みやび萬紅堂。
いらっしゃいませ。コメントはお気軽に。
DATE: 2017/02/06(月)   CATEGORY: MUKURO・黙示録篇
MUKURO・黙示録篇‐21 (魔の狂宴Ⅴ)
 黒い津波のように迫る鼠の群れに無数の銃弾を浴びせたが、焼け石に水だった。すべて呑み込まれていくだけだ。尾見重利は弾切れになった89式小銃を投げ捨て、木製バットで鼠を叩き潰すことにした。やはり意味のある行為とは呼べなかったが、何もしないよりはましだった。体に這いあがってくる鼠を払い落とし、叩き潰す。バットには鼠の血と肉片がこびりついた。
「シゲ、そこどけ!」
 居坂が尾見に呼びかける。見てみれば居坂と益岡が両手にポリタンクを持って走ってきていた。2人は尾見から20メートルほど離れた場所で立ち止まり、ポリタンクの中身を廊下にぶちまけ始めた。尾見は、臭いでそれがガソリンだとわかった。
 尾見がバット片手に走った。何匹もの鼠を踏み潰す感触が足の裏にあった。けれど構わず走る。居坂と益岡もひとつずつポリタンクを持って、ガソリンを撒きながら走り始めた。尾見も残ったポリタンクのうちのひとつを掴み、2人を追う。ガソリンまみれの廊下を一歩進むたびにアディダスがガソリンを吸ったが、気にしている余裕はない。
「急げ! もっと早く!」
 居坂に急かされ、尾見は速度を上げた。鼠の群れはあっという間に尾見を追い抜いて、居坂たちのところにまで迫っている。ふくらはぎに痛みがあった。鼠に噛みつかれているのだろうことは想像がついたが、立ち止まれない。走りにくいため、バットは捨てていた。重かったポリタンクも後方の鼠たちに向かって投げ捨てた。残念ながら鼠の勢いには影響していない。
 前方では益岡がライターに火をつけているのが見えた。やばい、急がねば。2人に追いつくまであと10メートルほど。2人が捨てたポリタンクを飛び越える。あと8メートル。ライターの火が益岡のくわえる煙草に移った。赤い点が薄暗闇に浮かんでいる。あと6メートル。煙草が宙に投げられた。あと5メートル。目の前の床が燃え上がり、炎が一気に押し寄せてきた。こうなってしまえば神に祈るしかない。尾見は全速力で炎の壁にタックルして突っ込んだ。アディダスのスニーカーが熱い。きっと燃えている。頬も焼けている。それでも尾見は足を止めずに走り続けた。数秒後には炎燃え盛る廊下を抜けて、視界が開けた。居坂と益岡の姿が見える。
 助かった……

 尾見は力尽きて床に倒れた。全身が熱かった。居坂と益岡は大急ぎで火消しにかかった。2人は服を脱いで、燃える尾見を必死にはたいた。火は消し止められたが、素人目に見ても、尾見は重度の火傷を負っている。このままでは助かるのか、居坂にはわからなかった。
 炎の海から燃えながら走り続ける鼠が何匹か現れ、居坂は益岡と一緒になって踏み潰した。もがき苦しむような鼠の鳴き声がキイキイと聞こえてくる。いい気味だ、と居坂は思った。
「ぐあッ」
 益岡がうずくまるのを見て、居坂が駆け寄ると、益岡の喉に鼠が一匹喰らいついていた。居坂は鼠を蹴り飛ばし、追いかけて踏み潰したあと、益岡の様子を確かめた。すごい勢いで喉から血が溢れている。頸動脈を噛みちぎられたか……。居坂は絶望的な気持ちになった。医学の知識はないが、頸動脈を切断されては助からないだろう。手当てするにも、きっと間に合わない。益岡のことは諦めるしかなかった。居坂はゆっくりと益岡を床に横たわらせた。
 尾見はどうだ?――そう思ったとき、燃え盛る炎とは反対側の廊下から“何か”の気配を感じ、薄暗闇に目を凝らした。

