みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/31(土)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(2)
 生まれて初めて行ったライヴはLucyのライヴだった。
 その頃のはまだ龍次とはそんなに仲が良かったわけでもないんだけれど、龍次が僕に声をかけてきたのだ。
「俺、バンドやってんだけどさ。今度ライヴあるからそれに来いよ」
 僕は返事を言わなかったけれど、僕が行くことは彼の中では決定していた。それで半ば無理やりにライヴハウスへと連れて行かれたのだ。
ぶ厚いドアを越えると大音量で流れるサウンド。あまりのヴォリュームに耳鳴りがした。
 そのときLucyがやったのはたった4曲で、だけどどれもカッコよくて、僕は1曲目の時点ですでに魅入っていたりしていた。そのあとに他のバンドもいくつか現れてきたから僕はそれも観たのだけれど、やっぱりLucyが一番カッコよかった。だって他のバンドとは全然違っていたから。「断然」なんて言葉はこんなときに使うんだろう。Lucyは他のバンドより断然、カッコよくてイカしていた。
 Lucyはカリスマ性のカタマリのようなバンドだった。

***

 朝から雨が降り続く日の授業はなんてつまらないんだろう。いつもに増して。雨がどこかから憂鬱を運んでくるんだろうか。
 とうとう白髪が混じり始めたといった数学教師は魔法のコトバを言っていた。数字といくつかのアルファベットで織りなされる魔法のコトバを。僕はそれを聞き流すようにして聞いていた。僕は魔法使いじゃないから、魔法のコトバなんて理解しようもない。なんて思いながら。
 マカフシギな羅列を黒板へ書き込んでいる数学教師の言葉をさえぎるように、教室のドアが開いた。クラス中の視線がドアの方へと注がれる。入ってきたのはミステリアスな雰囲気が漂うクールなイケメン・斉藤 健吾だった。
「すみません。遅れました」
 わかった、座れ。と数学教師が言うのが聞こえた。
 綺麗な黒髪、端整な顔立ちの美少年は少し雨で濡れていて、どこか色っぽかった。このときばかりは世の女性の気持ちが理解できてしまった気がする。不覚にも今、彼に口説かれたら落ちる自信が充分にある。

 授業が終わり、僕は健吾に声をかけた。
 周りからは女子の視線を感じる。なんでお前なんかが健吾様と親しくしているの? 誰も口には出しはしないけれど、そう聞こえてきた。
「濡れてるけど、大丈夫?」
「ああ。近くまで送ってもらったんだけど、結局濡れるのは変わらなかったな」
 そう言って健吾は濡れた前髪を掻き上げた。つややかな黒髪。
「それって例の?」
「ああ」
  実は彼には秘密のアルバイトをしている。
 お姉さま方や奥さま方と寝てお金を頂戴するというシークレット・アルバイト。きっと彼には天職だろう。彼のためならお金を出すって人はいくらでもいると思う。だって男の僕でさえ、抱かれたい! と思ってしまいそうになるのだから。なんて恐ろしい魅力だろう。
「再来週、龍次たちのライヴがあるんだって」
「来週のいつ?」
「えっと‥木曜かな」
「わかった。考えとく」
 雨で濡れた健吾はやっぱり色っぽかった。
 彼独特のミステリアスなオーラがさらにそれを助長させている。もしこのとき健吾に耳元で愛の言葉を囁かれでもしたら、抱いて! って思っちゃうんじゃないかと不安になる。危険な男。

