みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: 2009/09/30(水)   CATEGORY: 雑記
あいらぶゾンビ。
前半はペースよく読んでいたのだけれど、後半は映画やドラマ観たりしていたせいでやや減速。
夏休み中に何度か映画館に足を運びたいと思っていたのだが、結局観たのは「アマルフィ 女神の報酬」くらいだった。
ちなみに「アマルフィ」は設定的には面白かったけれど、ミステリー的分野での引っ張りが足りないと思った。小説で言うリーダビリティがいまひとつ。それと映像より小説の方が活かせそうな内容だと思った(実際、小説もあるので文庫化したら読む予定)。もっと面白く出来たと思うだけにそこは残念に思う。――もし次回作があったら観に行きたいなぁ。より面白くなっていることに期待は出来る。
他にはスターウォーズを最初(Ⅳ)から最後(Ⅲ)まで初めて通して観た。Ⅵの決着のつき方はどうかと思うよね。ラスボス弱ッ!みたいな。つーかトドメはそれ!?みたいな。個人的にはⅢが好きかな。アナキンとの決着をつけたオビワンの心情を考えると目頭が熱く…。Ⅳ~Ⅵはいつかリメイクしないだろうか。

(以下、観た映画の一部の紹介)

「バビロン A.D.」
ヴィン・ディーゼルが出ているので借りた。
設定的には面白いのに、観終わっていまひとつなのが残念。特に後半は無理やり感がある。原作の小説を読んでみたい。

「マックス・ペイン」
ゲームの映画化。ゲームは気になってるんだけど、やったことはない。
内容はシンプルで、家族を失った男の復讐劇。パニッシャーっぽい。序盤でオルガ・キュリレンコが出てきてヒロイン的立場になるのかと思ったら即行でスクリーンアウトしてしまった。重要なのはそのお姉さんの方だったらしい。中ボスっぽい男(記憶が正しければプリズン・ブレイクに出ているような。このドラマは観てないから断言できないが)との対決があまりにもあっさりし過ぎている感がある。もっと闘わせてもいいのでは…? あと黒幕が途中でわかってしまって残念。ベタな展開過ぎた。ただ主人公がドラックで覚醒したときの映像効果はカッコイイと思った。あれはなかなか良い。あとお姉さんカッコイイぜ。

「デイ・オブ・ザ・デッド」
ジョージ・A・ロメオの「」のリメイクらしい。ゾンビ映画好きなので面白く観れた。
内容はかなりベタではあるが、リメイクだし、そもそもゾンビ映画はある程度ベタな設定なのが基本とも言える。
衝撃的だったのがゾンビの動き。ゾンビ?ってくらいに全速力で、猛ダッシュするのも凄いが、病院でゾンビ軍団が走って向ってきたときに、ひとりのゾンビがジャンプして天井を這ったのには驚いた。思わず噴き出してしまう。「なんでこいつは襲ってこないんだ?」「彼はベジタリアンだからよ」って会話も最高。そういうあたりは斬新過ぎる。原作観たい!!
どこかストップモーションっぽい動きが何か古い感じがして良かった(コマ送りしたのかもしれない)。古き良きゾンビ映画って感じ。


あとDr.HOUSEのシーズン1と2を観たり。早く3観たい!!
もっと観たいのがあったんだけどなー、観足りない感が…。自室にTVがあればもっと観れたのに。。






つづきを表示
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2009/09/29(火)   CATEGORY: 雑記
あまり夏らしくない夏だった(ような気がする)。
少々ばかり久し振りの更新。
小説の方はこれから書くつもりなので、もう少しかかりそうです。もし、待っている方がいたら、もうしばらくお願いします。

暇なので夏休み中に読んだ本を紹介。
しばらく読書から離れていたので、ペース的にはかなりゆっくりだった。それに読書は二の次な感じだったせいもある。
ちなみに読むペースとは反対に、本はよく買っていた。埼玉では近所にちょうどいい本屋がないので、地元に戻るとつい通ってしまう。あとブックオフに通い詰めてしまう。行き慣れてるって恐ろしい。毎日のようにハシゴしたのではないだろうか。…地元にいると浪費してしまうなぁ。あなおそろしや。