 全身がひどく痛む。それに呼吸をするのがつらかった。おれは助かるだろうか……。尾見はゆっくりと目を開け、精一杯の力を込めて起き上がった。ぼやける視界に横たわる物体が映り、それが益岡だということに気付くのに、数秒かかった。喉から血を流している。生きているとは思えなかった。
 ――居坂は?
 悲鳴をあげる肉体を少しずつ動かして、尾見はあたりを見回した。数メートルも離れていないところで炎が暴れている。その熱に眼球の水分が奪われ、顔をそむけた。
 炎から離れないと……。
 尾見は這うように進んだ。カタツムリの歩みだった。火傷の痛みで意識が飛びそうになる。居坂……、どこだ……。一歩踏み出すだけで叫び出しそうなほど痛い。しかし叫ぶほどの体力もなかった。声帯が焼けつき、声も出せなくなっているんじゃないかという思いがよぎる。試しに発声してみようとしたが、死にそうな呼吸音がゼエゼエと聞こえるだけだった。
 そのとき、何者かの気配を感じ、尾見は顔をあげた。目の前に、居坂の姿があった。手足がちぎれ、上半身と下半身が分かれていた。
 それは熊ほどの大きさだった。そして闇夜のように黒い。
 それは犬だった。紛れもなく、犬だった。
 巨大な犬。熊ほどの巨体を持つ、黒き犬。
 犬は低く唸り、尾見を睨んでいた。
 尾見は力尽きて、その場に崩れた。もう諦めていた。自分はもう助からない。涙は出なかった。そんな力など残っていなかったからだ。
 巨犬が、尾見に飛びかかった。

つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2017/01/04(水)   CATEGORY: 雑記
あけましておめでとうございます。
明けてしまいました。新年が。
去年のうちにMUKUROを終わらせられると思っていたのに、途中から全然進められなくて残念無念です。
大晦日も元日もお仕事でした。というか三が日も全部仕事でした。2連休すらひと月以上味わってなくて、ずっと疲れてるなーしんどいなーと思っている身としましては、なかなかつらい状況でございます。なのでMUKUROに向かう気力も当然なく…。読書も大してできていないので積んでる本がまったく減りません。

今年は書くのにも読むのにももう少し時間を割ければいいな、と思っています。

兎にも角にも体力がないのが問題ではありますが…。
ちなみに、去年最後に観た映画は『ローグ・ワン』でした。惜しいところもあるけど充分に面白かった。キャラが立っていてよい。あとダース・ベイダーがシリーズ屈指のかっこよさで痺れました。少ししか登場ないけどね。邦画では『ミュージアム』とか結構よかった。
海外ドラマは『デアデビル』のシーズン1を観終わり、『ハンニバル』のシーズン2を今観ているところです。『デアデビル』はデアデビルになるまでの話を丁寧にやりきったのがいいですね。キャラも良い。敵のフィスクがちょっと憎めない感じなのも良い。パニッシャーも出るらしいシーズン2も楽しみです。『ハンニバル』は相変わらず映像表現が美しくてたまらない。ハンニバル・レクターの本性に気付いたウィルとハンニバルの関係性の変化が良いですね。シーズン2はサブタイトルが日本料理になっていて、それもあってか地味に日本的な要素が散りばめられているのも面白いです。

今年は観たもの読んだものを小説というカタチでアウトプットできたらいいなぁ、というのが目標です。
全然書けてないもんね。映画やドラマはまだ観れてるけど、小説やマンガはなかなか消化できていないのは、やっぱ読む方が能動的作業というか、こっちの集中力次第で進むペースが変わるからでしょうね~。体力つけなきゃなー。それも目標だなー。

なにはともあれ本年もどうぞ宜しくお願い致します。
今年こそはMUKUROを終わらせたいね!

[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2016/10/01(土)   CATEGORY: 雑記
20161001
なんとなーく小説のイメージが湧いてきて、新しいもの書いてみようかなぁ、とさっそくWordを立ち上げて書き始めてみたものの、最初の数行で心が折れそうに。。
書く前にちょっと過去に書いたものを部分的にだけど読み返してみたりなどしたら、oh,絶対に昔の方が文章のセンスがあったとしか思えない。単純な文章力というか、文章を整える能力でいえば、もしかしたら今の方があるかもしれないが(過去の作品で、細かいところは読んでいて直したくなる)、今では思いつかないだろう表現が過去の作品にはある衝撃。こういうの書けたらいいなぁ、となぜか過去の自分に羨望のまなざしを向けてしまう不可思議。当時は無意識におこなっていたはずなのに、今見たらちょっとした小ワザを使っているのに気付いたりして、それが今無意識どころが意識的にもやれそうにない気がするのとか絶望的です。

定期的に「昔の方が書けた」と思うのだけれど、今回ほどそれを痛感したことはないかも。

やべえ。俺もう新しい小説書けないかもしれねえ…。そんな危機感さえ覚えてしまう。
とりあえずMUKUROは最後まで書くつもりはあるが、新しい作品の新しい世界観を文章で構築する自信がないというか(これで伝わるだろうか?)。これも定期的に思うことではあるが、やっぱ書き続けることで自分の中の表現の幅というのは広がっていくものなのかなぁ。文章力というよりも、表現力が落ちている。