***

 龍次に誘われてバンド練習を見に行く。龍次たちは駅前にある小さなスタジオで2時間ほど練習をした。
 帰りにみんなでゴハンを食べに行くことになった。しかもLucyのリーダーであるシンさんにおごってもらうことに。人の良いリーダーだ。
 僕らは駅前にあるラーメン店「やがみ」に入った。小さくてボロい店だけれども味は保証できる。店主も気さくで良い人だ。
 僕は醤油ラーメンを頼んだ。龍次も同じく醤油。だけどさらにコーンをトッピング。シンさんは塩。ドラマーのケンくんはとんこつをそれぞれ頼む。
 シンさんの名前は高橋慎之介。さっきもいったようにバンドLucyのリーダーであり、ギタリストだ。アッシュ系に染めた短髪に、いつもにこにこした笑顔のシンさんはLucyの曲のほとんどを作曲している。とにかくLucyはシンさんがいないと始まらない。
「ごめんね。おごるって言ってもラーメンなんかで」
「いや、全然構わないですよ。いいじゃないですかラーメンだって」
 僕らの会話を聞いて「やがみ」の主人は咳払いをした。どうやらラーメンを軽視しているような発言が気に入らないらしい。
「この前のライヴ、来てくれてたんだって?」
 そんなラーメン屋の主人なんか気にする様子はなく、シンさんは会話を進めた。
「はい。相変わらずカッコよかったですよ」
「ごめんねぇ。来てるの知ってたら挨拶くらいしてたんだけどさ」
「僕こそ挨拶もなしに帰ってしまってすみません」
「いいんだよ。義之君はお客さんなんだから。だいたい、そういうことを教えてこない龍次が悪いんだからさ」
 僕は龍次に目をやる。不機嫌な表情。
「俺のせいかよ」と龍次。
「うん」とシンさん。
 僕はもうひとりの方にも目をやった。さっきからとんこつラーメンを黙々と食べているドラマーに。彼の名前は大崎賢一。16歳。つまり僕らよりひとつ年下。僕の知る限りではケンはバンド内でのムードメーカー。彼はいつも明るい。
「ごちそうさまー」
 そう言ってケンが器に割り箸を置いた。
「食うの早えよ」龍次が言う。ケンは笑った。
「みんなが遅いんだよ」
「ちゃんと噛んで食べなきゃだめだよ」とシンさん。
 僕も笑った。まるでホームドラマのようだな、と思った。


(...to be continued)
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/30(金)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(1)
 その重々しい防音の扉を開けると、そこには相変わらずの薄暗くせま苦しい世界が広がっていた。そして鳴り響く爆音。
奥にそびえるステージの上には4人の男たち。ギターとベースは掻き鳴らされ、ドラムは激しく叩かれている。そしてヴォーカルは高く声をあげている。その中でも一際(ひときわ)目立つ、真っ赤な髪をタテガミのように立ち上げている男の名は村上龍次。このバンドのベーシストだ。

 Lucyのライヴにあるのは爆音、歓声、カリスマ性。
 歌詞がいいとか、メロディーがどうとかじゃない。僕には音楽の上手い下手なんてわからないけど、彼らの音楽は、ズン、と心に響く。とにかく理屈とかそういうのを超えた凄さが彼ら――Lucy――にはある。

 あっという間に数曲が終わり、彼らはステージ上から去っていった。それと同時に交代で別のバンドが現れ、演奏を始めた。けど、彼らもLucyのあとではレヴェルの違いがありすぎるよな、と僕は思った。その場にいた誰もがそう思ったんじゃないだろうか。
「よう、来てたのか」
 ステージ上のバンドが3曲目に入ろうとしていたところで龍次が声をかけてきた。
「だって来るって言ったろ?」
 龍次は着ているTシャツで額(ひたい)に流れる汗を拭った。
「それに来いって言ったのは龍次じゃないか」
 僕がそう言うと、そうだったな、と龍次は軽く笑った。
「ライヴ、どうだった?」
「よかったよ。カッコよかった」
 それを聞いた龍次は当たり前だろ? と言いたげな表情をした。彼はいつも自信満々。たまに自意識過剰だ。
「これからメシ食いに行こうかと思ってるんだけど、お前はどうする?」
「それっておごり?」欲を出す僕。
「シンのな」それを他人に押し付ける龍次。
 時間も遅いということもあって、僕は龍次の誘いを断って帰ることにした。
 ライヴハウスから出ると蒸されるような熱気から開放され、涼しい風が心地よかった。外はもう暗かったけれど、僕は帰りにCDショップに寄ることにした。そして、結局のところCDがずらりと並ぶ店内で1時間近くも入り浸ってしまった。どうにもCDショップに入ると長くなってしまう。
 この日、僕が買ったのはポップなナンバーを歌う3ピースのガールズバンドのミニアルバム。ジャケ買い。

