みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/12(木)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(14)
 その後、ココさんは警察に逮捕された。
 当たり前だけど、傷害罪だ。どれくらいで戻ってこられるかはわからない。しかし相手を殺したわけでもないし、そこまで長い間でもないだろう。きっとすぐにこの街に戻ってこられると思う。
 そして澤田と三井も病院へと運ばれたあと、警察へと送られた。澤田の顔は元通りには治らなかったらしい。まぁ、あれだけ殴られれば当然かもしれない。ナイフで刺されたところも命に別状はなかった。もし死んでココさんの罪が重くなることを考えると本当に死ななくてよかったと思う。やつ程度の命にそれはわりに合わない。
 ちなみにココさんも最初は病院に送られて手術をした。顔を20針も縫ったらしい。きっと傷は一生残るはずだ。

***

 次のライヴがLucyのラストライヴになる。これを最後にLucyは解散することになった。理由はヴォーカルがいなくなったということ。最後のライヴでは佑太さんの代わりに龍次がヴォーカルを務める。ベース兼ヴォーカル。ちょっと彼には荷が重いかもしれないな。

***

 事件が終わってから僕らは集まった。Lucyのメンバー。それに僕とレイコと哲郎さん。
いきなり、龍次は佑太さんを殴った。
「あんたなんだろ?」
 龍次は言う。
「やつらにシンを襲わせたのはあんたなんだろう?」
 龍次は佑太さんを睨みつけた。
佑太さんは何も言わなかった。
「三井から聞いたよ。あんた俺のことが気に入らなかったんだってな」
「ああ」
 ついに佑太さんはその重い口を開いた。
「お前のことは最初から嫌いだよ」
「なんでだよ」
「お前には才能があるからだ。ベースだけじゃない、ヴォーカルとしての才能もある。俺はそれが気に入らなかった」
 それは嫉妬だった。
「このメンバーはみんなすごい才能がある。それは理解しているつもりだ。そして俺は、自分が一番才能のないことに気付いてた。だからいつもお前らに劣等感を抱いてたんだ」
 シンさんはつらい表情をしていた。
もしかしたらシンさんは佑太さんの抱くコンプレックスに気付いていたのかもしれない。
「透とは元々同じバンドのメンバーだったよ。俺は三井が松田のグループとつながりがあるのを知っていた。だから透と組んでお前を潰そうとしたのさ」
「じゃあ、なんでシンを?」ケンが訊く。
「透は松田のグループにいる澤田ってやつと仲が良かった。透はLucyのベーシストをリンチするようにと、きっと澤田にお願いしたはずだ。それで澤田は自分の手下を使ってベーシストをリンチさせた。けど、そいつらにはベースもギターもわかんなかったんだな。澤田がちゃんとお前の特徴を教えていればこんなミスは起きなかったはずだよ」
 つまり蛇ピアスの男たちはギターを背負ったシンさんをLucyのベーシストだと思ったわけだ。シンさんからしてみればとんだとばっちりだ。
「シンは俺をLucyのヴォーカリストとしてメンバーに誘ってくれたやつだ。だから俺もショックを受けたよ。それで俺はもういいと言ったんだ。俺が龍次なんかを潰そうとしたのがいけなかったんだって思ったからな。それで澤田たちもこの件から手を引いたはずだった。でも、龍次、お前が余計なことをするからここまで騒ぎが大きくなったんだ」
 誰しもが予定外のことだったんだろう。
 龍次がシンさんを襲ったうちのひとりを捕まえて、そこから事件はさらに大きく発展をしてしまった。
「女、レイコだったか? あんたには悪いことをした。最初の事件を見たのもあんたなんだろ? そのうえ龍次たちとこそこそ嗅ぎ回ってるから澤田たちも目障りだと思ったんだろうな」
 この事件にレイコを巻き込んでしまったのは僕だろう。本当に謝るべきなのは僕なのだ。僕はレイコに謝った。けれどレイコは気にしていないと言った。クールすぎる氷の女王。
 そのあとも佑太さんはひとり話し続けた。そしてすべてを話し終えるとどこかへと行ってしまった。どこへ行ったのかはわからない。けど消え去ってしまった。もうこの街にはいない。