でも書きたい気持ちは依然として持ち続けているのだから始末が悪い。
どう考えても時間だよなぁ。もっと小説を書くことに対して向き合う時間がほしいなぁ。本当は腰を据えてゆっくり考えながら書きたいのに、現状では、書くならわずかな時間で頑張らなきゃならないのがつらい。

とはいえ昔はちょっとアイディア浮かんだだけでサクっと書けたよな、と思うとこれまたつらい。

でもでもマジで悔しいのでいい加減本気出して書きたいですね。全力投球みたいな感覚ってしばらく味わってないですね。
頑張らないとな。これも定期的に思ってることだけど、頑張らないとな。……というより、頑張りたいな。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 雑記
近況。
最近観た映画。
『シン・ゴジラ』
『ゴーストバスターズ』
『君の名は。』

どれも面白かったけど、個人的には『君の名は。』がダントツでよかったです。
入れ替わりに留まらないSF要素は特別新しいものではないけれど、こういうふうに組み合わせたのは面白かったし(※ネタバレになるため詳細は省いてます)、話のスケールがどれだけ大きくなってもには枠組みとしては少年少女の青春ストーリーの範疇で展開しているのもよかった。キャラクターデザインが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の田中将賀というのも合っていたと思う。そのあたりが余計に青春感を醸していたというか。
新海誠らしい映像的美しさと音楽との相乗効果がまたドラマティックで、多少の粗なら気にさせない力があった。(・・とはいえラーメン屋のオヤジ、ここに高校生ひとり置いて帰る?? 瀧くん、たった数年前のそういう出来事忘れる???とか思っちゃったけど。)

正直なところ、もっと長くていいから入れ替わりの日常部分を観たかったな~という気持ちがあります。
そういうのは先行作品がやってるだろうし、あえてそういう部分を省いたのかなって思うんだけど、もっと先輩との話とか観たかったわけで…(笑)

遠距離入れ替わりモノというのもあって、意外と主人公2人の絡みが多くはないので、あのエンディングの先が観たいよーーって思いも。

まぁ そんな感じで面白かったので小説版とスピンオフ小説を買おうと本屋へ足を運んだら売り切れてる… ネット書店にもな
い…

『君の名は。』おそるべし…

あと『ゴーストバスターズ』はホルツマンにやられた~。あのゴースト軍団と戦ってるときのホルツマン無双とかかっこよすぎた… はやく続編をくれ…
逆にシンゴジの方は続編難しい気がするけど、続編じゃないとしてもゴジラの新作は続けばいいな~って思います。ゴジラ映画というよりもゴジラ上陸シミュレーション映画って感じがしたので、今度はもっとゴジラが大暴れする映画にして欲しいですね~(シンゴジでは思ったよりゴジラが暴れなかったので。その分、一度にものすごい破壊してたけど)。

こうした面白いものの影響を受けて、小説書きたいなーと思っているのに書く時間がなくて残念です。
もっと必死に書く時間を捻出しない俺の問題なのか…? とはいえ体力なさすぎて帰宅後気付けば寝てるとかなのに睡眠削ったりするのはつらい…。短い時間で少しずつ書くより、おっきく時間とって一気に書きたい派なので…。。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2016/07/21(木)   CATEGORY: MUKURO・黙示録篇
MUKURO・黙示録篇-20 (魔の狂宴Ⅳ)
 誰かの叫び声を聞いたような気がした。
 目を覚ました村尾は耳を澄ませて、様子を窺った。さっき銃声がしなかっただろうか。室外(そと)の異変に気付いて、村尾は廊下に出た。暗がりの続く廊下を進んだ。誰もいない。夥しい数の鼠が階段を下っていくのを見た。村尾は鼠の群れに気付かれないように息をひそめる。小さき軍勢に襲われれば、自分の命などあっという間に喰い尽されてしまうと思った。
 数分も経つと鼠はすべて通り過ぎていき、一匹も見かけなくなっていた。たった数分のことだが、村尾には生きた心地がまったくしない、永遠とも思える時間だった。身動き一つとっていなかったというのに、全身が汗だくになっていた。しかも、通り去っていってもまだ鼠の幻影に怯えている自分がいることが情けない。
 背後に気配を感じた。村尾の右肩のほうからぬっと顔が現れ、村尾の顔とならぶ。黒毛の山羊の顔だった。悲鳴をあげて、床に転ぶ。村尾はそのまま這うようにして山羊頭から逃げようとした。山羊頭は、人間のように二足で立っており、その両腕の先も人間同様の五本指であった。身の丈は村尾の一回り以上も大きい。薄闇の中から、蛇が頭を現した。どうやら山羊頭の尾とつながっているようだった。――蛇の尾をもつ山羊頭の化け物。
 その姿はまるで悪魔バフォメット。
 バフォメットが村尾の頭をひょいと掴む。激痛だった。凄まじい握力で締め付けられ、村尾が苦しみ唸る。そのまま村尾の体が持ち上がった。バフォメットは力をゆるめる気配はない。
 血が流れてきた。どこからの血かわからない。目かもしれない、鼻かもしれない。とにかく顔に触れた自分の手が赤く染まっている。村尾は、思わず悲鳴をあげていた。
 痛みに苦しむなかで村尾は、バフォメットの尾の蛇が一匹ではなく、三匹いることに気付いた。三匹の蛇、九つの眼が、村尾の苦しむ様を眺める。
 ミシ、という音が耳に響いた。――と思った次の瞬間には村尾の頭は破裂していた。飛び散った脳漿と血が、村尾の無念とともに壁に張りついてその場に残った。