つづきを表示
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2009/09/03(木)   CATEGORY: 雑記
朝弱い、寝惚けまなこの、とりとめのない文章。
最近、無性に山に行きたい。
昨日見た、夕空に浮かび上がった山稜のシルエット。その稜線の上方には白い月。

遠くから眺めて楽しむのもそれは素敵で心癒されるのだけれど、たまには近くで感じたい、と思う。
登山など久しくしていない。山の澄んだ空気の中で体を動かすなんて気持ちいいだろうなぁ。

ああ、山に行きたい。

そんなこととは全く関係ないが、昨日から両親は旅行に出ている。
戻るのは明日だが、どこに行ったのかは聞いていない。むしろ旅行の期間すら本来は興味の範疇ではないのだが(黙って行ったとしても気にならないくらいだ)、その間に妹弟の面倒を見なければならないとなると話は別。面倒といっても晩ゴハンさえ作ればいいだけなのだが。
短い期間だし、家族のゴハンを作るのは全く構わない。自分の少ないレパートリーで良いのなら料理をするのは嫌いではない。……ただ複数人分の量ってイマイチわからなかった。
材料をどれだけ買えばいいのかわからず、とりあえず足りないよりはと多めに買ったりした。普段、自分の為に作っている一人前がはたして一般的な量かといえばそうではない気がするし、妹と弟はそれぞれどれだけ食べるのかよくわからない!
しかも慣れない鍋に、慣れないIH。どうして実家の鍋はこんなに重いのか。つーか、IHって勝手がわからん!! こんなフラット過ぎるわ!! どれくらいで鍋が温まるんだ!!

まあ、何が言いたいかっていうと、慣れないことって大変だなぁ、と。

さらに妹は「写メ」撮って友達に送るし。
いやいや、恥ずかしいからやめなさい。そうやって俺の知名度を上げるな。


(ちなみに作ったのは豚キムチ。作り慣れているのもあったが、先日母親の作った豚キムチを食べて、これは自分が作る方が美味しいかもしれない、と思っていた。
そのことは妹に話していてハードルが高くなっていたが、どうにか妹に「こっちの方が美味しい」と言わせることに成功した。そしてささやかな優越感に浸る。)


そんな妹は俺が本を読んでいる間に寝てしまっていて、水の音が聞こえるなぁ、と思ったら湯船からお湯がとめどなく溢れていた。……何やってるんだお前!! 風呂入りたいなら寝るなよ!!
実家の風呂は結構大きいし、お湯を溜めるにも時間がかかるのはわかるけれど、だったらどうしてベッドにいるんだお前は…。

呆れながらもお湯を止め、外に出てみると星空が凄く綺麗で、気分が良いのでそのまま星を見上げながらコンビニへ。
まるでプラネタリウムみたいだなぁ、といつも思うのだけれど、実際はむしろプラネタリウムが星空を模していて事実はまるで逆なのだが、それでもそう思うのは星空があまりにも日常から遠退いてしまっているからかもしれない。秋の訪れとともに冷たく空気が澄んできて、星がよく見える季節になったのだけれど、真夜中でさえ街は真っ暗にはならないから。街灯が寂しげに路上を照らし、常に明かりが近くにあって、星空がよくは見えないことが多い。
それでも道を選べば街灯も何も無く、ひとりで歩くには若干の不安を抱くような道もある。俺はそこから星を見上げる。そうしていていつも思うのは、自分という物凄く小さい存在のこと。

