みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/04/30(木)   CATEGORY: 雑記
憂鬱的な陰鬱的な。
気分は鬱。欝。鬱。
この漢字の差はなんだろう? 何か意味に違いがあるのかよくわからない。

疲れて、もう嫌だなって気分で横になった。

心臓の鼓動が大きく感じる。――動悸?
鼓動の音が躰に響く。いや、音ではない、振動だ。
聞こえるわけではなく、振動を感じる。それ全身に広がり続ける。
掛けていた布団がやけに大きく感じた。それだけではなく、ベッドや枕、それに部屋まで全てが巨大に感じる。視覚的にではなく、感覚的に。
焦る。
全てが大きいと落ち着かない。担任に呼ばれ教室に行くと誰もいなく、そこには自分だけしかいない。そして教室はまるで宇宙のように拡がり始め、無駄に広い教室にただ一人いる。焦りを感じ、急いで教室を出るも、そこは巨大に成長した学校で、誰一人の姿も見えない。まるで迷宮に入りこんでしまったような感覚を受ける。それに似た焦りと落ち着かなさ。
巨大化の妄想を取りやめるよう考える。しかし、それは止まらない。妄想なのか、感覚の暴走なのか。おそろしい。わからない。わからない。
心臓の振動は未だに体中を駆け巡る。やめてくれ。それは不快な振動。
布団は膨張を続け、俺は自分がどこにいるのかわからない。ある意味、自己の喪失。
焦る。
焦りだけが心にある。
どこからともなく焦りは生まれ、落ち着かない。落ち着かない。
休ませてくれ――。休ませてくれ――。
この感覚は初めてのものではない。幼い頃に、風邪で高熱を出したとき以来、ときたま訪れる不快な感覚。
――疲れているのか?
もうずっと息が出来ていない。いや、正確には呼吸は続いている。それでも喉に何か詰まったかのように息苦しい。呼吸が出来ていない感じがする。
心臓の鼓動が早まった。
落ち着こう、落ち着こうと考えるたびに加速する。
酸素が足りていない。
全てが膨張を続けている。もう巨大過ぎて全体像はとっくに把握出来ていない。
俺は必死に呼吸するが、それは酸素の供給を果たせていないのか、苦しいままだ。
胸が締め付けられるように苦しい。
息が――。
胸が――。
全てが大きく――、苦しい――、喉が塞がっている――。
俺はどこだ――、焦り――、焦り――。
震動が気持ち悪い。誰か止めてくれ――。


――いずれブラックアウト。


***


気付くと午前7時53分で、休日だというのになかなか早い時間に起きてしまった。昼くらいまで寝ているつもりだった。
寝たのは何時だろう――? 少なくとも2時半は過ぎていた。
一応、5時間以上は寝ていたようで、安心した。
最近は多くても4、5時間しか眠れていない日が続いていたからだ。寝付きが悪く、1時間ごとというほぼ規則的なペースで目が覚める。3、4時間が平均的な睡眠時間だったかもしれない。
寝る前に陥った感覚は久し振りのものだった。あの息苦しさは動悸に類似したものだろうが、周りが巨大化する妄想というか感覚というか、毎回あれがセットになっているのは何なのか。

とりあえずシャワーを浴びることにする。
今日は友人と会う予定だ。この鬱蒼とした気分を忘れてしまえたらいいけれど。

今も少しだけ胸が苦しい。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/29(水)   CATEGORY: 雑記
置いていく、ひとりごと。
俺は今日から連休です。いわゆるゴールデンウィーク。
誰が付けたのか黄金週間。全ての人が休みではないだろうけど、長期休暇が取りにくい日本では確かに黄金と呼べるようなものなのかな。

先週までは、ちょっとツライこともあって、結構滅入ってました。
自分にはどうすることも出来ない苛立ち。本当、何に八つ当たりしたくなるくらい。

自分はなんて不甲斐ないんだろう。

そんな気持ちでいっぱいで。
もっと寛大な人間になりたくて、柔軟で、あらゆる意味で人間性の高い人間になりたいと思った。
人間性って何かよくわかんないけど、人間性って高ければ良いわけじゃないけれど、人間社会にいるんだから人間性は高い方が生きやすい。おそらく。

