってからは一切動いていない。その様が無機質を思わせておそろしい。他の化け物はみな生き物然としていたが、これは無生物といった印象があり、そこには他とは違う異質の得体の知れなさ、そして恐怖があった。
 その場の誰もが動けずにいた。黒騎士も動かなかった。雄大の頬を汗が伝ってゆく。何もしていないのに体力だけが消耗されていった。
 3人の心身が秒刻みで磨り減る。それも一秒がとてつもなく長く感じられた。
 ついに隆裕が音をあげて、わずかに動いた。呼応するように、黒騎士も動く。黒騎士の首が隆裕の方を向いた。
 一気に張り詰めていた空気は瓦解して、隆裕は迫り来る恐怖から駆け出す。
 ――と同時に体育館に銃声が響いた。
 3人が同時に注視した先には警官が立っていた。――警官! この場に一筋の希望が垣間見えた。
 若い警官が黒騎士に向けて銃を構えていた。さらに2、3発の銃声が轟く。
 銃弾はすべて黒騎士の堅硬な鎧に弾かれている。黒騎士の背後からヌッと長い尾のようなものが現れた。
 尾の先端は針のように鋭く尖っていた。それがヒュゥッという風を切る音を発したと思えば、次の瞬間には警官の首から上は胴から離れていた。
 3人は走った。もうつまらぬ駆け引きが通用する状況ではなく、単に逃げ切れるかどうかになっていた。極めて単純な生死の分かれ目。子供の順応は早かった。絶望に浸っている余裕はないと本能が叫んでいた。
 もう誰もが走ることしか考えていなかった。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2011/11/14(月)   CATEGORY: 雑記
録画の消化が追いつかない。
○訂正
「ペンは剣の如く(下)」の一部が『高村戌彦』になっていたところを『真山戌彦』に訂正しました。
どうして間違えたのかよくわからないですが、その前に高村姓が出てきていたので引きずられたんでしょうね。

●読書
最近はいわゆる冒険小説にハマっていて、ハマってるといえば語弊があるけれど、なんだか冒険小説に偏っている。
無駄に壮大でケレン味溢れる展開が読んでいて楽しい。これまで、そこまで好んで冒険小説読んできたわけでもないので、触れてこなかった作家を発掘中。
あと、森村誠一を読んでいる。同じジャンルばっかりというのも飽きそうなので、冒険小説→冒険小説→森村誠一→冒険小説みたいな。森村誠一は読みやすくて好き。とりあえず棟居刑事のシリーズを制覇したいな、と。内田康夫も好きなのだけど、多作なのに面白いのはすごいなぁ。特に森村は深みのある人物の造形が素晴らしい。脇役にまでしっかりキャラクターがある。内田は浅見光彦ってキャラクターが大きいかな。

やっぱりキャラメイクって重要。

それから久し振りに漫画を大量購入しました。財布が悲鳴。デザフェスに行ったり懐が寒い。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2011/11/11(金)   CATEGORY: 短篇小説
ペンは剣の如く(下)
「おい、他になにかクラスのやつらのことでわかることはないのか?」
 自室に籠もり、戌彦はペンに問いかけていた。
 今まで意思疎通を図ったことがなかったので、これでペンに伝わっているのかわからないが、他に方法もない。そもそもペンに人間のような意思があるかどうかもわからなかった。
『鮎川美咲は、真山戌彦のことが好き』
「……えっ?」突然のことで戌彦は驚いたが、よく考えてみれば鮎川美咲はクラスの中でもかわいい部類に入る女子だ。「本当かよ! やべー、どうしよう。意味もなく緊張してきた」
『鮎川美咲は、たまに真山戌彦のことを想ってオナニーをすることがある』
「ええっ!? あの鮎川が、おっオナニー!? ……本当に、女子でもオナニーするんだ。どこか信じがたいけど、マジかよ。鮎川がおれのことを考えながら……」
 その様子を想像して、戌彦は勃起した。
「おれも今夜は鮎川でヌこう」
 戌彦は、自分が鮎川美咲に告白するところを想像した。もし書かれたことが真実なら、きっと鮎川美咲はオーケーしてくれるはずだ。
(そうするとおれと鮎川は恋人同士か)
俄然興奮した。