***

 すべてが終わったあと哲郎さんは龍次に言った。
「俺のバイク、お前にやるよ」
「ヨンフォア?」
「そう。それも完璧なメンテで新車同然のやつ」
 そうして龍次の愛車は黒のディオから赤のCB400Fourになった。
 龍次は僕にディオをくれると言った。だから原付の免許を取れと。それで僕は今、原付バイクの免許取得に向けて勉強をしている。

***

 ライヴハウスの中は相変わらず暑かった。汗がとめどなく吹き出る。レイコは冷たいウーロン茶を持ってきてくれた。しかしこれが飲んでみるとウーロンハイだった。アルコールが体を巡る。
 そういえば、ひとつレイコに訊きたいことがあることを思い出した。
「あのさ」
「なに?」
「井上陽水の中で好きな曲ってなに?」
「なんで?」
「ちょっと気になったから」
 レイコは少し間をあけてから言った。
「少年時代」
 なんだ。レイコもありきたりじゃないか。
 そう思っているとステージから龍次の声がした。これが最後のライヴになります。そんなことを言っている。
「じゃあ、ちゃんと最後まで聴いていけよ!」
 龍次は歌い始めた。今度はバラードではなくてうるさいハードロック。
 せまく薄暗い部屋でステージを照らすスポットライトが熱気を放っていてとても暑い。ギターにベースにドラム。それらが今日もこの世界を揺らす、爆音が鳴り響いていた。

(Fin.)
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/06/11(水)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(13)
 メールの着信音が鳴った。龍次はケータイのディスプレイの目を落とす。メールはブラッドオレンジスの孝幸からだった。
 メールの内容を見た龍次は、急いで愛車デュオのエンジンをかける。それは三井透の目撃情報だった。龍次はフルスロットルで現場へと向かう。

***

 僕のケータイが鳴った。僕は電話に出る。もしもし。「俺、健吾だけど。どうしたの? 今、龍次がものすごいスピードでスクーター飛ばしてったけど、何かあったのか?」
 哲郎さんがバイクに乗るところが見えた。僕は駆けていって声をかける。そして事情を話してバイクの後ろに乗せてもらうことにした。僕らは龍次が向かう先へと向かった。

***

 喫茶店「あおぞら」から200メートルほど先に行ったところに三井透はいた。
僕が着いたときには、三井はすでにボロボロだった。もう龍次に嫌というほどぶちのめされたあとだったからだ。龍次は三井の前に立ち、やつと何かを話している。
「ありがとうございます」
 僕は簡単に礼を言い、哲郎さんのバイクから飛び降りた。そして龍次のもとへと駆け寄る。しかし反対方向からも同じような影があるのに気付く。誰かが龍次に近づいていた。手には銀色に光るバタフライナイフ。それは澤田海人だった。
 澤田が龍次を飛びかかった。それは三井を助けるためだったのか、それとも龍次への報復のつもりだったのかはわからない。龍次は澤田のナイフを避けた。そして構える。いつものボクシングのファイティング・ポーズ。澤田のナイフ攻撃を見事に避けながらボディブローを打ち込んだ。だけど龍次の攻撃は失敗をし、澤田のナイフが龍次の右腕にめり込んだ。