間違わない人間じゃなくていい。だけど間違いを直せるような人間にはなりたい。
どこかで過ちを犯しても、自己修正できるような。

誰かを支えられるような人になりたい。
大層なことじゃなく、ちょっとでも力になれるような、少しでも助けになれるような。

それにはまだまだ程遠い。

相変わらず、この世界は俺には生きにくい。
つまり俺は順応できてなくて、自然淘汰に従えば、順応できなければ滅びる(…のだと思う)。
幸か不幸か人間っていうのは多少の順応性がなくても生きてはいられる。だけど順応できなければツライのも事実。自然界の優しさ、あるいは情けが、人間界にはない。
ここは、たとえ向いてなくても生きていくことを強いられる。

生きる力が欲しい。生き抜く力が欲しい。

***

今週に入って、若干体調を崩している。
月曜は本当に、地獄かと思った(それでも授業受けた自分を褒めてあげたい)。

火曜もやはり良くはなくて、それに加えて疲れもあってか、食後に気付いたら寝ていた。
一度電話で目が覚めたのだけれど、そのあと再び落ちてしまって、次に目が覚めたのは深夜3時だっていう。あれほど眠りに抗えなかったのは一人暮らしを始めてから初めてかも。

GWに入るってことで、ちょっとした安心が生まれた?
久々に本当の意味で、休める気がする。休日って学校がないだけで、必ずしも心身の休息ってわけではないし。

そういえば、帰ったら友達にも会えそうなのも楽しみ。
こちらで友人らしき人間はほとんどいない。つーか1人? コミュニケーション不全?
別にそれはそれで構わないし、基本的には気にならない。ひとりは好きだから。

でもひとりでいるのとひとりになるのは違う。

ふとしたときにそういう思いが込み上げてきて、刹那的な寂しさを覚える。
本当に困ってはいない。切実に友人が欲しいわけではないし、自ら作ろうって意思もない。

ただ、たとえば前の席の人が授業中に仲良くなったのを見ると羨ましくはある。
ひとりで問題はない。今のところ友人が欲しいわけでもない。だけど、もし友達が欲しい、あるいはあの人と仲良くなりたいって思ったとき、おそらく俺はその人(前の席の人)のようにはなれない。そういう意味で羨ましいと思う。
フレンドリーで誰とでも仲良くなれる人は本当に羨ましい。俺は人見知りだし(おそらく極度の)、人と接するのが上手くない。そういう自分にコンプレックスを抱いている。だから初めて会う人とでも盛り上がれるような人を見ると、その素質を少し分けて欲しいと思っちゃう。

俺にとってそういうコミュニケーション能力は、泳げることや走れることに近い。
泳げなくても基本的には大丈夫だけれど、たとえば海に落ちるだとか何かの拍子にその能力が迫られたときに泳ぐことができないと困るわけで、走れなくても基本的には構わないけれど、もし野獣(…からは無理か)か何かに襲われそうになったとき走れなければ危うい。

つまり、もしあるとき孤独が嫌になったときに、俺はそれを対処できない。
あるいはその必要性が迫られたとき、俺はどうすることもできない。

そういう意味で羨ましいと思うし、ふと孤独を実感するときがあるし、それが不安でもある。

今は友人が欲しいとは思わない。言わばひとりでいる状態。
だけれどそれと同時に、俺はひとりになっている状態でもあることを感じたとき、結構滅入る。

大学の入学式で隣から声をかけてきた彼が羨ましい。
あるいは月曜の3限で、前の席だった彼が羨ましい。

それでもまだ大学は今までよりひとりでいることが問題ないから楽だ。
休み時間に、クラスでひとりになるなんてことはないからね。中学や高校とは違って。

それでもたまに授業でペアやグループの複数で何かやらされるとき(大学に於いてそんな授業は限られているが)、コミュニケーションが苦手な俺は困ってしまうし、英語のあの先生との接し方が未だにわからない。苦手なタイプの人だし、どうもあの人の授業を受けると自分が欠落した存在なのではないかと思ってしまう。何か人として足りてないと思わされる。
それは事実なのだろうし、だけどそれを改善する術を知らない俺は毎週その授業がある日にはかなり憂鬱な気分になってしまうのだ。授業受けるまでも憂鬱だし、授業受けてからも憂鬱。THE・憂鬱DAY。