***

 申し遅れたけれど、僕の名前は加藤 義之。とある田舎のとある高校に通う2年生。17歳。
 メガネをかけているせいか頭がいいと見られがちなのだけれど、決してそんなことはない。僕の通う高校を見てもらえばわかると思うんだけど、我が校の生徒たちは俗にいう不良で、バカで、びっくりするほど偏差値が低い。
そんな学校に通う僕ももちろんその程度の学力の持ち主であるし、だからさっきも言ったように決して頭がいいなんてことはない。
 我が校が誇るのはその偏差値の低さだけではなく、毎年学年から20人も30人も辞めていっているのに近隣の高校より断然多いという生徒数。つまるところ、いわゆるマンモス校だったりする。バカなだけじゃなく、数も多いからやっかいなのだ。

 素晴らしいほどバカが揃ったこの高校の中ですら問題児と称されるのはLucyのベーシストである村上 龍次。まあ、彼のあの燃え盛るような真っ赤な髪を見てもらえば、彼が問題児だということは一目瞭然だと思う。きっと誰もに頷いてもらえるんじゃないだろうか。
 人を髪の色で判断しろとは言わないけれど、やっぱり彼は別。正真正銘、見た目通りなのだ。

 教室のドアが開いた。誰かが入ってくる。僕はそちらに目をやって、入ってきたのが龍次だということに気付いた。
「次のライヴが決まったぜ」
 意気揚々とした口調で龍次は言った。
「へえー、いつなの?」
「再来週」
 再来週、再来週か。
 僕が「たぶん行く」と龍次に伝えると、彼は自分の教室に帰っていった。その姿はどうにも眠そうだ。たぶんさっきまで寝ていたんだと予想。彼が「ふぁあ」とあくびをしたのが見えた。


(...to be continued)
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/29(木)   CATEGORY: 短篇小説
ボーイズ・ラン(後編)
 部活を辞めることシュンに言った。シュンは何も言わなかった。
 放課後になり、ぼくは退部届けを持って職員室へと足を運ぶ。職員室が見えてきたあたりでぼくは名前を呼ばれた。
「タカハシ!」
 振り向くとシュンがいた。
「こっち来いよ」
 ぼくは連れられるがままにシュンについていった。階段をのぼって屋上へとつながるドアのノブにシュンが手をかける。屋上に続くドアのカギは開いてるのかなとぼくは心配したけれど、そんな心配は必要ないほどにすんなりドアは開いた。そうしてぼくらは屋上に出た。
「なんで辞めるの?」
 シュンの問いにすこしとまどいながら答えた。
「ぼくは大会に出てもいつも下位だ」
「そんなの頑張って練習すりゃいいじゃん」
「いくら頑張ってもだめなこともあるよ」
「でも頑張ってみなきゃわからないだろ」
「才能がないんだよ」
 シュンが何かを言いかけたが、ぼくの言葉がそれをさえぎった。
「ぼくはシュンみたいに才能があるわけじゃない」
 きっとぼくには走る才能がない。それは練習をしていてわかる。周りにどんどん追い抜かれていく感覚。ぼくはシュンと違った。
 でもぼくは知っていた。シュンは才能だけで走っているんじゃないことを。部の練習はみんなよりきつい特別メニューだし、部活がないときも自分なりに速く走るためにひとり練習していたことも。シュンが速いのは才能だけじゃない。その努力が実を結んでのことだった。
「おれは楽しいよ」
 シュンは続けた。
「おまえがさ、おれのこと陸上部に誘ってくれたじゃん。でも最初はそんなに興味なんてなかったんだ。だけどそのうち走ることが楽しくなった。前より速く走れるようになると嬉しくてたまらないんだ。だからもっと速く、もっと速くって思いながら練習した」
 ぼくは何も言わなかった。
「つまりさ、おれに火を点けたのはおまえなんだ。おまえが点けた小さな火は徐々に勢いを増して今では大きな炎になってる」
「でも、頑張ったのはシュンだ。ぼくは何もしてない」
「おれはタカハシに感謝してる。走ることの楽しさを教えてくれたのはおまえだよ。だからおれはおまえにもそれを知ってほしい」
「ぼくにはわからないよ」
「大会だって近いじゃん。それに出てからじゃ遅いのか?」
 そんなことはなかった。
「今までタカハシが頑張って練習してきたのを知ってるよ。練習さぼってるやつだってたくさんいたけど、おまえは休まずに練習を続けてたじゃんか。おまえに才能ないなんてことはない。続けることだって、きっと才能なんだぜ?」
 続けることが才能。きっとシュンはその才能も持っているのだろう。それがぼくにもあるのだろうか。シュンの脚は先天性の才能だ。だけど努力という才能はぼくにも手に入れれるはずだ。
 結局、ぼくは退部届けを出さなかった。今までの練習の成果を見ないまま去るのも口惜しい気がしたから。