***

 気付いたら澤田は車道へと吹っ飛んでいた。周りに車の姿はない。
 龍次の前に立っているのはエクスタシーのゾンビヴォーカルだった。ココさんは車道に倒れた澤田に飛びつきマウントポジションでひたすら殴った。澤田の鼻からは血が流れる。口からも。澤田の顔が元の倍サイズに整形されてもココさんは殴る腕を止めなかった。
 もし、あそこまで顔の原形をなくしたがる人がいるとすれば、それは全国指名手配犯くらいのものだと思う。
「もういいだろ?」
 龍次はそばに寄って、ココさんの腕を押さえた。
 ココさんは泣いていた。なぜかはわからない。しかし深い悲しみの涙を流していた。
「もう、仇はとれたろ?」
 龍次はすべてをわかっているようだった。
 ココさんがなぜあんなにも深い悲しみと怒りに身を包んでいるのかも。
「レイコさんを傷つけられたのが許せなかったんだよな」
ココさんは少し変わっている。けれど人一倍に仲間を大切にする人だったのだ。
 このとき龍次は油断していた。もはや澤田の戦意は喪失しているのだと思っていたのだろう。その隙を突いて澤田はずっと握りしめていたナイフでココさんの顔を切り裂いた。ココさんの顔面からは血が吹き出る。
 とっさに龍次は動こうとしたけれど、ココさんの方が早かった。血を吹きながら澤田の手からナイフをもぎとった。そして澤田にナイフを向ける。次の瞬間、澤田からも血が吹き出る。
 あたりは血だらけとなった。

(...to be continued)
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/10(火)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(12)
 教室の窓の外からバイクのエンジン音が聴こえてきた。下校しようとすると赤いバイクの前に龍次と知らない男の人が立っていた。なんだか優そうな人だと俺は思った。
「お、義之じゃん」
 このとき僕は龍次に森本哲郎さんを紹介してもらう。どうやら龍次の兄さんの友達らしい。そして龍次の兄貴分でもあるそうだ。
あとから聞いた話だと哲郎さんは地元では有名なバンドのギタリストだったらしい。でもその有名バンドはヴォーカルのプロデビューにより数ヵ月で解散してしまったんだとか。
「やっぱヨンフォアはカッコイイね」
 龍次は哲郎さんのバイクに目をやった。
「そうか?」
「ああ。俺も欲しいね」
 赤のCB400Fourは古いけれど丁寧にメンテナンスされていて、新車のように輝いていた。たしかにカッコイイ。教室にいたときに聴こえてきたエンジン音。あれはこのヨンフォアのものだったらしい。
「シン、入院してたんだって?」
「ああ。もう退院したけどな」
 龍次は哲郎さんに事件のあらましを簡単に説明した。哲郎さんはそれを黙って聞いた。
 話が終えると哲郎さんが言った。
「三井って、昔、紅魔ってバンドやってた三井だろ?」
「そう、その三井透」
「ふーん。たしか佑太も紅魔にいたんだよな」
 なんと三井と佑太さんは昔同じバンドのメンバーだったらしい。三井と佑太さんに共通点は愛用のセブンスターだけではなかったようだ。
 これは何を意味するのか、このときの僕はまだ知らない。