***

適当に言葉を連ねてしまった。
何か意味がよくわからない箇所もあるような。

まぁ、そのままにしておこう。

昔、自分はポジティヴだと思っていた。確かに今でも楽天的ではあると思う。
小学校、もしくは中学校まではポジティヴな性格だけが取り柄だと思っていた。

けれど今ではなかなかネガティヴな自分もいる。

たぶん誰しもがその両方を混在させているのだと思う。
ただ、俺は少しその落差みたいなものが大きいような…。

そのおかげかそうなるときは思いっきり陰鬱な気持ちになってしまうし、のちに引きずる。

しかし、せっかくの休みに入るし俺はこのマイナスな気持ちをここに置いて帰ろうと思う。
そんな気持ちは吐き出しちゃって、GWは楽しく過ごしたい。そう思って書いてみた。


もし読んだ誰かが不快な思いをしたら申し訳ないけれど。
それでも多少は控えて書いたつもりです(笑) 本当はもっともっと色々沢山あるさ!


それでもいくらかはスッキリしたー!!


より多くの人がGWをenjoyできる出来ることを願います。
どうか楽しい休日を。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/28(火)   CATEGORY: 短篇小説
TIME(2)
 頭がガンガンする。目が覚めて最初に思ったことはそれだった。胸がムカムカする。妙に喉の渇きを覚え、ふらつく足で冷蔵庫まで行き、冷えていたミネラルウォーターをごくりと飲んだ。その直後、一瞬吐きそうになったが智生は何とか堪えた。
 昨日はどれだけ飲んだんだろう? 二日酔いなんて久し振りだ。頭痛がして額を押さえると、少しだけ熱っぽかった。実際には飲んでいたときすでに日付は変更されていたが、それは大したことではない。それより床でそのまま寝てしまっていたことが智生には気がかりだった。風邪をひいたかもしれない。
「今、何時だ?」
 智生は顰めた顔で、時計を睨んだ。
 部屋の壁にある掛け時計の針がぐにゃりと歪む。おかげで時間がわからない。
 そのうち時計全体が歪み、ゆっくりとそれでも加速度的に渦になっていく。
 いつの間にかに部屋自体も回っていた。
 ぐるぐると視界が回る。
 智生はよろけた。
 次の瞬間にはもはや立っていられなくなって、床に倒れ込んだ。
 時計が回る。
 部屋が回る。
 世界が回る。
 視界がぐるぐると。
 ぐるぐると視界が。
 回転は速度を速めて、もう何がどうなっているのかわからなくなるほどだった。
 酷い吐き気に襲われ、智生はその場に嘔吐した。


 ***


 目の前には母親がいる。彼女は智生が6歳のときに蒸発した。理由はわからない。
「母さん…」
 智生は呟くように言った。それは実際に呟きだった。それを聞いて母親は微笑む。
「お母さん? …ふふ、大丈夫?」
 若い女性の声だった。
 それを聞いて徐々に思考が回復を始めた。彼女は母親ではない。もしそうだとしたら最後に会ったときから少しも歳を取っていないことになる。いや、もっと若い。
 視界がクリアになってきた。さっきまで陰になっていた顔が見えるようになる。
 目の前にいる女性はもっと若かった。明らかに母親というようなふうには見えない。学生くらいの歳に見えた。
「あ…、申し訳ない」
 智生は自分の言っていた言葉を思い出して、耳まで真っ赤になっている。もう二日酔いも何もない。すべてが吹き飛んだ。
「いいえ。それより大丈夫ですか?」
 智生は周りを見回した。ここは…、どこだ?
「飲み過ぎね。お酒くさいわ」
 小さな公園のようだった。自分はなぜこんなところにいるんだろう? 見覚えのない公園だ。
「立てる?」
 彼女は智生の頬に付いていた土を優しく払った。
「…ああ」
 智生は膝を立て、立ち上がる。
 吹き飛んだと思われた酔いはまだ残っていたようで、少しぐらついた。
「大丈夫じゃないみたいね」
「・・・いや、大丈夫。大丈夫」
「少し休んだら? わたしのアパートはすぐそこなの」
 彼女は指差すが、その向こうは夜の闇で覆われてよく見えなかった。
「見ず知らずの人のにそんな迷惑は……」
「いいから、いいから」
 有無を言わせず彼女は智生を引っ張った。意識すると再び頭痛が襲ってきていた智生はそれに抗えず、彼女に連れられるままに歩くしかなかった。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/26(日)   CATEGORY: 雑記
通りすがりの仮面ライダーさ。
「ロードキラー」を観た。
怖ええ! まず連想したのはクエンティン・タランティーノの「デス・プルーフ」。あのセクシー要素はないにしろ(笑)、ストーリー展開は近いものがある。まあ、明らかに「ロードキラー」の方が古いけれど。
タランティーノ監督はよくオマージュして映画を作るし、もしかしたら「ロードキラー」が好きで影響を受けている? テイスト的にはいわゆるB級で、監督の好きそうなものではある(笑)
ちなみに観たことないけれど、スティーブン・スピルバーグの「激突!」的な印象も受けた。トラックに襲われるシーンしか知らないけど(笑)