***

 それからのぼくは、いつもの倍は練習に励んだ。部活のないときも自主練をした。努力くらいはシュンに負けないようにと頑張った。そしてあっという間に大会の日を迎えた。
ぼくの出る競技は男子3000M。きっとぼくには上位入賞はむりだと思う。だけど練習の成果がどれほどなのか知りたかった。ぼくの相手は他の選手の誰でもない。ぼく自身だ。


 競技のトラックに立っていた。しばらくピストルが鳴る。選手たちは走り出す。ぼくも走り出した。
 トラックを2周するとぼくは先頭集団を追う第2集団の中にいた。そのまま3周目に入った。脚が軽快に動く。今日のぼくは調子がよかった。
 すこしペースが落ち始めてきた。5周目に入ってから他の選手にも疲労が見えてきた。ペースダウンして後方にまわってしまっている選手も少なくもない。ここでペースダウンしてしまっては先頭集団に追いつくことは不可能だ。気合いを入れた。すこしずつペースをあげる。前を走る2人を抜き、ぼくは第2集団のトップに出た。勝負はここからだ。
 6周目。脚が重い。それでもペースを落とすことはできない。スタンドではぼくを応援する陸上部の姿が見える。応援の声はトラックを走るぼくには届かなかった。だけどシュンが応援してくれていることはわかっている。ぼくは重い脚をあげてさらにペースをあげた。先頭集団まであと5メートル。必死の追い上げ。ぼくは力を振り絞った。
 
***

ぼくが先頭集団に追いついたときはもう7周目に入ってしまっていた。勝負は最終場面へと突入する。本当はもう脚が叫び声をあげている。だけどそれにかまわず走った。
後方から迫って来る感覚。そのまま誰かがぼくを追い抜いていった。もうラストスパートをかけているやつはかけている。ぼくは最後の力を振り絞り加速する。全身全霊をかけて走った。
 ぼくは2、3人と追い抜いた。息があがる。もうまともに呼吸ができていない。それでも走りを緩めることはできない。汗が目に入りそうになる。脚を振り上げて地面を蹴った。
 気付くと前を走るのは2人。ぼくは現在3位だった。初めての感覚。胸の奥が熱い。このままいけば入賞できるだろう。そう思っていたらあの息苦しさはなくなっていた。身体がみょうにスムーズに動く。いける。ぼくは1位を目指して走った。

***

 そのあとぼくは2位までのぼりつめた。1位との距離は1メートルもない。あとすこし頑張れば1位になれるところだった。そう思ったとき後続の選手に追い抜かれた。3位。残り100メートル。どの選手も最後の力を振り絞って走り出した。ぼくはペースアップしているつもりがペースダウンしていた。また1人追い抜かれていった。

***

 ゴールの越えるとぼくはトラックに倒れこんだ。もう走れない。ぜえぜえ、と乱れた息の音が聴こえる。心臓は破裂しそうなほど強く速く脈打っていた。
 結局、ぼくは5位だった。それでもぼくには大きい5位だった。もうすこし頑張れれば1位にだってなれたはずだ。ぼくは初めてもっと走りたいと思った。シュンが感じた感覚もこんなものだったのだろうか。

***

 シュンがぼくに言った。
「速いじゃん」
「シュンには負けるよ」
「でも、おれはあんな距離ずっと走ってられねえぜ。長距離だったらタカハシにかなわないよ」
 そう言ってシュンは笑った。ぼくも一緒になって笑った。胸の奥はまだ熱いままだった。

***

 100Mトラックに選手たちが並ぶ。アナウンスでひとりずつ選手が紹介される。シュンは自分の名が呼ばれると手をあげたあと一礼した。
「位置について」
 選手たちがキックスターターに脚をかけた。シュンも脚をかけた。
「よーい」
 息を呑む選手たち。短距離にとってのスタートはぼくたち長距離とは比べものにならないほど大切だ。神経を集中させてピストルが鳴るのを待つ。