 ***

 高松、犬居、笹崎の三人は自分たちの部屋で女を嬲りものにしていた。
 <キャッスル>の前で拾った女だった。怖いめに遭ったのだろう、女のチュニックには血がついていたが、女に怪我の様子はない。誰か他人の血だとすれば、その者はすでに死んでいるということだった。そうでなければ、女がひとりで彷徨っているはずがないと三人は思った。
「もう大丈夫だよ」とそう言うだけでよかった。女は助けを求めていたし、怯えずに眠れる場所(ところ)を探していた。簡単に<キャッスル>の自分たちの部屋に連れ込むことができた。部屋まで来て、やっと女が、様子がおかしいことに気付いたときにはもう遅い。三人の男たちはけだものに変貌していた。女を押し倒し、手足の自由を奪った。静かに威圧し、抵抗したらただでは済まないことを伝えた。女はすぐにその身を男たちに委ねた。ただ一筋涙を流しただけだった。
 地味な女だった。眼鏡をかけており、雰囲気は文学少女といった風だ。それでも顔は整っている。まだ十代と思われる肌は瑞々しく、男の食欲を増進させた。
 高松が一番手だった。女の衣服を剥ぎ、屹立した自分のモノを女の秘所に挿し入れた。女の膣(なか)はキツく、処女ではないかと高松は思った。俺が最初の男か……。悪い気はしなかった。
 10分もすると高松が果てた。最初はキツいくらいだったのが、どんどんと良くなっていた。高松が完全に快楽の虜となったころには、限界だった。もっと抱いていたい。そう願いながらも、高松は射精した。終わりのころには、今まで抱いたどんな女よりも名器の持ち主だと感じていた。
「いきなりナカに出すなよ」
 不満そうに犬居が言った。「わりい」と高松が答える。「俺に代われ」
 高松を押しのけて犬居は女の前に立った。犬居のモノは、すでに固くそそり立っていて、準備はできている。「いくぞ」犬居が挿入しようとした。
「痛ッ――」
 犬居は叫び、痛みのもとを見た。自分の右ふくらはぎに鼠が一匹噛みついていた。
「なんで鼠なんかが入ってきてんだよ」
 声を荒げながら、犬居が鼠を鷲掴みしてふくらはぎから剥ぎ取った。「この野郎」。鼠は壁に叩きつけられたあと、小さく鳴いてどこかへ逃げていった。
 ひゅんっ――
 高松の頬の横を素早く何かが通り過ぎた気がした。手で頬を撫でるとぬるりとしたものがあった。血が出ている。驚いた高松は「おい」と犬居に声をかける。返事はない。
「おいって」
 目の前にいる犬居の姿がいつもと違っていた。どこかおかしい。その“違い”に高松は気が付いて息を呑んだ。犬居の、首から上が無くなっていた。
「さ、笹崎、犬居が… 犬居の、首が……」
 震えを必死に抑えながら、高松は笹崎に声をかけた。しかし反応がない。振り返って見てみると笹崎も首から上がなく、その体はだらりと横たわっていた。
「ヒッ」
 咄嗟に跳び退いた高松は何かにつまずいてその場に倒れた。
 高松がつまずいたのは、床に転がる犬居と笹崎の頭だった。
 高松の絶叫が響いた。

 ***

 己が身から湧いて出た蝿の群れはすでにすべて飛び去った。部屋に残ったのは、茫然と立つタヅカだけだ。顔を覆っていた包帯がずるりと落ちた。その下から現れたのはのっぺらぼう。目も鼻も口も見当たらない。何もないつるりとした青白い肌だけがあった。
 ゆらりゆらりとタヅカが歩み出し、ドアを抜けて廊下に出た。あたりを窺うように首を奇妙に左右に傾けた。
 しゅっ――風を切るような音とともにタヅカの姿が消え去った。


つづきを表示
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © みやび萬紅堂。. all rights reserved. ページの先頭へ