しかしあの終わったと思わせてまた来るのは「のっぺらぼう」などの再度の怪を思わせる。
マジでラスティ・ネイルはクレイジー。こういうサイコキラーっていうのはやはりアメリカ的だなーって思う。およそ日本人の感覚では思いつかないのではないだろうか(現在ではアメリカ的な感覚も持ち得るだろうが)。

どうも2008年に続編がアメリカではDVD発売したらしいが、日本ではどうなんだろう?
今のところ観る方法はないのだろうか。

あと「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」も観た。
先日「ルパンvsコナン」観てから、どうもコナンが観たくなる。コナン懐かしい。
どうでもいいけど秋庭怜子がタイプでした。憧れます。もはやコナン観てるのか秋庭怜子を観てるのかわからないってくらい。内容的にはまあまあだったんじゃないですか? 佐藤さん、それはねえよ的なのも個人的にはあったりもしたのだけれど。
しかしコナンも長く続いてるよなー。アニメ始まったとき、俺とコナンは同じくらいの歳だったし、もう普通に高校だって卒業していてもおかしくない(笑) 1年間に、どれだけ事件起きてるんだよ(笑) 黒づくめの組織とも、近付いているようで近付いていない。むしろそんな組織本当にあるのかレベルで全然明らかになってないのもすごい。たまにコナン見ると黒づくめ出てきてるみたいだけど、進展的なものはないように見える。

続いて「フロム・ヘル」。
ジョニー・デップ演じるアバーライン刑事が世紀の殺人鬼切り裂きジャックを追う話。
切り裂きジャックは好きだ。切り裂きジャックは誰だという面白さもあるけれど、俺はあの暴力性と知性をないまぜにした残虐さがとてつもなく好きだったりする。
まあ、それはさておき、やっぱりジョニー・デップはカッコイイなぁ。それは見た目的なものではなくて、あの演技力。役のたびに、若干誰だかわからなくなる(笑) あの幅広い演技力はカッコイイよなぁ。
あと、刑事が幻視するいう設定は俺が好きなものだった。

ちなみに最近は「仮面ライダー ディケイド」観ているのだけれど、相変わらず意味わからん(笑)
ディケイドは何をモデルにしたデザインかもわからないけど、どこかジョジョ的。俺がつい観てしまうのは、そんなジョジョ的なデザインが気になるからで、内容はさっぱり理解していない。最初から観ていないから?
そもそもディケイドの目的は何なのか。平成の歴代仮面ライダーが登場するのだけれど、ディケイドの武器に仮面ライダーが変形させられているのはどういうことなのだろう(笑) 仮面ライダーってカタチがあんなに変わっても大丈夫なの?
ディケイドはすごいキザなセリフが多くて、個人的にはそこも気に入っている(笑) 誰が考えてるのか(笑)
ちなみにオープニングはGackt。