俺は星空を見上げて、あたかも自分がその星々と同様に宇宙空間に浮かんでいることを幻視する。

無数にある星の中に紛れてしまえば、きっと自分という微小な存在は視覚で捕捉出来ない。小さい。ちっぽけだ。
それと同時に、どんなに小さくても存在していることを思う。それ以上もそれ以下もなく、ただ思う。存在理由とか、その価値とかは関係ない。ただ、存在していて、ただ、存在している。
そう思うと何だか気持ちがいい。あってもいいし、なくてもいい。どうでもいい存在。しかしそのベクトルは決してネガティヴではない。ポジティヴでもないかもしれない。良くも悪くもどうでもいい存在だと思う。自分がどう足掻いたって、その程度でしかないのだ。どう頑張っても、あるいはどう悩み苦しんでも、その程度ではしかない、と思う。なんというか、言葉では表しにくい感覚だが、それは「自由」に近い感覚。良い意味で、諦めに近いのかもしれない。――言葉にしようとして近づくような、言葉にするたびに曖昧に遠ざかるような気がする。



とりとめのない文章を書いた。
しかも乱文。駄文。俺は朝が弱く午前中は思考が停止していることが多いせい、ということにしておく(実際、何割かは事実だ。もう何割かは元々大した文章が書けないという事実)。

思考は巡っていない。しかし無性に文章が書きたくなった。
あるいは感じたことのいくらかを文章にしたいと思った。

気分が良い。これから風呂に入るとする。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/01(火)   CATEGORY: 雑記
だって乙女座なのですもの。
9月。それは最も好きかもしれない月。
きっと誕生月だからだとは思うけれど(笑)

日も暮れる頃になると辺りで虫の音が響きわたるようになりました。
特にコオロギの鳴き声が聴こえてくる。幼い頃に読んでいた本の中で、最後のページを開くとコオロギの鳴き声がするものがあった。今思うと、あれはなかなかリアルなコオロギの鳴き声だった。もしかすると本物を録ったものなのかもしれないなぁ。

…などと秋の到来を肌身だけではなく、耳でも感じるようになった。
そうそう、秋といえば食欲の秋。食べ物が美味しい季節でもある。冷夏とまで言われるほどの、夏らしくない夏を越えてきた海の幸、山の幸が、はたして変わらぬ美味しさを届けてくれるのかどうか。食べることが好きな自分はそんなことばかり考えている次第であります。厳しい寒さを越えるから桜が咲くように、暑い夏なくして美味しい食物は出来上がるのか? ヌヌヌ、気になる。

けれど、それ以前の問題がひとつ。


顎(あご)が痛い。


それもかなり。


先日、朝起きたら顎が痛い。寝方が悪かったのか、枕なしで寝ていたからなのか、顎が痛い。
ここ数日、右奥歯の上あたりが凄く痛むのです。顎の関節がどうにかなってしまったようなのだ。
何もしていなければ、我慢出来ない痛みでもないのだけれど、食事のときはめちゃめちゃ痛い。顔をしかめてしまうほど、痛い。噛む力の強弱は関係ないようで、噛むときの顎の動かし方が問題のようだ。物を食べるときの顎の動きが最も痛みを感じさせる動きのよう。
このままでは食欲の秋など言っていられない。これがもう数日続くようであれば、病院に行くことも考えなければいけない。もしや…「顎関節症」?


「顎関節症って女の人に多いんだよ」


あら、そうなの? 知らなかったわ。うふふふふ。


「キモい」


…などという会話が行われたのは事実であるが、それ以来「匡子」と呼ばれるときがあるのは遺憾である。
――話が逸れた。

そう、問題は顎なのである。この顎の痛みを何とかせねばこの俺に未来はない。
「食」とは生物の根源。それを妨げるものがあるとすれば、大問題。「食」なくして、俺は何を楽しみに生きればいい? そんなもの生きていながらの死だ。生ける屍だ。……この俺が「匡子」とは別に「ゾンビ」と呼ばれてもいることは余談である。


やっぱり顎って整形外科かなぁ?
一度、くしゃみをしてから少し痛みが治まったのだけど(そのとき、顎が「メキッ」と鳴ったような気がした)、関節がズレているのかも。
我慢出来なくなったら病院へ行くしかあるまいな。きっとレントゲンとか撮ってお金がかかる違いない。

[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