 翌日、戌彦は鮎川に告白した。返事は、オーケーだった。「実はまえから真山くんのことが好きだったの」戌彦は有頂天だった。そして、このペンがあればこの先なんて素敵な人生が送れることだろう!と幸せいっぱいに考えていた。
『雨宮裕未の今日のパンツの色はヒョウ柄』
『担任教師の西田大輔は、奥さんに浮気されている』
『明日の天気は晴れ』
 ペンの書き出す、知っている人間のくだらない情報が、戌彦の毎日の楽しみになっていた。ペンが自由に書くこともあれば、知りたいことを訊ねれば教えてくれた。ペンには未来の天気もわかったので、使い方しだいでどこまでも便利だった。
『松井稔幸は、酉島翠のことが好きでストーカー行為をしている。何度か下着を盗んだことがある。毎朝、酉島翠のことを考えてオナニーをしてから家を出る』
(うげぇ、マジかよ……)
『沢田綾子は、売春をしている』
(噂は本当だったんだ。沢田のやつ、オヤジ相手に好き放題させてるのかな。一体いくらで相手するんだろ)
 戌彦は、そのことをノートに書いてペンに訊ねた。書いた質問に対しても、ペンが答えてくれることは実証済みだ。
『1万5千円』
(噂じゃ5万だったのに。そんなに安いのかよ)
 戌彦は、頼めば沢田綾子はタダでヤラせてくれそうか訊ねてみた。
『無理』
(5千円じゃどうだ)
『無理』
(なんだよ。普段はオヤジ相手にしてるから、若い相手だと喜んでヤラせてくれるかと想ったのにさ……)
「ねえ、いつもニヤニヤしながらなに書いてるの?」
 不意に声をかけられて、戌彦は心臓が止まる思いをした。いつの間にか授業はもう終わっていた。(まずい。早く隠さないと!)。さりげなく書かれている内容を腕で隠しながら、振り返るとそこにいるのは雨宮裕未だった。
(やっべ! これにコイツのこと書いてあるぞ。もしバレたら大変なことになる!)
「今、なんか隠したでしょ。ねえ、ちょっと見せてよー」
「なっ、なんにも隠してねえよ」
「嘘だー。今絶対に何か隠した! あたし、いつも真山が授業中に楽しそうに何か書いてるなーって気になってたんだよね。ねえ、授業と関係ないことでしょ? もしかして漫画とか小説とか書いてるの?」
「なんだそれ。んなわけねーじゃん」
「えー、じゃあなにー? いいからちょっと見せてよ。ちょっとだけ! ね? 絶対に誰にも見せないからさ」
「何も書いてない」
「いいじゃん」
「書いてないってば!」
 つい強気に言ってしまった。
 気分を害した裕未は、強引に戌彦からノートを奪うという強硬手段に出た。
「あっ、おい! ちょっと……!!」
 戌彦は慌てて取り戻そうとしたが、遅かった。裕未がノートに書かれている内容を見て顔色をがらっと変えた。戌彦の背中に、冷たいものが伝った。
「ねえ! これなに? あたしのスカートの中、覗いたの?」
(どうしよう……、なんて言ったらいいんだ……)
「いいから返せ!」
 戌彦は裕未からノートを奪い取った。だが、事態はもうどうすることもできない。裕未は戌彦のノートの内容を言いふらしはじめた。
「馬鹿、やめろ! 嘘だ! そんなの嘘だって!」
 弁明まじりにやめさせようと叫んだ。クラスのほとんどが戌彦に注目していた。
「それどういうことだよ」
 静かな怒気を含んだ声だった。
 その声の主は、沢田綾子である。戌彦のノートに書かれた、売春をしているクラスメイトだ。
「いや。違うんだ。その……」
 自分でも何が違うのかわからない。でも、とにかく何か言わないと――。戌彦はパニックに陥った。もはや背水の陣だが、勝てる戦でもなく、ただ退路がないだけの戦場に放り出された気分だった。
『真山戌彦は、知り合いの秘密を知ってひそかに楽しむのが趣味』
 右手が勝手に動いて、そう書き走らせた。
(なぜペンを握っているんだおれはあああああああああ!!)
「ふざけてんのかよ!」
「ふざけてません! ふざけてないですうううう!! だから許してください。ごめんなさい、謝ります! ほんとごめんなさい!」
『謝って済むなら何度でも謝ってやる』
「――え?」
 心に思っただけのはずなのに、その思いをペンがそのまま文章にしていた。
「なにしてんだよ、馬鹿!!」怒鳴ってから周りの様子に気付いた。「――いや、馬鹿っていうのは、その……」
『真山戌彦は、――』
「わ、わ、わわわ、わあああああああああ!!!!」
 放そうとしてもペンが放せない。右手が言うことを聞かなかった。
 もう壊すしかない。――そう直感した戌彦はペンを持つ右手を思いっきり床に叩きつける。
「死ねええええええええ!!!!」
 そもそもペンに生死があるのかも不明だが、戌彦はそう叫んでいた。