それから最後に「半落ち」のドラマ版。2時間超えて、ちょっと長かった。
いきなり渡瀬さん橋爪さんと出てきて、わーお土曜ワイド劇場ー!!と思った(笑) サスペンスドラマの顔的な人たちが多かった。…まあ、実際サスペンスドラマだけれども。
そして椎名桔平ーー!!(笑) 最近よく観るような気がする。

先日、学食にて「ねえ、福山雅治ってカッコイイ? 福山よりだったら椎名桔平の方がかっこよくない?」と言う女子がいて、言われた女の子は「はあ(何て返せばいいんだ…)」って感じでした。
どうして福山との比較に椎名が出てくる!! それはただ単に個人的に椎名桔平が好きなだけじゃないのか!!?

まあ、どうでもいいんだけど。


ということで、GW、地元に帰る前にHDDの容量を空けておきたくて、土日はずっとTVの前でした。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/25(土)   CATEGORY: 短篇小説
TIME(1)
 プシュ、という音は「お疲れさま」と同義語だ。それを聞いた瞬間に、自分自身も「お疲れさま」と心の中で声をかける。智生はぐいと缶ビールを傾け、ごくごくと心地好い音を立てながらその3分の1ほど飲んだ。
 校了を終えたあとのビールは格別だといつも思う。
 買ってきた弁当を取り出して、割り箸を割った。もう食べ飽きたコンビニのものだが、外食をする気にはならないし他で買うのも面倒だ。結局いつも同じコンビニの弁当になる。もちろん自分で作る気などは毛頭無かった。
 テレビを点けようとしてリモコンに手を出すと、その隣には1冊の文庫本があった。それを手に取って立ち上がり、本棚に戻そうとする。ちょうど1冊分空いているスペースがあり、そこに本を差し向けた。
ふと手を止める。
 仕舞おうとしていた本を開いて、中から1枚の写真を取り出した。そこには智生ともうひとり、同年代の女性が写っている。
 もう2ヵ月もなるのに忘れられない。智生は溜め息を吐いた。自分には大きな未練がある。
 智生と一緒に写真に写っていたのは、彼が2ヵ月前まで付き合っていた美和だった。別れたわけではないが、彼女が突然姿を消して2ヵ月になる。いなくなった理由はわからないが、もう別れているも同然だった。
 何がいけなかったのだろう?
 智生にはそれがわからなかった。ただ『さようなら』と書かれたメモだけを残して彼女は消えた。智生は大学を出てからずっと同じ小さな出版社に勤めている。確かにこの仕事に対して美和が不満を漏らしていたことも事実だった。特に校了前は忙しく、泊り込みの仕事になることも多い。それでも智生はこの仕事が好きだと思う。美和がそのことに理解を示してはくれなかったが、そう簡単に辞めようとも思わなかった。一生続けるには難しいことはわかっていたし、もし彼女と結婚することになるなら別の職場を探さなければならないだろうかった。だからこそ今はまだ続けたい、そう智生は思っていた。
 それが原因だったのだろうか。もし、そうだとしても腑に落ちないこともある。自分と付き合うことに嫌気が差したんだとしても、何も言わずいきなりいなくなることはないだろう。その後、美和は自分の職場にも現れていない。完全に失踪したのだ。
 突然失踪しなければならないくらい、自分は嫌われていたのだろうか。不満は多かったようだが、愛想を尽かされるほどではなかったはずだ。愛想を尽かされたところで、直接そう言えばいいのだから失踪する理由にはならない。何か、傷付けるようなことを言っただろうか? 心底嫌悪の対象になるような、もう自分の居場所すら知られたくなくなるようなことをしてしまったのだろうか? わからない。
 智生は写真を再び本に挿(はさ)み、文庫を本棚に戻した。その本は美和に初めてプレゼントされたものだった。本は元あったスペースに収まった。
 テレビは止めて、ミニコンポのスイッチを入れた。何気なく再生ボタンを押すと、すでにCDが入っていたらしくマイルス・デイビスの「So What」が流れてきた。彼のサックスに耳を傾けながら思う。「So What」はデイビスの生前の口癖だったらしい。今のこの状況に「だから何?」そう言えたらどれだけいいことだろう。もしかして今回の失踪は彼女からのメッセージなのか? だとしたら彼女は俺に何を伝えたい? 俺はどうすればいい? 智生はやめたはずの煙草に手を出した。もう2年間も離れていたにも関わらず、無性に吸いたくなって帰りに買った煙草だった。
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/23(木)   CATEGORY: 雑記
ピアニッシシシシシモ。
栄養士に憧れる。カッコイイなー、と先日ふと思った。
まあ、なれないけれど。