***

 事態は思わぬ急展開をし、そして終結した。
 今回の事件は決着がついても誰もすっきりはしなかったんではないだろうか。僕はみょうなもやもやが心に残っている。

(...to be continued)
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/09(月)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(11)
 病院で診てもらったところ、レイコの傷は浅く、幸い大事には至らなかった。しかしいくら浅くとも女の子の体に傷があるのは好ましくない。それにレイコは顔を殴られもしたようで左頬が少し腫れていた。僕はの心の奥底では深い憤(いきどお)りが芽生えいた。
「全然大丈夫よ。気にしないで」
 レイコの左腕には包帯が巻かれていた。気にしないなんてできるはずがない。
「ごめん。僕のせいだ」
「いいえ。仕方なかったことよ」
 何が仕方ないんだ? ケガしてしまったことだろうか。それとも僕がレイコを守れなかったことだろうか。
 龍次が言った。
「ついでにシンのところへ寄っていこう」
 僕は頷いてシンさんの病室へと向かった。いつものようにドアをノックして開ける。
「ケンに聞いたよ。大丈夫だった?」
「俺と義之はな。でも、レイコさんがケガしちまった」
 でも大丈夫です、とレイコは言う。
「いや、女の子がケガしたんだ。大事だよ」
「いえ、本当に大丈夫です」
 シンさんが龍次を睨みつけた。いつものにこにこした顔からは想像できない表情。
「悪い。たしかに俺のせいだよ」
 そう言って龍次は謝った。けれど龍次は何も悪くはない。レイコを連れて行ったのは僕だ。責められるべきは僕にあるんだ。
「それでやったのは?」
「ミツイ。あいつがいた」
 僕が龍次に聞いた話だとミツイはセブンスターのギタリスト。本名は三井透だ。
「あの、セブンスターってLucyのこと嫌ってますよね」
 レイコが言った。それは初耳だ。
「うーん、そんな噂もあるね。まぁ、単に気に入らないだけみたいだけど」
 今の時点での予想はこうだ。黒幕はセブンスターのギタリスト三井透、またはセブンスターのメンバー全員。そして犯行の理由は気に入らないから。至ってシンプル。至って明快。

***

 駅前のスターバックスでアイスコーヒーを啜(すす)る僕と龍次。そして僕らの向かえにはセブンスターのヴォーカル魔央さんとベースの幽鬼さんが座っていた。
「俺らがキミらを嫌ってるって話はあるけど、実際のところ本当に嫌ってるのは三井くらいなんだよ」
 そう言ったのはヴォーカルの魔央さんだ。
「じゃあ三井はなんで俺らを嫌うんだよ?」
「さあ。でもLucyは才能あるバンドだからね。嫉妬とかもあるんじゃないかな」
 幽鬼さんがキャラメルクリーム・フラペチーノのクリームを口へと運ぶ。
「そう言ったら半田もそうだけどね。だからここにも来てないし」
「ああ、そうだね。半田もLucyのことあまり好きじゃないみたいだね」
 半田了はセブンスターのドラマーで、僕らと同じ17歳。
「じゃあ、半田と三井が一緒になって俺らを襲っているっていうのは?」
「半田はそういうやつじゃないよ。それにいくら三井でもそこまでしないと思うけどなぁ」
 結局、大した収穫はなかった。しかし三井は昨日から連絡がとれていないらしいことはわかった。やはり黒幕は三井透だろうか。僕らは魔央さんと幽鬼さんに礼を言って店を出た。
 ちなみにセブンスターというのはメンバー全員が同じ煙草の銘柄を吸っていることから由来しているらしい。まぁ、魔央さんと幽鬼さん以外は未成年だけれど、別に未成年の喫煙なんて珍しいものじゃない。
 そのとき僕は佑太さんのことを思い出していた。愛用のセブンスターを吸う佑太さんの姿を。

***

 4週間の入院生活を終え、シンさんはついに退院を果たした。といってもまだケガは完治していない。ギターはもう少しおあずけらしい。
 退院から3日後、シンさんの退院祝いの記念ライヴが行われた。ライヴハウスのオーナーも快くライヴハウスを貸してくれ、龍次たちの知り合いバンド3組がライヴを披露した。
そしてLucyの演奏ではケガをしているシンさんの代わりにブラッドオレンジスの孝幸さんが代理で参加してくれた。そして相変わらずだけど、すごいライヴだったと思う。
 そういえばひとつ教えときたいことがある。記念ライヴでは珍しく龍次も歌ったのだ。それもハードロックなんかではなくて切ないバラードだ。しかもすごくうまい。僕は龍次にバラードを歌う才能があるなんて知らなかったし、不覚にもそれで感動して泣いてしまったのだ。
「あの人、歌う才能もあるのね。少し嫉妬しちゃうかも」
 たしかレイコはそう言っていた。
嫉妬。そんなものがなければ今回の事件なんて起きなかったはずなのだ。

