みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: 2011/03/30(水)   CATEGORY: 雑記
2011・3・30
どうも、匡介です。
相も変わらず映画ばかり観てる生活を送っています。ときには食料不足(金欠が原因)から砂糖を食べてでも映画観てました。あ、これ現実逃避です。でも、最近は少しずつ読書の方も進めてます。

今、様々なところで様々な問題や困難にぶつかっていると思います。
被災地にいる人はおそらく今を生きることで精一杯でしょう。この目で見ていないので、はっきりとは言えませんが、きっと大変な思いをしていることは確かです。大変だと思う余裕すらもないのかもしれません。

稼ぐ職を失って、帰る家を失って、迎える家族を失っている人が大勢いると思うと涙を禁じ得ません。心苦しいです。

そして被災地から逃げてきた人は今後どうするのかを考えなければならないと思います。
本当はそんな余裕がないはずなのに、やはり生きるためには考えなければなりません。今自分がいるこの部屋からさいたまスーパーアリーナはそう遠くはなく、そこでは避難してきた方々が一時的に生活しているのです。
これだけ近くにいるのならば、何かできることでもあるのではないかと考えてしまうけれど、具体的にどうすればいいのかわかりません。とにかく、どんなに小さくてもみなさんが希望を持っていられればいいな、と切に思います。

早く事態が収束に向かえばいいと思わずにはいられません。

そして、そこから「復興」という長い道のりが待っているのも忘れてはいけないことなんだと思います。
今は寄付するなどして被災地のために何かしようという人は多いでしょう。でも、おそらくは、最も被害を受けた地域が元の生活を取り戻すには数年から十数年かかることなんだろうと感じています。今できることも大事だけど、これからできることを考えていくのもまた大事なんだろうな、と。

だからといって国全体がネガティヴなムードに向かっていてはいけないとも感じています。
学がないので難しいことはわかりませんが、被災しなかった人たちはそれぞれの生活を送っていくべきなのではないでしょうか。元気な人は元気に生活していけばいいと思います。被災者を思うというのは、被災者と同じ生活をしろということでは決してないと思います。

だから、楽しめることがあったら楽しみましょう。

きっとその姿を見て、被災者の人たちもあとから追いついてくるはず。そう願いたい。
そうして心に余裕を持てれば、その分すこしだけでもいいから被災者のためにできることを考えてみることができたら素敵だと思います。

被災者のことを思うのは難しいことです。きっと、想像もつかない気持ちでいるんだと思います。
想像を超えたところにあるのが、今の被災地なのではないかと考えてしまいます。

だから無理に気持ちをわかろうとする必要はないのではないでしょうか。
ただ、それでも何かしてあげたいと思うならば、自分に無理のない範囲で、たとえ小さなことでも、何かしてあげられる人が大勢いるとすればやはり素敵なことだと思います。

自分には買い占めをする人を責めることはできません。
今の状況は誰だって怖いです。直接的被災地にいないからこそ、信憑性のわからない情報が錯綜してしまっていて、不安になると思います。今は何の被害はないけれど、明日どうなるかわからない今の日本で、自分のため、家族のために、何かしようと思うのは人として不思議なことではないはず。誰だって自分がかわいいです。健康に生きていたいです。そして、配偶者や子どもにも元気でいて欲しいと願うでしょう。

ニュースを観ていると公式な情報ですら、信憑性の是非を問いたくなる状況ですから。

見ず知らずの人のために何かしようという人がすごいんです。周りのことを考えて行動できる人が素敵なんです。
だから、そうではない人はただ普通に、先のわからない不安に挫けそうなだけなんだと思います。

この震災において、誰が悪いわけでもないはずなんです。

事態が少しでも落ち着いてくれば、もっと余裕が出てくる人も増えてくるのではないかと思います。
そうであってくれるとなんだか嬉しいです。

自分に何ができるのか、それはまだわかってません。
正直にいえば、震災関係なく俺は俺のことで精一杯というか半ばオーバーキャパシティーなので。

だけど、人のために何かできることがあるなら喜んでしたいと思います。
宮城には友人が何人かいます。そのうち何人かはどうにか地元に逃げ帰ったようです。従兄弟の実家は福島です。どうやら従兄弟の実家は大きな被害もないと聞きました。

僕の地元は東北なので、それなりに愛着はあります。
特に仙台は何度も足を運んでいて、大好きなところです。現在、仙台がどれほどのダメージを受けているのか知りませんが、変わってしまっているのだとしたら寂しいです。

それと同様に、長年暮らしてきた土地が、自分にとって愛着のある土地が、一面の瓦礫に様変わりしてしまったことに嘆き悲しむ人は大勢いるのだと思うと胸が痛いです。

今後どのような補償があるのかはまだわかりませんが、国の補償というのは、つまりは税金で賄われているので国民ひとりひとりが助けを必要としている人に手を差し伸べることに代わりありません。
自分たちのお金が正しく必要とされているカタチで、使われることを強く望みます。

とりとめのない文章ですが、今思っていることをとりあえず書いてみました。

自分が文章を書くしか能がなければまだよかったのですが、文章を書く能すらなくて悔しいです。
俺がもっともっと面白い物語を書ける人間だったなら、少しばかりの楽しい時間を届けられるかもしれないのに。あるいは、もし書くことでお金をもらえていたならば、そのいくらかを必要としている人に渡せるのに。

俺は無力です。

その上で、何ができるのか時間がかかってもいいから考えていきたいと今は思います。
いま自分にできることは、おそらくそれくらいしかないので。あとは祈るのみです。願うだけです。


小さくても希望の光が見えてきますように。


玖堂匡介


[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/03/15(火)   CATEGORY: 雑記
地震篇。(そして映画篇。)
東京国際ゾンビ映画祭は14本の作品を観て、たぶん1週間毎日通いました。

参加したスケジュールは以下の通り(たぶん)。

初日(1日目)
「ゾンビ(ダリオ・アルジェント監修版)」
「死霊のえじき」
「コリン LOVE OF THE DEAD」
2日目
「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」
「悪魔の墓場」
3日目
「アイランド・オブ・ザ・デッド」
4日目
「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」
「サバイバル・オブ・ザ・デッド」
「墓地裏の墓場」
5日目
「ゾンビランド」
「デッドランド」
6日目
「地獄の門」
最終日(7日目)
「ゾンビ(米国劇場公開版)」
「ヘルドライバー(インターナショナル版)」

初日と4・5日目、そして最終日は友人も参加。
彼はそもそもホラー映画を観ないらしく(あとで知った)それでもなかなか楽しめたそうでよかったです。


つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