今とてもスポベジが気になる。
そして吹石さんとキャロット君(勝手に命名)のミット打ちするCM凄いなぁって毎回思ってしまう。
キャロット君、前見えないだろうにそれを感じさせないあの動き。素晴らしい。


あー、のど痛い。
風邪にならないようにせねば。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2009/04/22(水)   CATEGORY: 雑記
Bad bad bad.
疲れた。


今日はもう何もする気になれない。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/21(火)   CATEGORY: 雑記
雨、そして止んだと見せかけて、雨。
だるいながら今日は火曜日。
イオンの火曜市なので行ってきた。

だって、もやし19円とか安いし。

もやし炒め好きだし。

それで今日は雨だったのだけれども、どうも止んだっぽいし、すぐ行って帰ってくるつもりだったから傘を持たず出家(←意味が違う)。
そうしたら小雨に。でも小雨くらいじゃ男は傘なんて要らないのさ。

…とか思ってたら本降りに。

結局、自宅に着く頃には自然界のシャワーを盛大に受けている状態なのでした。
嗚呼、バスタオルから柔軟剤の香りがする。。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/21(火)   CATEGORY: 雑記
彼は毎回無茶な注文をする、銃に関して。
体調不良の為、特に書くことはない。


強いて挙げるなら今朝ツライながらもどうにか大学へ行くも、そういえば今日は午後からだった。
不覚というか何というか、出る前にちゃんと確認しているにも関わらずわからなかったとは…。

そして授業の終わりにまた鼻血。慣れているので、まったく動じない。
本当、今月何回目だ? もはや20を超しているのではないかと思われるほどだ。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/04/20(月)   CATEGORY: 雑記
7777。
本日、授業中熟睡。

back nambar、UVERworld、BlieAN、MONICA URANGLASS。
最近主にローテーションで聴いてるバンド。

出来れば紹介したいのだけれども、著しく音楽的知識が欠如しているので、それは難しい。
けれど、一応出来る範囲で簡単に紹介してみるか。まずUVERworldは知名度がそれなりだしパスすることにする。back numberは綺麗なメロディーに切なげな歌詞が特徴的なセンチメンタル・ロック。適度な疾走感は、聴いていて心地が良い。
back numberとは変わって、BlieANはアグレッシヴな曲調。…これ以上は文章が思い浮かばない。もう聴いてみて欲しい。←放棄。
MONICA URANGLASSはいわゆるダンス・ロック系。ロック+トランス=“ロッカトランス”という独自のジャンルを行っているロックバンド。どうやら賛否両論分かれているらしいが、俺は好き。これももう聴いてもうらうしかないな。←完全放棄。
ちなみにUVERworldは「99/100騙しの哲」を気に入って聴くようになった。という蛇足。もしくは使い道のない予備知識。

昨日、「宇宙戦争」を観た。
想像とはかなり違っていて、アクション映画かと思っていたら全然そうではなく、人間の心理的描写が多くて、そしてかなりスリリングだった。「宇宙戦争」というのは名ばかりで、どう考えても「地球侵略」とか「地球蹂躙」とかが似合うタイトルだったと思う。最初は松本清張の「神と野獣の日」を連想したのだけれど、それより映画「ミスト」に近かったような。救いようのないというか、容赦ないストーリー展開が本当に目を離させない。「ミスト」と違ってバッドエンドではなかったのはよかった。「ミスト」観て「宇宙戦争」観て、バッドエンディングだったらちょっと嫌になってたところだ。
娘レイチェル役の子が先日観た「コール」にも出ていた、はず。……調べてみたらダコタ・ファニングという女優だった。かなりの演技力で、まさに天才子役だと思う。ちなみに調べる際に現在の写真を見たら思いのほか大きくなっていた。子供の成長は早いなぁ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。