『殺す』

 叩きつけたと思った場所に、荒っぽい字でそう書かれていた。
(ペンの野郎! 裏切ったのは自分のくせに!)
 だが、すでに戌彦の右手はペンのものだ。いくら抵抗しようとしても、右手が勝手に動く。(これは――ッッ!!)。ペン先が自分の方に向いていた。(ま、まさかァアア――!!)
 戌彦は自分で自分の首をペンで貫いた。少なくとも周りにはそう見えていただろう。
 より正確に表現するなら、ペンが戌彦の首を貫いた。
 ペンは深々と刺さっている。
 戌彦の首からドクドクと血が溢れた。あたりは騒然となった。戌彦は薄れゆく意識の中で右手のペンを見た。
 ペンが動いている。
 床にはこう記されていた。
『ペンは剣ほどに強く、また剣よりも強し』
(意味がわかんねえよ……)
 そして、戌彦の意識は大きく深い闇に呑み込まれた。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2011/11/09(水)   CATEGORY: 短篇小説
ペンは剣の如く(上)
 真山戌彦はその朝、一本のペンを拾った。何の変哲もないペンだ。近所のコンビニに行けば手に入りそうなものだった。
「じゃあ、これからテスト用紙を配るからな」
 そう言って教師が一列目の生徒に用紙を配りはじめた。
(そうだった。一限目の数学は小テストだったんだ。忘れていた!)
 普段、真面目に授業を受けていない戌彦には、小テストといえど半分も解答欄を埋められる自信がない。そもそも数学は苦手教科だった。
 せめて数学でなければ勘に頼ることもできるのだが、解き方のわからない式を勘でどうこうできるものでもない。完全にお手上げだった。それでも、埋められるところは埋めておこうとペンケースからシャーペンを取り出して、テスト用紙に向き合った。
(――だめだ。全然わからない)
 苛立ちと焦燥でつい力が入りすぎて、シャーペンの芯が折れてしまった。カチカチと何度かノックするも新しい芯が出てこない。補充の芯はなかった。
(……あとはボールペンしかない)
 そのとき、今朝拾ったペンが見えた。何気なく、それを手に取ってみた。
 すると不思議なことに、先ほどまでまったくわからなかったはずの問題の答えが書けた。まるでペンが意思をもって動いているかのように、見る見るうちに解答欄が埋まってゆく。戌彦自身、どうなっているのかわからなかった。
(これは、一体どういうことだ……?)
 どんどんペン先が奔る。
 戌彦は冷や汗をかいていた。もはや完全に自分の意思では書いているのではないことに気付いていた。手が、ペンが勝手に動いている!
 戌彦はチラリと隣の席のやつの答案用紙を盗み見た。そして自分の答案用紙と照らし合わせてみる。――同じ答えが書かれていた。
 何が起きているのかはわからないが、これは限りなく僥倖だと戌彦は感じていた。もし本当にこのペンが自動的に解答を書き込んでくれているというなら、今後のテストはすべてペンに任せればいい。なんと素晴らしい拾い物だろう!
 気付けば、犬彦の答案用紙はすべて埋まっていた。全問正解だった。


 それから戌彦は毎日そのペンを使った。テストだけではなく、授業でも自動的に板書を書き写してくれて便利だった。そのペンを手に持つだけで、あとは勝手にやってくれた。まるでペンを持っている間だけ右手に何かが憑依しているようにも思えた。ペンはとにかく活躍してくれて、次の試験では学年一位の成績をおさめた。


 ある日の授業中、板書写しが誰よりも早く終わって――なにせ教師の板書と同じ速度、あるいはそれよりも少し速いのではないかと思うほどの速度でノートに写されるのだ!――暇になっていた戌彦は、ノートの隅に落書きをしようとしていた。暇といっても実際に書き写しているのは戌彦ではないのだが、あまりに馴染んでしまっていて、あたかも自分がやっているという意識になっていた。その頃にはもはや、ペンが自分の一部のように感じていたのだ。
(おや、どうした?)
 ペンが、自分の意思とは違う動きをした。いつもなら解答を埋めたり、板書を写したりするとそのあとは勝手に動くこともなく、戌彦の自由にペンを動かせていたのに、このときばかりは少々違って、写しは終えているのにペンが動いた。
(なんだ……?)
『高村繁雄は、万引きの常習犯だ』
(……これは、どういうことだろう)
 本当のことだろうか。もし本当のことだとして、どうやって事実だと確認すればいいのか。初めての出来事に戌彦は少しばかり動揺を覚えた。
『△△ストア』
 今度は下校途中にある店の名前がノートに書き出された。これはどういうことか。とりあえず高村のことを調べるために、その日帰りにこっそり高村を尾けてみることにした。
 戌彦の知っている高村は、非行にはしるタイプではない。いたって真面目で、平均的な生徒という印象を持っている。それゆえにノートに書かれたことに対して半信半疑だったが、高村が△△ストアに入ってゆくのを目にして、戌彦の心臓は高鳴った。
(……まさか、本当に)
 高村を追って店内に入った戌彦は用心して高村の様子を窺った。もし高村に気付かれたら何もかもが台無しになってしまう。
 どこか高村の挙動がおかしかった。やけに周りを気にしている。
(――やるのか?)
 高村が商品に手に取ると、戻すと見せかけて制服のポケットに放り込むのが見えた。
(やった。あいつ、本当にやりやがった)
 そのまま何食わぬ顔で店を出て行く高村を、戌彦は興奮した面持ちで見送った。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。