***

 レイコや龍次を襲ったナイフ男の名前は澤田海人だと爬虫類男が言った。やつが澤田だったのかと僕は思った。
澤田も三井も自宅には帰っておらず、現在行方不明中だ。これでクロはほぼ確定だろう。
 行方不明といえば、エクスタシーのゾンビヴォーカルであるココさんも行方不明中なのだった。レイコがケガをしたあの日から連絡がとれていないらしい。原因は不明。

(...to be continued)
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/06/08(日)   CATEGORY: 爆音デイズ
爆音デイズ(10)
 ブラッドオレンジスの2人にはセブンスターが拠点としているライヴハウスの場所を教えてもらうことに成功した。ケンはこれからシンさんのところへ行くらしく、僕らは別行動になった。
 目的のライヴハウスへ向かっているところで、偶然レイコと会った。
 僕が事情を話すと、レイコはついてきてくれることになり、僕とレイコは20分ほどバスに揺られてから地上に降りた。僕らが降りたバス停から5分ほど歩くと目的のライヴハウスが見えてきたが、そこは多少わかりにくい場所にあった。人通りは少ない。
 このとき僕が油断をしていなければ、あんな悲惨な結果にはならなかっただろうと思う。すべては僕のせいだ。このときのことは、ずっと後悔している。

 ガツン。僕は後頭部を殴られて地面へと倒れこんだ。意識が薄れゆく。夏のアスファルト上に陽炎がゆらめいているのが見えた。


****

 龍次が爬虫類男を連れてタクシーを降りる。もちろん料金は爬虫類男が払った。
 澤田が向かったというライヴハウスは、大通りから離れていて人通りの少ないところにあった。ライヴハウスの入口手前で、龍次は足を止めた。龍次の立つ場所から50メートル離れたところに、龍次の目には地面へと倒れ込む義之の姿が見えたからだ。
 爬虫類男を置いて龍次は走った。義之のとなりにはレイコの姿が確認できた。そしてそれを囲む3人の男。その中に懐かしい顔がひとり見える。左耳にぶらさがるのは赤い眼の蛇。
 走る龍次にひとりの男が向かった。そして迸(ほとばし)る銀の閃光。
 龍次はそれを避(よ)けた。ナイフを持つのは茶髪に切れ目の男だった。龍次はファイティング・ポーズをとって、ナイフ男と対峙する。
 流れる短い沈黙。先に動いたのはナイフ男だった。龍次は半歩下がり、男のナイフは龍次の鼻先をかすめた。龍次は地面を蹴って一気に間合いを詰め、そして得意のワン・ツー。それは見事に命中した。ナイフ男の顔がゆがむ。トドメにわき腹に一撃を食らわせ、男は倒れた。
 仲間のひとりが倒れたのを見て“蛇の男”は構えた。連戦の龍次は少しばかり息が荒く、勝負は短期決戦であると予想された。先ほどのナイフ男と同様にスピーディーに倒さなくてはならない。龍次の額からは汗が流れた。
 いつの間にかに龍次の背後には爬虫類男が立っていた。それに気付いて龍次は男から離ようとしたが、しかし“蛇の男”はそれを防ぐために前に出る。龍次のジャブで“蛇の男”はひるんだが、龍次は背後の爬虫類男に捕まってしまった。そして蛇男の一撃。龍次は呻いた。

***

 僕が意識を戻して目を開けると、そこには満身創痍の龍次が立っていた。そして龍次の足下(あしもと)には2人の男が倒れている。そのうちひとりは見覚えがある“蛇の男”だった。
「よう、やっと目を覚ましたか」
 後頭部がズキズキと痛んだ。
 となりを見るとレイコが倒れていた。腕からは血が流れている。ナイフで切られたかのような傷。
「とりあえず、病院に行くか?」
 そう言って、龍次は苦笑した。


(...to be continued)
つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。