 パァァァァン。

 ピストルが鳴ったのと同時に選手たちは走り出した。
 短距離は一瞬の勝負だ。シュンは他の選手をどんどん突き放していく。きっともう誰も追いつけない。シュンは風のように走った。そのままどこまでも駆けて行くようだった。
つづきを表示
[ TB*0 | CO*8 ] page top
DATE: 2008/05/28(水)   CATEGORY: 短篇小説
ボーイズ・ラン(前編)
 部活の帰り道、女性の叫び声が聴こえた。振り向くと女性からカバンを奪って走っていく男がひとり。それがひったくりだと気付くのに数秒かかった。
 ぼくは所属する陸上部の中で速いほうではない。それでも走ればひったくりの男に追いつける可能性はあると思った。ぼくは走った。ひったくりとの距離はあるが、持久戦になればこっちが有利だ。
 そう思っていたとき、ぼくの横を人影が通り過ぎた。それは少年だった。その少年はぼくと同じ学校の制服を着ていた。
 少年はぼくを軽々と追い抜いたうえにどんどんと距離を離した。それとは反対にひったくりとの距離は縮む。彼はあっという間にひったくりに追いつく。そして跳んだ。彼は自分の頭と同じくらいの高さまで跳んだ。そしてひったくりに渾身(こんしん)のドロップキック。ひったくりの男は一撃でダウンした。

***

 ひったくりを見事に捕まえた少年の名前は三浦 瞬。ぼくと同じ中学に通っていて学年も同じだった。
 ひったくりを捕まえた彼は警察に表彰された。一躍(いちやく)学校の有名人。そしてぼくはというとヒーローになるチャンスをみすみす逃してしまったマヌケ。
 その後、シュンは陸上部に入った。実はそれを誘ったのはぼくだ。シュンの脚は速い。シュンは陸上部の誰よりも速いという自信すらあった。
 案の定、シュンはあっという間に陸上部のエースとなった。期待の星だ。初めての大会では100M走で2位になった。そして走り幅跳びでは3位の成績だ。
 シュンはヒーローだった。ぼくはそのヒーローの親友となった。ぼくらはいつも一緒にいた。いつもふたりではしゃいだ。

***

 部活の練習は毎日のようにある。シュンは他の選手とは違う特別メニューを与えられていて、ぼくはそれを眺めながら走っていた。同じ円をぐるぐると。
 大会が近くなると部の練習が一層ときつくなった。この大会で上位に入れれば全県大会へと駒を進めることができる。上位を目指しているやつは気合いを入れて練習に励んでいた。ぼくはそれほど頑張るわけでもなく、いつもの通りに練習にあたった。
 
***

 きつい練習を終えてぼくとシュンは帰り道を歩いた。シュンは誰よりもきつい練習メニューをこなしているはずなのに愚痴をこぼさない。ぼくといったらいつ音(ね)をあげるかわからない状態。
 シュンは楽しそうにいう。
「先生がさ、おれならきっと全県大会にいけるって」
「へえ。よかったね。ぼくもそう思うよ」
「そうかな」
「うん。シュンなら全県どころが東北大会にもいけるよ」
「頑張るよ」
「応援してる」
 本当は全国にだっていける。ぼくはそう思っていた。シュンにはその才能がある。ぼくはうらやましかった。自分にはない才能が。

***

 ヒートアップする練習にぼくはついていくのすらきつかった。何のために走っているのだろう。わからない。ぼくはとうとう音をあげた。

 次の日、ぼくは退部届けを持って学校へと向かった。
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/28(水)   CATEGORY: 雑記
萬紅堂通信/創刊号
どうも、萬紅堂です。
不定期ながら『萬紅堂通信』というものを掲載していきたいと思います。
内容としてどんなことを書いていくかはまだ未定ですが…(汗)

とりあえず今回は更新情報だけを載せておきたいと思います。



今後の掲載予定です。

5/28 「ボーイズ・ラン(前編)」
5/29 「ボーイズ・ラン(後編)」
5/30 「爆音デイズ」連載開始(全14話) ※毎日PM12:00更新

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/27(火)   CATEGORY: 雑記
ハジメマシテ。-Nice to meet you!!-
初めまして。
萬紅堂と申します。

私、小説まがいのものを書いておりまして、ここにはそれらを載せて参ろうかと思います。
お目汚し程度ですが、読んで頂けたら幸い、気に入って貰えたなら有り難いです。

どうか宜しくお願い致します。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。